雪割りとWBC

冬の間に駐車場に積もった雪は 踏み固められ堅い堅い氷になっていたが このところの雨と暖気で 徐々に溶けて排水口のあたりでダムのようにせき止められていた。

この氷のロックフィルダムに鶴嘴で穴を空け 排水口まで流水溝を付けるのが今日の私のミッションである。

中々チカラの入れ具合が難しく 弱いと氷に弾かれるし 強すぎるとアスファルトに傷をつけてしまうのだ。

たしかこの辺りが排水溝の入り口だなと適当に目検討で掘り進む。



ここら辺りが排水口の真上じゃないかな?なんて思って思い切り鶴嘴を振るうと「カキーンっ!」

8回表ノーアウト一塁に青木をおいての稲葉のタイムリーのような快音と共に ドンピシャ!排水口の金物に鶴嘴がヒット!
氷にせき止められていた雪解け水がサラサラと音を立て一気に!まるで春の小川のせせらぎのように排水口に吸い込まれてく。



雪解けの清々しさを感じる雪国ならではの風物詩「雪割り」。

チューリップの芽が雪をかき分け伸びはじめるのもそう遠くないだろう。

写真下は コロラドモミ・コンカラーの下に溜まったヒマワリの種の殻。



シジュウカラなど殻類は餌台からこの木の枝に留まって ヒマワリの種を割って中身だけ食べるのだ。

その様相はメジャーリーグのダグアウトの足元のようだ。
(わかるかな?)

Date: 2009.03.20 Category: ナチュラルガーデン  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

markeeeagle

Author:markeeeagle
シマフクロウをはじめ、道内の猛禽や希少種を中心に気ままに撮って出し!ハクトウワシ、オオワシ、オジロワシ、オオタカ、クマタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、シマフクロウ、シロフクロウ、シロハヤブサ、エゾフクロウ、イヌワシ…猛禽に目がありません!

フリーエリア
にほんブログ村野鳥写真ランキングに参加しています。↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ジャパン・バード・フェスティバル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR