スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

クロアシアホウドリと、トウゾクカモメが、洋上至近距離に接近!

十勝沖で海鳥海獣調査船に乗り込むことができた。普段見られない希少な海鳥や鯨類を、目線の高さで観察
撮影することができ、感激の瞬間の連続だった。

1-DSC_4717-001.jpg
まずは、トウゾクカモメ。ペアだろうか・・・上空を通過するだけだったが・・

1-DSC_5185-001.jpg
この日の主役の一つはやはりアホウドリ類。底引き網船に接近して、
漁のおこぼれをもらっているようだった。これはクロアシアホウドリ。

1-DSC_5186.jpg

1-DSC_4896-001.jpg
小笠原諸島や伊豆諸島でも繁殖が確認されているが、多くはハワイ諸島、マーシャル諸島、尖閣諸島などで繁殖し、
夏季アリューシャン列島ベーリング海へ渡り、その一部が北海道沿岸にも姿を現す。繁殖期以外のほとんどを洋上で過ごす。

1-DSC_4903.jpg

1-DSC_4847-001.jpg
調査に使ったのも漁船なので、なにか魚がこぼれてはいないか・・・恐る恐るではあるが、至近距離まで近付いてきた。

1-DSC_5054-001.jpg
不明瞭ながら、足環が確認できたものもあり、現在、山階鳥研に報告、個体識別中である。
恐らく小笠原方面から渡ってきた個体と思われるが、どこで生まれた個体かわかるだけでも、エキサイティングなことだ。



↓↓↓ここをポチっと
お願い申し上げます↓↓↓↓

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Date: 2014.08.31 Category: トウゾクカモメ  Comments (0) 

初登場!ツバメチドリ!

干潟にシギを見に行こうと以前から計画していた・・・高速使って2時間半・・・
当地から海へ行くだけで一日仕事だ。しかも干潟や湿地となるとエリアが限定される。たまたま、先着していた鳥友より、珍鳥が入っているとの連絡!途中用事を済ませて到着したのは10時をまわっていた・・・どうか、まだいてくれますよーに・・・・

1-1-DSC_3725.jpg
いたーーーー。まだいてくれたーーーっ!どうやら幼鳥のようだ。1-1-DSC_3735-001.jpg
目がクリッとして、すくっと立ち上がった姿が毅然ととして・・・凛々しい。
1-1-DSC_3498.jpg
おおっ!アキアカネをジャンプして捕まえた!スゴイ反射神経だ!丸呑みするときに喉につかえるらしく、何度もゴックンゴックンを繰り返していた。
1-1-DSC_3158.jpg
このようなドロドロのエリアがお気に入りの場所らしく・・・同化してしまうので・・・残念な画ばかりに・・・
1-1-DSC_3805-001.jpg
すると、やにわに飛び上がり・・・ 砂浜のすっきりしたところに止まったが遠い~・・・・ お、空中でコガネムシを捕まえたんだな。
1-1-DSC_3239-001.jpg
この飛び姿の流線型を見たら・・・たしかに、ツバメという名前を付けたくなる気持ちはわかるね・・・ヒドイ画像だが、言いたいことは伝わるでしょww
1-1-DSC_3394-001.jpg
週末にもう一度行って、じっくり観察・・・しっかり撮りたいな~。

↓↓↓ここをポチっと
お願い申し上げます↓↓↓↓

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

Date: 2014.08.26 Category: ツバメチドリ  Comments (0) 

チゴハヤブサの親子~狩りと給餌~

今回から、にほんブログ村のカテゴリを野鳥から、野鳥写真に変更しました!こちらのカテゴリのみなさん、そしてmarkeeのサポーターのみなさん、今後ともよろしくお願いいたします。ポチっとするボタンも変わりましたので・・・今回は一番先に!早速お願いします。ポチっ!
↓↓↓ここをポチっと
お願い申し上げます↓↓↓

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

それでは、今回はチゴハヤブサの幼鳥も巣立ったので、子育ての様子をUPします。
1-DSC_0067-001.jpg
大きなヤンマ類やセミなどを主に雛に与えています。たまにこのような大物も・・・物凄いスピードと旋回能力では、スズメの雛などひとたまりもありません。
1-DSC_0360-001_201408231654521db.jpg
主にオスが獲物をゲットし、メスに餌渡しをして雛の元へ。
1-1-DSC_2024.jpg
この流線型の飛翔姿は見ていて惚れ惚れしますね。
1-1-DSC_1881-001.jpg
こちらの巣からは合計3羽巣立ちました。幼さが残るものの、眼光はすでに猛禽のそれですね。
1-1-DSC_1854-001.jpg
巣立ってからもしばらくは親がヤンマを捕まえては、順番に給餌します。
1-1-DSC_2630.jpg
これはルリボシヤンマでしょうか・・・
1-1-DSC_2860-002.jpg
いよいよ、夏鳥のシーズンも終了で・・・これからは秋の渡り・・・シギチなどを狙いたいと思います。今後とも、MARKEEのシマフクブログをよろしくお願いします!

ONCE AGAIN!
↓↓↓ここをポチっと
お願い申し上げます↓↓↓

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
Date: 2014.08.23 Category: チゴハヤブサ  Comments (4) 

ワシミミズク、アオバズク、コノハズク@夜の動物園

わが街の自慢、旭山動物園で年一回、お盆の時期だけに夜間開放をする。我々バーダーにとっては、フクロウたちが活発に動くのを見ることができる一大チャンス!明るいうちから、シマフクロウに狙いを定めたが、高い所にいて降りてこないので・・・ワシミミズク狙いで!
1-DSC_1066-003.jpg
日中は薄目を開けるぐらいでぼんやりとしているが、夕暮れになると次第に瞳孔が開いてきて覚醒・・・・
1-DSC_1058.jpg
お食事シーンも見せてくれた・・・・うひゃーーー丸呑みw
1-DSC_1036-001.jpg
暗い望遠レンズでは、スローシャッターでも押さえきれなくなってくる・・・
1-DSC_0846-001.jpg
ナイトヴィジョンという赤外線カメラ的なモードで見るとモノクロだが・・・生き生きとした表情もはっきり見えて楽しい。
1-DSC_0913-001_201408201731377a7.jpg

アオバズクは特に活発で・・・瞳孔をカメラの絞りのようにスゴイスピードで、ケージの外に舞う蛾を目線で追っていた。
1-DSC_0932.jpg


画質は厳しいが・・・動画だと彼らの本来の表情が良く見れて楽しかった。

1-DSC_0961.jpg
オオコノハズクは、自分の体と大差ないヤママユ蛾の類を、金網越しに捕まえて、中に引きずり込んでいた。
1-DSC_0976-001.jpg
一点を凝視する目ヂカラは、夜行性のフクロウならではのものだ。
1-DSC_0955-001.jpg
肝心のシマフクロウはついに降りてこなかったので昨年のカットでご勘弁を・・・・
blog_import_52ad818ce648e_20140820175110a29.jpg

↓↓↓ここをポチっと
お願い申し上げます↓↓↓↓

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

Date: 2014.08.20 Category: ワシミミズク  Comments (0) 

チゴハヤブサの餌受け渡し!

チゴハヤブサのオスが、獲物を掴んでメスを待っています。
1-DSC_0032-001.jpg
あまり気持ちのいい光景ではないですが・・・ カワラヒワを捕まえたようです。
1-DSC_0022-001.jpg

1-DSC_0096-001.jpg
こちらは大きなトンボ。ヤンマの類でしょう。
1-DSC_0067.jpg
羽をむしり取って雛に与えます。アキアカネやノシメトンボなどの小さいトンボでなく、こういった大きな種を捕らえては効率よく雛に与えます。
1-DSC_0353-001.jpg
また、オスがメスを呼んでいます。やはり足下に何か獲物が・・・
1-DSC_0358-001.jpg
どうやらスズメの巣立ち雛のようです。スズメには気の毒ですが、チゴハヤブサも子育てに必死です。
1-DSC_0360-001.jpg
メスが目にも止まらぬ速さで獲物を受け取って・・・一目散に巣へ。このオスは次から次へと大物をゲットしてきて・・・なかなか頼りになるお父さんです。
1-DSC_0530_20140814112954248.jpg
これはまた別の個体。チゴハヤブサは、電柱などの人工物に止まるのは苦にならないようです。睨まれましたw
1-DSC_0742-001.jpg
猛禽はやはり飛びモノですね・・・ただ、スピードがメチャメチャ速いので撮影は難しいですね。

↓↓↓↓ポチっと
お願い申し上げます↓↓↓↓

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2014.08.14 Category: チゴハヤブサ  Comments (2) 

ハシブトガラがお庭で水浴び。

1-DSC_0183.jpg
長雨が続いて、久々の晴天・・・ ハシブトガラがわが庭の水場に、水浴びに来てくれた。
1-DSC_0190.jpg
使わなくなって5年以上経った、スタンド式の灰皿・・・ずっと雨ざらしになっていたので、きれいに洗って小砂利や石を配して・・・景色を作った。以前、庭の水溜りで行水している姿を見ていたので・・・もしかしたらと・・・
1-DSC_0193-001_20140811213846ca7.jpg
30度越えの暑さが堪えるのは人も鳥も同じ・・・ 夕方に涼みに来てくれた・・・そのダイナミックな水浴び!
1-DSC_0196.jpg
2000分の1秒の世界で見るとこうなりましたw
1-DSC_0199-001.jpg
 ↓↓↓ここをポチっと
お願い申し上げます↓↓↓↓

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

1-DSC_8647-001.jpg
でも、その前に最初に来てくれたのは、シジュウカラの巣立ち雛だった・・・
1-DSC_8699-001.jpg
まだ、羽繕いができていなく脂分が少ないのか・・・・ 水浴びも下手で・・・・
1-DSC_8696.jpg
風呂上りは、これこの通りまるで濡れ鼠ww メンコイね~ww
Date: 2014.08.11 Category: ハシブトガラ  Comments (0) 

トマムの雲海とイワツバメの営巣。

1-1-1-DSC_8770-002.jpg
2度目の挑戦でやっと雲海に出会えた・・・太平洋産のゴージャスなものではなかったが・・・これはこれで荘厳な眺めであった。
1-1-DSC_8826-001.jpg
ここには掲載されないが、翌日には津別峠の本物を堪能できた・・・2日続けて雲海を拝めるとは実にラッキーだった。
1-1-DSC_8866.jpg

1-DSC_7868.jpg
下界に降りると・・・使われなくなったコンドミニアムの軒にたくさんのイワツバメが巣作りと抱卵の真っ最中であった。
1-DSC_7887_20140808225518496.jpg
なんの足がかりもないところから、泥団子を一つひとつ・・・・ 
彼ら生まれながらの左官職人にして、偉大なる建築家である。その仕事ぶりには脱帽である。

1-DSC_7918-001.jpg

1-DSC_8026.jpg

1-DSC_8052.jpg
良い物件を奪い合うような姿も見られた・・・ せっかく完成したのに乗っ取られたらたまったもんじゃないよね・・・
1-DSC_7904.jpg

1-DSC_7925.jpg

 ↓↓↓ここをポチっと
お願い申し上げます↓↓↓↓

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2014.08.08 Category: イワツバメ  Comments (0) 

野鳥夏枯れで、昆虫ワールドも。

1-DSC_8267-001.jpg
真冬にはベニヒワが群れていた牧草地には、真夏の主役アゲハチョウたちが舞い踊る。
1-DSC_8282.jpg
キアゲハのオスが、執拗にメスにラブコール・・・もつれ合いながら飛んでいます。

1-DSC_8287-001.jpg

1-DSC_8372.jpg

車と衝突して瀕死のプリマドンナが横たわって、最後の力で羽ばたいていた・・・ミヤマカラスアゲハ

1-DSC_5768-001.jpg
詳しいい方に問い合わせると・・・メスアカミドリシジミのオスだそうです。構造色のメタリック・ブルーが美しい。北海道では結構見かけるが、本州ではマニア垂涎の蝶らしい。→ジョウザンミドリシジミに訂正

1-DSC_8514-001.jpg
この背の高い黄色い花が咲く帰化植物はなんといったかな?→ビロードモウズイカの上に止まるノシメトンボかな?

1-DSC_8333.jpg

トノサマバッタが、轢死したイナゴの屍骸をむさぼっています。この直後に、対向車の輪禍に遭って、フレームから消えました。本当に、彼らには住み辛い世界でしょうな・・・
1-DSC_8352-001.jpg

 ↓↓↓ここをポチっと
お願い申し上げます↓↓↓↓

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


Date: 2014.08.06 Category: ミヤマカラスアゲハ  Comments (3) 

2014年3月~5月の超希少種!ナキイスカ、シジュウカラガン。

1-ナキイスカオス01
この春は、思っても見ない希少種が当地に飛来して、うれしい悲鳴の連続でした。まず、3月の雪解け時期に登場したのが、ナキイスカの群れ!
1-1-DSC_0929.jpg
なんと、オス成鳥だけで5羽、全部で7羽ほどの群れでした。こんな出会いは一生に一度でしょう。地元で見られてうれしさ倍増です。
1-腹部が赤いオス若01

1-1-DSC_0416-001.jpg
4月に入って、旭川市内では初確認のシジュウカラガンの幼鳥が、コハクチョウの群れと一緒に飛来。バーダーたちは色めき立ちました。
1-1-DSC_0398.jpg
コハクチョウからは無視され、マガンからは嫌がられてかわいそうだったな。無事生まれ故郷に着いただろうか・・・・
1-1-DSC_0245.jpg

1-1-DSC_0682.jpg
さらには、当地ではほとんど観察例のないタゲリが雪解けの田んぼに現れました。私はもちろんタゲリを含め上記2種も初見でした。
1-1-DSC_1015.jpg

1-1-DSC_0725.jpg
針葉樹の大木から細かい雪の塵が降ってきた瞬間・・・ キクイタダキが現れしかも虹が!実に奇跡的なシーンを撮影できて興奮しました。
1-1-DSC_0731-001.jpg
暑さ厳しき折・・雪のシーンを多くお送りしたので、少しは涼しくなりましたでしょうか?
1-DSC_0567.jpg
最後は、こちらも当地では2例目のウミアイサ。普通種ですが海のない旭川では超珍しい種なわけで・・・ 1例目も私のバーダー仲間が昨年偶然撮影していたことがわかり、2重にうれしかったです。
1-1-DSC_0590_20140801101610a19.jpg


↓↓↓ここをポチっと
お願い申し上げます↓↓↓↓↓

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2014.08.01 Category: ナキイスカ  Comments (0) 
プロフィール

markeeeagle

Author:markeeeagle
シマフクロウをはじめ、道内の猛禽や希少種を中心に気ままに撮って出し!ハクトウワシ、オオワシ、オジロワシ、オオタカ、クマタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、シマフクロウ、シロフクロウ、シロハヤブサ、エゾフクロウ、イヌワシ…猛禽に目がありません!

フリーエリア
にほんブログ村野鳥写真ランキングに参加しています。↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ジャパン・バード・フェスティバル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。