冬鳥と夏鳥の交差点。マヒワ、ベニヒワ、イスカ、アオジなど…。

今年の旭川周辺は、ナナカマドなど街路樹の木の実の成りが悪いせいか
冬鳥も少なく、キレンジャクなど幻の鳥になりそうだ。
そこで、昨年1月~4月頃に出会った、冬鳥を中心に未公開カットを。

まずは、夏場は近郊の山間部で過ごす留鳥、シマエナガ。愛らしい。

今年は、12月に会ったっきり。

それから、アトリやシメ、そして3月に会ったベニヒワやマヒワ(留鳥だが
夏場は標高800m以上の森林で過ごす)など。
ベニヒワのマゼンタやマヒワのイエローが鮮やかだ。


4月末だというのに冬場は平地で過ごすイスカ(留鳥)が。
夏鳥のアオジがもう鳴き始めたというのに。
ベニヒワやマヒワと、ニュウナイスズメとアオジが同じフィールドに。
ここは、夏鳥と冬鳥が行き交う交差点なのかも。

一面グレー世界に、マツの緑とイスカの朱のコントラスト。
鳥の世界ではメスは実に地味~な配色である。


電線で、春が来たよと声高らかに、アオジ。春とは言え旭川は雪が
降ることもある寒さだ。


↓ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2010.02.23 Category: ベニヒワ  Comments (2) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

ジントニック

Date2010.02.24 (水) 09:46:00

 昨年はマヒワを初見しました。結構来てたのに、写真は小さな後ろ姿しか撮れなくて、今年こそは、と張り切っていたんですが。 consadoleさんは正面ばっちりでいいですねー。
 アトリは見たことないんですよ。来てたんですね。
 イスカ(メス)のアップは迫力ありますね。嘴が「ごっつい丈夫系」な鳥さんたちは特に、恐竜みたいで、生きる化石って感じがして好きです。シマエナやキクイタみたいな嘴ちっちゃい系も好きだけど。
 今年の冬鳥は残念な結果で終わりそうです。(週末は羅臼で欲求不満解消してくる予定です。)

consadole5310

Date2010.02.24 (水) 12:32:00

>ジントニさん
マヒワやエナガは旭山展望台で昨年3月~4月に撮ったもの。イスカやベニヒワは4月~5月始めに永山新川の河畔林で撮ったものなんで まだまだチャンスありますよ。

俺も羅臼行きたいんだけど…中々週末遠征の予定が
組めなくて。ワシをたくさん撮ってきて下さい。ジントニさんの写真も見てみたいっす。コンタクト取るにはどうしたらいいかな…。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

markeeeagle

Author:markeeeagle
シマフクロウをはじめ、道内の猛禽や希少種を中心に気ままに撮って出し!ハクトウワシ、オオワシ、オジロワシ、オオタカ、クマタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、シマフクロウ、シロフクロウ、シロハヤブサ、エゾフクロウ、イヌワシ…猛禽に目がありません!

フリーエリア
にほんブログ村野鳥写真ランキングに参加しています。↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ジャパン・バード・フェスティバル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR