世界遺産・知床羅臼のマッコウクジラ。

海の日なんで、嗜好を変えてクジラやイルカなどの海洋性哺乳類と
希少な海鳥たちの特集を数回に渡ってお送りします。
第一夜は、出し惜しみせず、いきなりマッコウクジラ!!
その前に…羅臼港内に営巣しているオオセグロカモメ!!

大きくなってはいるものの灰色に黒い斑模様が愛らしいですね。

さて、出港してすぐにイシイルカやカマイルカの群れに出会って
楽しませてもらいましたが…その様子は第二夜にお送りするとして…
ロシア国境に近い海域に、マッコウが登場しているとの情報にそちらへ…
おおっと、ロシア側水域で近寄れませんが、でました!!!マッコウのブロウ!!

潮を吹いております!!  
それから、しばらくして、ついに潜行開始!!尾ビレを垂直に立てて…
でました、マッコウクジラのお得意のポーズです。んんんん~興奮っ!!


船内に「おおおおおおお~」という、どよめきが起きます。

その後は、船の周辺をウトウ、フルマカモメ、ハシボソミズナギドリ(夏羽)、
アカエリヒレアシシギ、ハイイロウミツバメなど、アリューシャン列島や、
北極圏などでしか見られないような海鳥たちを堪能…
それから数回、かなり遠くにマッコウのブローを見つけますが…
そして、スタッフが陸側にマッコウを発見するもすぐに潜行…
マッコウは一旦潜行すると、深海深くまで潜り40分程は水面に上がって来ません。
ここで、船長の海の男の勘が冴え渡ります…周辺をゆっくり流しながら、陸側の
マッコウに賭けたようです...



そして…数十分後…

目の前にマッコウのブロウ!!うぉおおおおおお!!さすがキャプテン長谷川!! 
どのあたりに浮上するかその距離や位置までピタリと!! 船はマッコウを刺激しないよう
ゆっくりと近づいていきます。背景には残雪をたたえた知床連山。
豪快な潮吹きです、恐らく5m位の高さまで上がっています。

しかし、マッコウが神経質になっているのか?すぐに潜行…

ここで、すかさずキャプテンのアナウンス「尾びれが斜めに入っているのでそんなに
深く遠くへは行きません…またすぐに上がってきますよ~」

背景に知床の漁村が見えるくらい近いのですが、ここでも水深は1000mくらいある
そうです。


そして数分後…           
出た~!しかも、今度は船の真後ろ6時の位置!


こんどは、背景が北方領土・国後島です!豪快にメドベージェフに向け
ブロウ!!&ブロウ!! この個体はオスで体長はおそらく15m・50トンくらいもあるそうです。
人と比較するとこんな感じ…いかにでかいか…

しばらく、その巨体を見せてくれましたが…お別れの時が来てしまった。

ロシア側に体を向けて…


わざわざ、尾鰭を見やすくしてくれたかのように…

おおおおおおお~っ!本当に感動ものです。


バイバ~イ  アデュ~ 美しき海の巨神よ~

また会いましょう...     近いうちにまた…

↓↓↓ポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村



Date: 2012.07.16 Category: マッコウクジラ  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

markeeeagle

Author:markeeeagle
シマフクロウをはじめ、道内の猛禽や希少種を中心に気ままに撮って出し!ハクトウワシ、オオワシ、オジロワシ、オオタカ、クマタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、シマフクロウ、シロフクロウ、シロハヤブサ、エゾフクロウ、イヌワシ…猛禽に目がありません!

フリーエリア
にほんブログ村野鳥写真ランキングに参加しています。↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ジャパン・バード・フェスティバル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR