宮島沼最後のマガン、そしてハヤブサ。

マガンの逗留地では最大の宮島沼。
数週間前なら3万はいたマガンがいまでは最後の100羽余り。

最後の100羽、ワンチャンスでの出会いだった。なんとか撮ったが...


春に6万羽のネグラ入りを堪能した時期に、
ハヤブサの巣立ち間もない幼鳥にに出合っていた。
マガンがまだ田んぼにいないかと探していると...
いきなり彼に再会したのだった...

こちらの視線に気が付くと、すぐに行ってしまった。
飛んだ先を目で追うと、田んぼの畦に止まっていた。


もうすっかり精悍な成鳥と変わりないが...脇腹の羽毛が
まだ褐色味を帯びているので春の幼鳥と同じ個体と判断した。
春で出合ったときの彼の勇姿がこれだ。

ボーっとあの時を思い出していたら...また飛んで行ってしまった。

来春、また会おう!それまで元気でいろよ!Adieu!
猛禽類が初めての冬を越せる確率は1/2だという。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


Date: 2011.11.05 Category: マガン  Comments (2) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

matsu_chan3

Date2011.11.06 (日) 05:01:00

ナイスショット!宮島沼から飛び出す最後のマガンたちを見送り
さようなら 行ってらっしゃーいと叫びたくなりますね!
ハヤブサは縦縞が少し残っているので若なのでしょう\(^o^)/

consadole5310

Date2011.11.06 (日) 10:55:00

●matsu_chan3師匠
決して褒められた画じゃないですが… ハヤブサの若はあそこに居ついているみたいです。渡り鳥だけでなくけっこう小鳥の留鳥もいるので獲物にはことかかないのかも知れません。ただ真冬にはどうして過ごすのか…心配です。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

markeeeagle

Author:markeeeagle
シマフクロウをはじめ、道内の猛禽や希少種を中心に気ままに撮って出し!ハクトウワシ、オオワシ、オジロワシ、オオタカ、クマタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、シマフクロウ、シロフクロウ、シロハヤブサ、エゾフクロウ、イヌワシ…猛禽に目がありません!

フリーエリア
にほんブログ村野鳥写真ランキングに参加しています。↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ジャパン・バード・フェスティバル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR