絶滅危惧種1日で7種!オオヒシクイ・マガン篇。

ハクガンを見に遠征した時の話に戻ります。
ハクガンはわずか90羽で、大半はヒシクイの群れです。

しかし、よく見るとマガンも混じっていました。
ハクガンに続き、マガンもヒシクイも絶滅危惧種です。

こちらがヒシクイです。嘴が黒く先のほうが黄色っぽく
先端がまた黒。


この写真だと大きさの違いがよくわかりますね。
上から順にヒシクイ・マガン・マガン・ヒシクイです。
マガンの嘴の元が白いが見えるでしょうか。

こちらがヒシクイです。


ピンボケですがこちらがマガンです。お腹の斑模様も見えますね。


ハクガンの群れの中にヒシクイやマガンがいても、お互い渡りの時期は
平気なようです。ガハガハガハとしか聞こえませんが、お互い雁類語が
通じているのでしょうかww

さて、ここまで絶滅危惧3部作、オジロワシに始まってタンチョウ、ハヤブサ
ハクガンに、マガンに、ヒシクイと6種しか出てこないじゃないか!
と、おっしゃるでしょう・・・その通りです!オオヒシクイが一緒に混じっている
と勝手に思い込んで7種としてしまいました。失敬・・・しかし、暗くなりすぎて
はっきりわかりませんでしたが・・・オオワシの若らしき影も。
いずれにしても7種目は・・・未確認です。失礼をば。

最後に、ヒシクイの飛ぶ夕景でお口直しをしてお許しください。



また次回。

  ↓↓↓↓ポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

>>>>>>>>>>>>>>>>追  記>>>>>>>>>>>>>>>>>>
http://portable.blog.ocn.ne.jp/t/typecast/36605/37215/15537559?page=2
千嶋さんのblogを見てやはり十勝川のヒシクイは亜種オオヒシクイだと判明。
以前旭川で見かけた亜種ヒシクイより明らかに大きかったし嘴も長かった。
ただ同じ道東でも釧路や網走方面は亜種ヒシクイだというから混乱する。
Date: 2012.11.02 Category: オオヒシクイ  Comments (3) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

matsu_chan3

Date2012.11.03 (土) 19:35:00

こんばんは
夕陽のヒシクイやハクガンも味がありますね!
この時はシジュウカラガンはいなかったですか・・

consadole5310

Date2012.11.04 (日) 00:59:00

師匠、残念ながらシジュウカラガンには会えませんでした・・・

ワインショップキムラ

Date2012.11.04 (日) 09:27:00

おはようございます。ヒシクイは茨城県の霞ケ浦で一度だけ観たことがあります。いまや貴重な存在ですね。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

markeeeagle

Author:markeeeagle
シマフクロウをはじめ、道内の猛禽や希少種を中心に気ままに撮って出し!ハクトウワシ、オオワシ、オジロワシ、オオタカ、クマタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、シマフクロウ、シロフクロウ、シロハヤブサ、エゾフクロウ、イヌワシ…猛禽に目がありません!

フリーエリア
にほんブログ村野鳥写真ランキングに参加しています。↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ジャパン・バード・フェスティバル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR