スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

サーモン・フィッシングinオホーツク。

北海道を代表する魚と言えば、シャケを思い出す方も多いだろう。
今日は、この魚が釣りのターゲットであることを紹介させていただきます。
昨夕は、北見枝幸のとある港に入り、夕まづめを狙ったが…1ヒット1バラシに
終わった。 昨晩は紋別泊で今朝早朝に賭けた。
ここは、流氷砕氷船ガリンコ号が発着する埠頭に近い河口海岸。
 
まだ夜も明けきらぬ4時だというのに、河口の導流堤には10人足らずの太公望が
既に竿を振り始めていた。ターゲットは通称・鮭、学名はシロザケ。道内ではこの時期
数千キロ旅をして母川に還ってくる彼らに敬意を表して【アキアジ】と呼ぶ。

日が昇る前から堤の先端付近の釣人が、アキアジを釣り上げている。
何十回いや百回近く竿を振っただろうか…この釣りは独特でルアー・フィッシングで
有りながら、ウキとサンマなどの餌を使うタックルなのだ。
周りにいる釣人のほとんど全員が、釣り上げるかバラシているのに...
自分にはアタリすらない。ルアーをチェンジしたりウキ下/タナを調整したり
サンマ餌をエビやソウダガツオに変えてみたが、さっぱりだ。
心の中で何度も何度も念じる。「鮭来い、鮭来い、鮭来い...釣りの神様、海の神様...」

そして、ついに、彼はやってきた!フィッシュ・オン!!!!
およそ2年ぶりの竿の感触だ。釣りというよりは、中型犬に引っ張られるほどの
パワーだ。ボヤボヤしてると海に竿もろとも引きずりこまれる。
目の前のテトラポッドを掻い潜りながら、何度もリールから糸を出される。
そして、隣に居合わせた親切な釣人がタモ網にネットイン!中々元気な
婚姻色が入り始め、鼻が曲がったオスだ。



それから、数十分後に続けて2、3度あたりがあるも、のらないかバラシ。
そして、待ちに待った2尾目は、プロポーションのいい、銀毛のメスだった。

戻ってきたばかりなのに、こんなおっさんに釣られて可愛そうだが...
鱗がパラパラ剥がれ落ちるほどフレッシュでグッドコンディション!
お腹にはたくさんのイクラが...



ちょうどオスメス両方釣れ、しかもそれぞれの特徴が良く出ている
個体なので比較すると、上が♀。鼻先から眼の間隔が短く、顔も女性らしく
優しげ、オスと比較すると、胸ビレやサケ科の特徴である脂ビレガ小さい。
次に♂だが、上あごから鼻先が曲がり牙が突き出た獰猛そうな顔つき、
尾ビレを比較すると、オスは切れ込みが鋭角でV字型。メスは半月のように
丸みを帯びたカーブだ。 わずか4時間ほどではあったが、実に凝縮されて
充実した時間だった。 隣人にお礼をいい、釣り場を離れた。

普通の方ならここで終わりだが...私にはもうひとつの目的が。
そう、バードウォッチ。 近くにある大河の河口にオジロワシや海鳥を探す。
残念ながら猛禽は見つからなかったが、ウミウやカモメ類が、河口の先端に
集結していた。


これがすべて【チシマウガラス】だったらな~。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村







Date: 2010.10.10 Category: アキアジ  Comments (7) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

yoda-1

Date2010.10.12 (火) 12:31:00

おじゃまします。
最近ブログを始めたYODAです。よろしくお願いします。
markeeさんも、多趣味ですね。
この大きさの釣りの感触、何か想像できそうで、楽しいです。

consadole5310

Date2010.10.12 (火) 14:48:00

釣り道楽ということばがあるだけに釣りは究極の道楽のひとつだと思います。特にこのサケ釣りは期間限定で 回遊魚なので昨日釣れても今日は釣れないなんてことが よくあり 魚がいる所探して歩くハンティング/狩猟に近い感覚です。
野鳥や昆虫観察にも似て博物学的な知識や 経験値だけでなく時にカンやヒラメキが必要になってきます。

matsu_chan3

Date2010.10.12 (火) 19:22:00

こんばんは
おめでとう! でかい! 大物ですね!
鮭は一度も釣ったことがありませんが最高の引きでしょうね(^_-)-☆

consadole5310

Date2010.10.13 (水) 11:42:00

> matsu_chan師匠

アキアジとしては小振りですね。しかし帰ってきたばかりの群れだったらしく…油断していたので竿を持って行かれそうになりました。久々の感触に感激でした。鳥見ももっとゆっくりしたかったのですが…。

tonakaidayori

Date2010.10.13 (水) 18:52:00

大物しかも♂♀・・・・・・やはり釣りは止められないですね~!いくらの赤色が印象に残ります。
おめでとう。この前、釣り道具1式を息子にあげました。
今稚内にいて、アキアジを釣りたいということで、釣りざお2本と、浮き釣り1式、それにルア~1式・・・買った時はけっこうしましたが!そのうち大きいのを釣りあげて送ってくれるかも???

-

Date2010.10.13 (水) 18:55:00

このコメントは管理人のみ閲覧できます

consadole5310

Date2010.10.14 (木) 09:57:00

>先生
お父さん譲りの探究心の強さで 息子さんからきっと大物アキアジがクール便で届くでしょう。ホントに釣りってのは究極の道楽だと思います。でもサケの二本も釣ればガソリン代の元は取れますね。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

markeeeagle

Author:markeeeagle
シマフクロウをはじめ、道内の猛禽や希少種を中心に気ままに撮って出し!ハクトウワシ、オオワシ、オジロワシ、オオタカ、クマタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、シマフクロウ、シロフクロウ、シロハヤブサ、エゾフクロウ、イヌワシ…猛禽に目がありません!

フリーエリア
にほんブログ村野鳥写真ランキングに参加しています。↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ジャパン・バード・フェスティバル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。