我が庭で営巣したキビタキの痕跡。

今年の5月末に、庭のモミの木にかけた巣箱(シジュウカラ用)にキビタキが営巣し始めたのは、ご報告したが・・・ 本日、巣箱を取り外し内部を確認した。産座があり、卵殻が散在しているところから、間違いなく抱卵していたと思われる。しかし、6月中旬に巣箱が何者かに突かれ、部分的に破壊され・・・それきりメスの出入り姿が見えなくなった。それでも、オスが朝な夕なに近くの木立で囀っているので、この仮住まいを捨てて、近くに良い住まいを見つけたのだろうと推測していた。その後、7月中旬には2階の窓から、数回キビタキの幼鳥を見かけたので・・・良かったと安堵していた。きっと、幼鳥が挨拶に来てくれたのだと・・・ 自宅の2階から見えるコロラドモミの巣箱で営巣するとは、なんと素敵なことだろう。来年は開口部の広い、キビタキ用の巣箱をかけよう!きっとあの番いは帰ってきて子育てしてくれるだろう。
1-DSC_0194-001.jpg
カラスかキツツキ類に無残にも破壊された巣箱の屋根。
1-DSC_0207.jpg

1-DSC_0199-001_20141125002940e2f.jpg
産座の様子。やはりこの巣箱で抱卵していたのだ!
1-DSC_0198_201411250029399b7.jpg
巣材の中に、卵の殻が散在していた。
1-DSC_0202-001.jpg
卵殻。表側は少し褐色がかっている。

kibi_eiso05.jpg
5/30 18:56分メスが巣箱に入り、オスが外で見守る。

kibi_eiso06.jpg
翌5月31日09:22 メスが産座に座っているのか? 目だけが見える。

kibi_eiso07.jpg
同、9:55分巣材運びを始める。

kibi_eiso08.jpg
巣材を運んでは敷き詰めていた。

kibi_eiso09.jpg
6月5日、までは間違いなく抱卵していた・・・その後、キツツキかカラスに巣箱を突かれ・・・営巣放棄したものと推測される。・・・・来春はもっと丈夫な、開口部の大きい巣箱を用意して、彼らが帰ってくるのを待とう・・・・

↓↓↓ここをポチっと
お願い申し上げます↓↓↓

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
Date: 2014.11.25 Category: キビタキ  Comments (2) 

この記事へのコメント:

鳥見子

Date2014.12.13 (土) 09:32:59

素晴らしい環境にお住みで羨ましい。また来てくれたらいいですね。
でも、ちょっと気になったので…。
あのーお、開口部を広くするよりも、狭くしたほうが良いかと存じますが如何でしょう?。やっとキビタキが入れるギリギリのほうが…。野鳥の巣箱はそうしたほうが使う傾向が強いと存じます。
また、巣箱は入りずらく(止まり木など無し)のほうが、自分も入りづらいですが、他の野鳥も入りづらくなるので。
我が家のコムクドリの巣は、今年、テンにやられました。来年は巣穴をテンに齧られても大丈夫なように、鉄板を打ち付けるなりして、補強しようと思っています。
手前味噌ですが、わたしが書いた巣箱設置方法です。
http://miyanooka1.sakura.ne.jp/eei.html
生意気申し上げてすみません。

良い鳥見ができますように‥。寒くなりましたので、お風邪も召しませんように‥。

markeeeagle

Date2014.12.14 (日) 00:13:58

鳥見子師匠、ありがとうございます!参考にさせていただきます。

管理人のみ通知 :

プロフィール

markeeeagle

Author:markeeeagle
シマフクロウをはじめ、道内の猛禽や希少種を中心に気ままに撮って出し!ハクトウワシ、オオワシ、オジロワシ、オオタカ、クマタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、シマフクロウ、シロフクロウ、シロハヤブサ、エゾフクロウ、イヌワシ…猛禽に目がありません!

フリーエリア
にほんブログ村野鳥写真ランキングに参加しています。↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ジャパン・バード・フェスティバル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR