Q.オシドリ夫婦というのは嘘? ○か?×か?

仲睦まじい夫婦のことを「オシドリ夫婦」というのは間違いだそうだ。
なぜならば、カモ類は毎年繁殖の相手を代えるのだそうだ。うらやましい。
しかし、タンチョウやハクチョウは生涯同じ相手と添い遂げるらしい。
そんな、「ハクチョウ夫婦」の鏡のようなカップルが昨秋からいる。
♂♀どちらが傷ついているのかは不明だが、片翼を怪我してしまい
もう二度と飛べなくなってしまったのだという。連れ合いを置いてシベリアには
帰らず2羽で1年以上この河畔で過ごしている。 まったく泣かせる話だ。
カモのように、自分の遺伝子をばら撒こうとせず、このハクチョウ夫婦のように
一生添い遂げたいものだ。なんてな。

たぶん立って居る方が怪我をしていると思う。右翼が垂れ下がっている。

こちらは自由奔放なオジロガモやマガモさんたち。EVERYBODY C’MO~N!てな
感じである。



mixiやられてる方はこちらへもどうぞ。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1301188533&owner_id=7903907

↓ポチッと押してさらにランキングを押し上げてください。めざせトップ10!
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


Date: 2009.10.05 Category: オオハクチョウ  Comments (1) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

consadole5310

Date2009.10.05 (月) 21:05:00

ここはいわゆる放水路なんですよね。運河のように人工的に掘った川。できた当時は開発は税金無駄遣いしやがってと思ったんですが… 渡り鳥と市民の憩いの場となるとは誰も想像してなかったですよね。 しかし流速が遅くて 川底はヘドロだらけ…しかも数万羽の野鳥の糞尿…微生物が分解してもおっつかない。河川環境としては最悪なんですよ。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

markeeeagle

Author:markeeeagle
シマフクロウをはじめ、道内の猛禽や希少種を中心に気ままに撮って出し!ハクトウワシ、オオワシ、オジロワシ、オオタカ、クマタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、シマフクロウ、シロフクロウ、シロハヤブサ、エゾフクロウ、イヌワシ…猛禽に目がありません!

フリーエリア
にほんブログ村野鳥写真ランキングに参加しています。↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ジャパン・バード・フェスティバル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR