タンチョウの飛翔とエゾシカのトロフィー。


立派なツノを持った牡鹿だ。この角のことをハンティング・トロフィーと
呼ぶ。ハンターに取っては、彼らの首から上の剥製が戦利品なのだ。

それにしても成熟したオスの角は惚れ惚れするほど美しいね。

キタキツネなど相手にしないようだ。


タンチョウは白黒のコントラストが強く、特に白い部分が多いので
未熟な腕では、捉えるのが難しい。その飛翔となれば余計だ。

群れ飛ぶ姿は実に美しい。しかし・・・難しい。

やっと一羽フレームに収めたと思ったら・・・幼鳥であった。頭部が茶色で
何とも様にならない。頭頂部が[丹]赤いので丹頂なのだから。


オジロワシの反転急降下などは何とか撮れるようには
なってきたのだが・・・

これ!といったカットを撮るには、まだまだ修行が足りません。

↓↓↓ポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2013.03.09 Category: タンチョウ  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

markeeeagle

Author:markeeeagle
シマフクロウをはじめ、道内の猛禽や希少種を中心に気ままに撮って出し!ハクトウワシ、オオワシ、オジロワシ、オオタカ、クマタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、シマフクロウ、シロフクロウ、シロハヤブサ、エゾフクロウ、イヌワシ…猛禽に目がありません!

フリーエリア
にほんブログ村野鳥写真ランキングに参加しています。↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ジャパン・バード・フェスティバル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR