クロアシアホウドリと、トウゾクカモメが、洋上至近距離に接近!

十勝沖で海鳥海獣調査船に乗り込むことができた。普段見られない希少な海鳥や鯨類を、目線の高さで観察
撮影することができ、感激の瞬間の連続だった。

1-DSC_4717-001.jpg
まずは、トウゾクカモメ。ペアだろうか・・・上空を通過するだけだったが・・

1-DSC_5185-001.jpg
この日の主役の一つはやはりアホウドリ類。底引き網船に接近して、
漁のおこぼれをもらっているようだった。これはクロアシアホウドリ。

1-DSC_5186.jpg

1-DSC_4896-001.jpg
小笠原諸島や伊豆諸島でも繁殖が確認されているが、多くはハワイ諸島、マーシャル諸島、尖閣諸島などで繁殖し、
夏季アリューシャン列島ベーリング海へ渡り、その一部が北海道沿岸にも姿を現す。繁殖期以外のほとんどを洋上で過ごす。

1-DSC_4903.jpg

1-DSC_4847-001.jpg
調査に使ったのも漁船なので、なにか魚がこぼれてはいないか・・・恐る恐るではあるが、至近距離まで近付いてきた。

1-DSC_5054-001.jpg
不明瞭ながら、足環が確認できたものもあり、現在、山階鳥研に報告、個体識別中である。
恐らく小笠原方面から渡ってきた個体と思われるが、どこで生まれた個体かわかるだけでも、エキサイティングなことだ。



↓↓↓ここをポチっと
お願い申し上げます↓↓↓↓

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
Date: 2014.08.31 Category: トウゾクカモメ  Comments (0) 

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

プロフィール

markeeeagle

Author:markeeeagle
シマフクロウをはじめ、道内の猛禽や希少種を中心に気ままに撮って出し!ハクトウワシ、オオワシ、オジロワシ、オオタカ、クマタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、シマフクロウ、シロフクロウ、シロハヤブサ、エゾフクロウ、イヌワシ…猛禽に目がありません!

フリーエリア
にほんブログ村野鳥写真ランキングに参加しています。↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ジャパン・バード・フェスティバル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR