オオワシの生る樹2014。

今年も、ワシがたわわに実る光景が観察できた。
1-DSC_4267-001.jpg

1-DSC_4260.jpg

1-DSC_4251-001.jpg

1-DSC_4360.jpg

1-DSC_4315-001.jpg

1-DSC_4385-001.jpg

1-DSC_4438.jpg

1-1-DSC_4578-001.jpg

1-DSC_4574.jpg
オオワシはやっぱり、イイイイイイイネっ!精悍な佇まいで・・・ 彼らを冬季見られるのは、北海道を含む極東地域だけなんです。この景色をいつまでも・・・いつまでも・・・

↓↓↓ここをポチっと
お願い申し上げます↓↓↓↓

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
Date: 2014.11.30 Category: オオワシ  Comments (0) 

我が庭で営巣したキビタキの痕跡。

今年の5月末に、庭のモミの木にかけた巣箱(シジュウカラ用)にキビタキが営巣し始めたのは、ご報告したが・・・ 本日、巣箱を取り外し内部を確認した。産座があり、卵殻が散在しているところから、間違いなく抱卵していたと思われる。しかし、6月中旬に巣箱が何者かに突かれ、部分的に破壊され・・・それきりメスの出入り姿が見えなくなった。それでも、オスが朝な夕なに近くの木立で囀っているので、この仮住まいを捨てて、近くに良い住まいを見つけたのだろうと推測していた。その後、7月中旬には2階の窓から、数回キビタキの幼鳥を見かけたので・・・良かったと安堵していた。きっと、幼鳥が挨拶に来てくれたのだと・・・ 自宅の2階から見えるコロラドモミの巣箱で営巣するとは、なんと素敵なことだろう。来年は開口部の広い、キビタキ用の巣箱をかけよう!きっとあの番いは帰ってきて子育てしてくれるだろう。
1-DSC_0194-001.jpg
カラスかキツツキ類に無残にも破壊された巣箱の屋根。
1-DSC_0207.jpg

1-DSC_0199-001_20141125002940e2f.jpg
産座の様子。やはりこの巣箱で抱卵していたのだ!
1-DSC_0198_201411250029399b7.jpg
巣材の中に、卵の殻が散在していた。
1-DSC_0202-001.jpg
卵殻。表側は少し褐色がかっている。

kibi_eiso05.jpg
5/30 18:56分メスが巣箱に入り、オスが外で見守る。

kibi_eiso06.jpg
翌5月31日09:22 メスが産座に座っているのか? 目だけが見える。

kibi_eiso07.jpg
同、9:55分巣材運びを始める。

kibi_eiso08.jpg
巣材を運んでは敷き詰めていた。

kibi_eiso09.jpg
6月5日、までは間違いなく抱卵していた・・・その後、キツツキかカラスに巣箱を突かれ・・・営巣放棄したものと推測される。・・・・来春はもっと丈夫な、開口部の大きい巣箱を用意して、彼らが帰ってくるのを待とう・・・・

↓↓↓ここをポチっと
お願い申し上げます↓↓↓

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
Date: 2014.11.25 Category: キビタキ  Comments (2) 

エゾフクロウ2ショット!

何か予感がした・・・今日は会えるんじゃないかと・・・・
1-DSC_2100-001.jpg
ひえ~~っ!やっぱり二つ並んでる!スゴイ・・・俺ってモッテる?
1-1-DSC_2099-002.jpg
こんなショットを前から撮りたかったんだ・・・・
1-DSC_2040-001.jpg
これで、牡丹雪でも落ちてきたらサイコーなんだけどね・・・
1-DSC_2049-001.jpg
2羽並んでたのは、私が着いてから十数分・・・・あっという間にオスがウロの中に引っ込んじゃった・・・・ありゃ~
1-DSC_2075.jpg

1-DSC_2037.jpg
今度は、ゆっくりと仲睦まじい所見せてくれよ・・・ 
1-DSC_2152-001.jpg
じゃんけん、Goooooo! Byebye!

↓↓↓ここをポチっと
お願い申し上げます↓↓↓↓

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
Date: 2014.11.21 Category: エゾフクロウ  Comments (0) 

エゾフクロウのいる雪景色。

1-DSC_0896-001.jpg
大雪の朝・・・・彼らに会えるかなと、勇んで車を走らせる・・・ やっぱり!
1-1-DSC_0832-001.jpg
まるで、雪だるまw
1-DSC_1217-001.jpg
翌日は、番いで鎮座ましましておりました。ラッキー!
1-DSC_1293.jpg
この日は、終始キョロキョロと円らな瞳を開けてくれていた。
1-DSC_1317.jpg

1-DSC_1321-001.jpg
おねむの所を申し訳ないと・・・・早々に退散しました。
1-DSC_1362.jpg

↓↓↓ここをポチっと
お願い申し上げます↓↓↓↓

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
Date: 2014.11.19 Category: エゾフクロウ  Comments (0) 

ミツユビカモメとユリカモメ。

海岸では釣り人がサケを狙っています・・・でも釣れてないようです。
今年は沖の定置にもブリやシイラが入っていて、サケマスは絶不調のようです。

1-DSC_8460-001.jpg
カモメ類は判別が難しいのが多いし、ふだん近場では見れないので、
無視することも多いのですが・・・撮影してない種はまた別ですw

1-DSC_8478.jpg
ミツユビカモメは見かけるものの、まともに撮影したことはなかったので・・・ 
なかなか愛苦しい顔ですね。

1-DSC_8469.jpg
肝心な下半身写ってないですけどww

1-DSC_8798.jpg
それから、夏羽ではガングロなユリカモメもたくさんおりました。
1-DSC_8688.jpg
おおおっと、しきりに飛び込んで何かを獲っています。 
チカのような小魚、お見事ゲット!

1-DSC_8666-001.jpg
落としたかなww
1-DSC_8696-001.jpg
この日はオホーツク海側で10月なのに、25度を越える夏日の記録が
更新された日・・・ どおりでヒートテックが暑いとww うららかな秋の佳き日でした。

1-DSC_8712-001.jpg

↓↓↓ここをポチっと
お願い申し上げます↓↓↓↓

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
Date: 2014.11.12 Category: ミツユビカモメ  Comments (0) 

オオモズとの一期一会。

思わぬ場所で、思いもしない、ライファーと出会うこともあるものです。
今回の道東遠征では・・・・ 灰色の大きなモズとの一期一会がありました。

1-DSC_6057-001.jpg
そう、渡りの時期だけに、ごく稀に会える旅鳥・・・・オオモズです。
1-DSC_6033.jpg
あっという間に視界から消えてしまったので・・・・こんな写真しかありませんが・・・
1-DSC_6017-001.jpg
若いエゾシカは興味津々・・・・ オオモズにもこのくらいゆっくり撮らせて欲しかったです。
1-DSC_8311.jpg
貧相なツノですね。
1-DSC_8357-001.jpg

1-DSC_8343-001.jpg
タンチョウの一家にも・・・ 道端で普通に会えるところが・・・・ 道東の自然のスケールの大きさです。
1-DSC_6081.jpg


↓↓↓ここをポチっと
お願い申し上げます↓↓↓↓

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

Date: 2014.11.08 Category: オオモズ  Comments (1) 

ハクガン到着!ヒメシジュウカラガンも!

今年も、道東にガンたちが帰ってきました。ヒシクイやマガンに加え、近年は人工繁殖の効果もあって、東北へ帰る途中にハクガンや、シジュウカラガンも多数飛来するようになりました。
1-DSC_6399.jpg
ハクガンの群れ・・・私がカウントした際は80羽前後。
1-DSC_6386-001.jpg
シジュウカラガンも100羽を越える群れでした。
1-DSC_6259-001.jpg

1-DSC_6250.jpg

1-1-DSC_6456.jpg
ハクガンの飛翔のキレイなことといったら・・・ その群れの中に一際小さなシジュウカラガンが1羽、偶然写っていました。あとで、専門家にお聞きすると・・・ヒメシジュウカラガンだとわかりました。【Cackling Canada Goose】
1-DSC_6414.jpg

1-DSC_6590-001.jpg
地上に降りたハクガンの中にもこの個体が写っていました。後のマガンやハクガンと比較しても小柄なのが確認できます。
1-DSC_6584.jpg
もう一度、行って宝探しがしたい・・・・でも往復600kmはきついなw

↓↓↓ここをポチっと
お願い申し上げます↓↓↓↓

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
Date: 2014.11.05 Category: ヒメシジュウカラガン  Comments (0) 

ジャパン・バード・フェスに行ってきました。

千葉県我孫子市で行われた、ジャパン・バード・フェスティバル2014へ行ってきました。
1-DSC_9294.jpg
山階鳥類研究所のある、手賀沼湖畔で行われる、国内では唯一にして最大のバーダーの祭典です。
1-DSC_9257.jpg
各光学機器メーカーや、各地のNPOやバード・ウォッチングの拠点、野鳥ツアー主催者など100以上のブースが並ぶ、バーダーにとってのメッカのようなお祭りなのです。
1-DSC_9288.jpg

ステージでは、鳥くん&Pipitsのライブや、鳥声イントロクイズなど楽しいアトラクションも・・・
1-DSC_9253-001.jpg

先日お知らせしたとおり、拙作が「全日本鳥フォトコンテスト」で2年連続入賞したので・・・・自分へのご褒美という意味も含め、北海道から参加しました。
1-DSC_9176.jpg
受賞作の総評講演会では、審査員の著名な写真家から「グランプリ受賞作より、技術レベルは高い」とか「完璧な写真、自分がもしこれを撮ったら小躍りするだろう」・・・・など、身に余るお言葉を頂きました。
1-DSC_9281.jpg

せっかく来たのだから、手賀沼の鳥たちもと・・・・ 篭脱けの子孫ですが、外来種のコブハクチョウや我孫子市の鳥オオバンなど。
1-DSC_9244.jpg

1-DSC_9208.jpg
オオバンと、カワウと、カッパの3ショットも!
1-DSC_9221.jpg
ドバトの後に・・・上の3ショットも・・・奇跡の4種同時ショット?!ww 俺が何か?と、首を傾げていますw
1-DSC_9237.jpg
WEB上などでの友人や、いつもお世話になっている関係者にお会いでき、大変楽しく有意義な祭典でした。限られた時間でした、ご挨拶できなかった方々も・・・・みなさん、ありがとうございました。

↓↓↓ここをポチっと
お願い申し上げます↓↓↓↓

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村



Date: 2014.11.04 Category: コブハクチョウ  Comments (0) 
プロフィール

markeeeagle

Author:markeeeagle
シマフクロウをはじめ、道内の猛禽や希少種を中心に気ままに撮って出し!ハクトウワシ、オオワシ、オジロワシ、オオタカ、クマタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、シマフクロウ、シロフクロウ、シロハヤブサ、エゾフクロウ、イヌワシ…猛禽に目がありません!

フリーエリア
にほんブログ村野鳥写真ランキングに参加しています。↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ジャパン・バード・フェスティバル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR