スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

13年12月~14年2月の超希少種!シロハヤブサ、コケワタガモ。

この季節に入ると一部を除き夏鳥の子育てもほぼ終了に近く・・・
森でも海岸でもさえずりはほとんど聞こえなくなります。いわゆる夏枯れ・・・
そこで、例年・・・ 冬から夏までに観察した超希少種の特集をお送りしています。
まずは、12月初旬に地元に現れた・・・ ユキホオジロから。当地ではほとんど記録がありませんでした。
1-1-DSC_0103-002.jpg
2羽しか写っていませんが、夏場は牧草地の大雪原に、3羽ベニヒワの群れと同じ時期にやってきてくれました。北極圏の希少種が地元で見れるとは・・・なんとも贅沢な3日間でした。
1-1-DSC_0101-001.jpg
同時期に、道南に8年ぶりに飛来していると耳に入っていたのですが・・・片道400km雪道の旅は・・・ 年末年始の強行軍でやっと会いに行けました。まだ幼鳥ですが、実に凛々しく美しい鳥でした。
1-shirohya4688-001.jpg
今冬はもっと白くなってきっと帰っておいで・・・ 中世ヨーロッパのの王侯貴族が狩猟用に飼っていたという気持ちもわかります。
1-1-1-DSC_0599-001.jpg

それから、思っても見ない出会いと言うのはこういうこと・・・スズガモとホオジロガモの大きな群れを見ていたら・・・現れたのがこちら!
1-1-DSC_0361_2014072820173933a.jpg

おおおおおーーー、ヒメハジロ!と感動していたのですが・・・よーく見ると、ホオジロガモとヒメハジロのハイブリッドでした。これは、さらに貴重な出会い! なんともない普通種も注意深く観察すると良いこともあります。こちらも、本道では数例しか観察されていない個体でした。
1-1-DSC_0388-001.jpg

1-1-DSC_0688-001.jpg
そして・・・・ オオトリは。 コケワタガモの♀です。 オスでしたら全国で話題になったカモ・・・ww でも、アメリカNY在住のバーダーもアイスランドの動物園でしか見たことがないそうで・・・こんな地味なカモでも、日本国内でただ一羽しか存在しなかったのは確かだと思います。
1-1-DSC_0658.jpg
この冬は、実に貴重な出会いがたくさんあるうれしい冬でした・・・ その時期には、春にも素晴らしい出会いが待っていることはまだ知らなかったのであった・・・

↓↓↓ここをポチっと
お願い申し上げます↓↓

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

Date: 2014.07.28 Category: コケワタガモ  Comments (0) 

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

プロフィール

markeeeagle

Author:markeeeagle
シマフクロウをはじめ、道内の猛禽や希少種を中心に気ままに撮って出し!ハクトウワシ、オオワシ、オジロワシ、オオタカ、クマタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、シマフクロウ、シロフクロウ、シロハヤブサ、エゾフクロウ、イヌワシ…猛禽に目がありません!

フリーエリア
にほんブログ村野鳥写真ランキングに参加しています。↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ジャパン・バード・フェスティバル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。