スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

海岸から100km以上内陸にユリカモメ。

大雪山の麓に広がる盆地の石狩川水系にユリカモメを発見!
海からは少なくとも100kmは内陸のこの地に!
昨夜から強風が吹き荒れていたので、遙かオホーツクから
吹き飛ばされて、群れから逸れてしまったのか。一昨日日本海を
見て歩いていたときに、ユリカモメなどいなかったので、
恐らくオホーツクから来たのだろう。


ズグロカモメならもっと凄いが、クチバシが黄色で長いので違う。


こちらは今年のGWにオホーツクサロマ湖畔の夏羽のガングロくん。
夏はこんな愉快な顔になるユリカモメ。東京湾にも冬になればたくさん見られるが
夏羽のガングロは中々見られないようだ。

その昔、京ではこの鳥のことを「都鳥」と呼んだそうだ。

この夏をここで過ごし、たくさん繁殖したマガモと翼を怪我して
帰れなかったオオハクチョウ。

そして、左の翼が大きく変形しているコハクチョウも元気だ。

翼の折れたプリマドンナは秋風に何を思うのだろう。


↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


Date: 2010.09.22 Category: ユリカモメ  Comments (2) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

matsu_chan3

Date2010.09.23 (木) 17:16:00

ユリカモメが旭川へやって来た?
そりゃすごいですね・・オホーツクから風に飛ばされて
来ることもあるのですか・・!いやぁ~驚いた!

consadole5310

Date2010.09.23 (木) 21:43:00

凄いでしょ!最初、白いのが飛んでるんで、ハイイロチュウヒかなんかと思って、追いかけたら彼だったんです。随分前にも強風の翌日に
セイタカシギが来たんで、もしやと思い行ってみたんです。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

markeeeagle

Author:markeeeagle
シマフクロウをはじめ、道内の猛禽や希少種を中心に気ままに撮って出し!ハクトウワシ、オオワシ、オジロワシ、オオタカ、クマタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、シマフクロウ、シロフクロウ、シロハヤブサ、エゾフクロウ、イヌワシ…猛禽に目がありません!

フリーエリア
にほんブログ村野鳥写真ランキングに参加しています。↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ジャパン・バード・フェスティバル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。