三角屋根に鳥のいる風景。

北海道は南部東部を除けば豪雪地帯ですので、瓦屋根というものがなく
急勾配の三角のトタン屋根が多いです。今でこそ無落雪ヒータが普及した
のでフラットな屋根が主流になりましたが...。
ピラミッド状の温室の屋根にカラスが1羽。てっぺんが好きなんでしょうな。

赤レンガの元の国鉄の車庫。今は改築されホールになりました。

造り酒屋の軒先に、新酒を搾り始めたというサインの杉玉。別名「酒林」
時が経つにつれ青々としていた酒林も次第に枯れ、お酒の熟成度合いがわかります。

山間の小学校の廃校跡が、今は建築事務所として使われています。
薄緑色の漆喰壁の色がきれいです。

中々、三角屋根に野鳥が留まる風景は撮れません。
こちらは、小清水町にあるパワースポット。ピラミッド状の建築物の上空に
数百のトビのタカ柱出現。

どんなパワーがあるのだろう。これが全てワシだったらな。

いつも登場するオジロのペアも三角形の天辺がお好きです。

いよいよ夜も更けて、個人のお宅でもど派手なXmasのイルミ・ライト・アップ!

ちょっとここでひと休み。誰かに見つめられてると思ったら...
メイサちゃんでした。「三角屋根にリフォームはDAIWA HOUSE!」


↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

Date: 2010.12.06 Category: トビ  Comments (3) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

matsu_chan3

Date2010.12.06 (月) 20:07:00

すごいトビ柱ですね・・
この頃見ていないけどどうしてこんなに集まるのだろうか。
定位置のオジロワシにも出遭えてよかったですね。

-

Date2010.12.07 (火) 00:27:00

このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

Date2010.12.07 (火) 14:24:00

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

markeeeagle

Author:markeeeagle
シマフクロウをはじめ、道内の猛禽や希少種を中心に気ままに撮って出し!ハクトウワシ、オオワシ、オジロワシ、オオタカ、クマタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、シマフクロウ、シロフクロウ、シロハヤブサ、エゾフクロウ、イヌワシ…猛禽に目がありません!

フリーエリア
にほんブログ村野鳥写真ランキングに参加しています。↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ジャパン・バード・フェスティバル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR