十勝沖のコアホウドリに接近遭遇!!

十勝沖の調査船に同乗させていただく機会に恵まれた。
十勝支部の事務局長千嶋さんのガイド付きの贅沢なクルーズ。
八戸フェリー航路などで、遥か彼方を飛ぶクロアシアホウドリなどを
観察したことはあるものの・・・このコアホウドリはもちろん初めて!
しかも、30m先いや20mまで近づいて飛ぶものも!!

濃霧の晴れ間から突然現れた!お互いにドキッと・・・アカエリヒレアシシギを
蹴散らして離れてゆく。

こちらにも浮いていた・・・出港からわずか15分くらいの場所で、コアホウドリとは・・・
なんて贅沢な海域なんだ!

手前のオオセグロと比較してもその大きさがわかるでしょう。体長80cm、
翼開長はなんと2メートルにも及ぶのだ!


この美しい長い翼を見よ・・・まるでグライダーだ。ほとんど羽ばたかず長距離飛行ができる。

冬季に小笠原諸島やハワイ方面で繁殖する。非繁殖期はアリューシャンなど
の北太平洋で過ごし、本道にもやってくる。この日はトータルで30羽以上は確認された。


ほかには、アカエリヒレアシシギの群れが、最低でも500羽以上見られた。
中にハイイロも混ざっているのがわかるだろうか・・・既に換羽し始めている。
この他にも、クロアシアホウドリに大接近したり、オオトウゾクカモメなども
次回もお楽しみに!!
この日の確認種:シノリガモ コアホウドリ クロアシアホウドリ フルマカモメ
オオミズナギドリ ハイイロミズナギドリ ハシボソミズナギドリ アカアシミズ
ナギドリ カワウ ウミウ キアシシギ アカエリヒレアシシギ ハイイロヒレア
シシギ ウミネコ オオセグロカモメ オオトウゾクカモメ ウミガラスsp. 
カンムリウミスズメ ウトウ ハシボソガラス ハシブトガラス キセキレイ 
海獣類その他:ネズミイルカ サメ類

↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


Date: 2013.07.29 Category: コアホウドリ  Comments (1) Trackbacks (0)

チゴハヤブサ3兄弟Vol.1

チゴハヤブサがこの夏も、市内近郊のあちこちで子育てを始めています。
ヒナたちも大分白い産毛が抜けてきて、羽ばたきの練習を始めています。
まずは、YoutubeにUPした動画をどーぞ・・・

一番左のヒナが、白いものをお尻から糞射したのが、見えましたか?失敬ww
羽ばたきでとなりのヒナの頭を、ド突いたり・・・落ち着きがありません。

目にも止まらぬ速さで、親鳥がやってきて・・・セミの羽を毟ったのを与えています。

そして、また次の獲物をを探しに、飛び立っていきます。

ヒナにピントが来ていて・・・親に合わすには、あらかじめ置きピンにしないと・・・

時折、見晴らしのいい場所で小休止。



雪だるまのようなヒナが数週間で・・・こんな流線型のボディになるとは・・・


 ↓↓↓ポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

Date: 2013.07.26 Category: チゴハヤブサ  Comments (4) Trackbacks (0)

真夏のオジロワシ・チュウヒ・マガモ親子。

一気に行きますぞ~。まずは、根室~羅臼へ向かう途中の海岸で、
たくさんのオジロワシを見た。テトラポットという画にならない無機物に・・・

ペアも複数見かけた。子育てが終わりホッと一息言うというところか。


こちらは先月、サロベツで優雅に帆翔する、夏のチュウヒ。



道内以外で、夏場にオジロワシやチュウヒを見れる場所は、中々無いでしょう。

さらに、阿寒湖では・・・・


マガモの母さんが、一個連隊引き連れて、朝のひと泳ぎ。

温泉街では、アイヌの千本松明まつりが開催中で・・・
松明の灯りに浮かび上がる【コタン‐コロ‐カムイ】
木彫の大きなシマフクロウ神が、神々しかった。

 ↓↓↓ポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


Date: 2013.07.23 Category: チュウヒ  Comments (0) Trackbacks (0)

真っ赤な足のケイマフリとトウゾクカモメ。

落石沖のモユルリ島付近船上での続きです。
証拠にもならないピンボケですが・・・一応、ライファーなので載っけます!

昨年羅臼でも飛んでいる所を見ましたが・・・遠くて。今回は肉眼でしっかり見ました。
Scua! トウゾクカモメです。
揺れる船上での撮影は難しい・・次回はガイドのNさん愛用の、SX50HSを買ってこ!

一番愛想よく、また数も多かったのがこのケイマフリ。

冬羽は留萌港で見たことありますが・・・真っ赤な足とメガネ姿の夏羽を目の前に
したのは初めてでした。


こんなに真っ赤なんですよw


フルマカモメなんて・・・オオセグロ並みに浮いてるんですよww

中々思うような写真が撮れなかったので、来月にでもリベンジします!
それまで待ってろエトピリカーーーーっ!!ちゃん!!

↓↓↓ポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2013.07.18 Category: トウゾクカモメ  Comments (1) Trackbacks (0)

エトピリカ&ウミバト@根室落石沖

恋焦がれていたエトピリカにやっと会うことができた。
ネイチャーガイドのNさんからのお誘いがあり、10年ぶり位の根室へ・・・
たくさんの希少な海鳥に出会えたが、この日のハイライトは・・・

やっぱり・・・エトピリカでしょう。

霧の中に見え隠れする被写体・・・強いうねりの中でのフォーカスは、
慣れていない上に、腕がないのでピンボケ連発・・・
しかし、奇跡的にこの一枚はなんとか・・・


それから何といっても・・・ウミバト!それも千島と根室周辺にしか見られないという
亜種チシマウミバト!雨覆いが白斑でなく、白い筋状なのが特徴だそうだ。



図鑑にも載っていないような超希少種!に会えてとても幸せな気分であった・・・

チシマウガラスもウミウ/ヒメウの営巣地の画像に写っていたのだが・・・

かなりクロップした画像に、偶然写っていた程度でお恥ずかしい・・・
次回もケイマフリやトウゾクカモメなど希少な海鳥をお送りします!
最後に、貴重な経験をプロデュースして頂いたNさんに感謝!!

↓↓↓ポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2013.07.16 Category: エトピリカ  Comments (3) Trackbacks (0)

夏鳥全員集合! コンサート@草原

オホーツクの原生花園は、草原性夏鳥たちのコンサート会場のよう・・・
やっぱり一番多く見かけたのは・・・クロ頭巾に円な瞳の・・・ノビタキ。


その次は・・・黒マスクの怪傑ゾロこと・・・オオジュリン。


湖畔にはこんなきれいなステージがあるのに・・・誰も上がってくれない・・・


待てど暮らせど来ぬ鳥に・・・業を煮やして前ボケ作戦ww


2ショットを狙うもシボリ切れず・・・手前は中々お目にかかれないオオジュリン♀。


中々キュートな表情です。シシウドの上の羽虫を追いかけています。


コヨシキリも、シキリに、虫を啄んでいます。子供たちに運んでいるんでしょうね。


この方はシャイなのか・・・中々出てきてくれませんでした。


さて、本日からオホーツク~根室方面へ大遠征・・・ 
うまいことエトピリカに会えますように・・・

 ↓↓↓ここをポチっポチっと、お願い申し上げます↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


Date: 2013.07.13 Category: オオジュリン  Comments (1) Trackbacks (0)

マキノセンニュウ&ノゴマ動画。

約一年ぶりに、オホーツクの原生花園で
マキノセンニュウに会えた。先行していた鳥友のKさんが
見え隠れするのを発見。その後、数カットのみ撮影することができた。

実に手強い・・・特に子育て中のメスらしく囀らないので余計難しかった。
ジェッ ジェッ ジェッと地鳴きが藪の中から聞こえているだけだからだ・・・
その後も辛抱強く待ったがこの一瞬だけだった。

ただ、近くからピピピと、か細い声が響いており・・・
藪の中と前方から2ヶ所から聞こえてくる・・・

んん? なんだ?? Kさんが道の真ん中に発見!!

じぇじぇ! じぇじぇじぇっ!何かのヒナだ!!

大きさは。大人の親指くらいの小ささだ・・・そばからマキノさんの奥さんの
地鳴きも聞こえたので・・・多分マキノセンニュウの孵ったばかりのヒナだろう。
このままだと車に轢かれるか、日干しになってしまうので・・・
手で追いやると、カエルのようにぴょーんと跳ねて藪の中へ・・・ひと安心。

その後、数ヶ所の原生花園や湖畔をめぐり、前の週にシマセンニュウが
あちこちで囀っていたポイントへ。まずは、動画をどーぞ。

ノゴマが、あちこちでアリアを聞かせてくれていた。

ここは、お気に入りのソングポストらしい・・・前週もここだった。

しきりにお腹を気にしている・・・・  んん?抱卵斑というやつか?
ノゴマは、オスも抱卵するんですか?だって、お腹の羽毛がないもんね。

ほーら、パカッと開いてる・・・珍しいシーンが撮れた。
野鳥観察は、じっくりと粘り強く・・・ 基本的なことをKさんから改めて教わった。

展望台から見るオホーツクブルーの海と・・・ガリンコ号と・・・
 
 ↓↓↓↓ポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2013.07.10 Category: マキノセンニュウ  Comments (0) Trackbacks (0)

クマゲラの子育て、そして巣立ち。

まずは、この拙いビデオをご覧下さい↓↓↓

まだ雪が降り積もる時期に、巣穴を掘り始め・・・


一旦は、掘り上げた巣穴を放棄するかと思った時期もあり・・・


それでも何とか抱卵・・・一安心。ここまで一ヶ月以上かかっています。
その後、無事孵化しました!

子ガラスのようなヒナが巣穴から顔を出すのが遅く・・・
顔を出すようになったのは、巣穴掘りが始まって2ヶ月以上も経ってからでした。


父親は、必死に餌探し。


こんなに掘っちゃいましたww  その甲斐あってヒナもすくすく・・・


葉っぱが茂って・・・撮影観察が大変でしたが・・
無事巣立ってくれました。いつか、ヒナたちが成長した姿を見せてくれるのを
楽しみにしています・・・


↓↓↓ポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村





Date: 2013.07.06 Category: クマゲラ  Comments (2) Trackbacks (0)

シマセンニュウ@オホーツク夏鳥天国

今まで、それらしき姿は数度見かけていましたが
囀りを聞いたことがなく、確信できませんでしたが・・・今回は動画も撮れたんです!
             ↓↓↓ここをクリック!↓↓↓


しかも1羽でなく複数おりましたし、あちこちで囀っておりましたから
写真も沢山撮れました。


何度通っても撮れなかった種が、こんなに・・・見れるときはこんな簡単なんですね。


背中から雨覆いにかけては、マキノセンニュウにも似ていますね。

それ以外にも・・・


オオジュリンや・・・



ノゴマなどは普通にそこここで囀っており・・・ww
上空にはオジロワシも!

オホーツクのポテンシャルや恐るべし!

↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

この日確認できた種は・・・
1トビ、2イワツバメ、3キジバト、4ノビタキ♂♀、5ハシブトガラス、
6ニュウナイスズメ、7オオセグロカモメ、8カッコウ飛翔、9コヨシキリ、
10ノゴマ♂♀、11アオサギ、12オオジュリン、13カワラヒワ、
14ベニマシコ♂♀、15ハクセキレイ、16オジロワシ4羽、
17ショウドウツバメ、18ウミウ、19ドバト、(エゾシカ)、20ウグイスs、
21アオジ♂♀、22ツツドリ飛翔、23アオバトs、24センダイムシクイs、
25ビンズイ、26ツメナガセキレイ、27スズメ、28マガモ、
29ハシビロガモ、30キンクロハジロ、31ヒバリ、32ハシボソガラス、
33ムクドリ、34シマセンニュウ、35オオジシギ、36アリスイ、(キタキツネ)・・・
Date: 2013.07.03 Category: シマセンニュウ  Comments (1) Trackbacks (0)

カッコウVSノビタキそしてオオジシギ。

この時期、子育てもピークの夏鳥たち。
代表核はやはりノビタキかな・・・


カッコウも、託卵を企んでいますw

日々、カッコウとノビタキのオス同士の戦いが繰り広げ
られています。


ノビタキ父さんに今回は部があったようです。
そんな、小競り合いにも我関せず・・・

オオジシギはいつもマイペース。高みの見物です。


  ↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


Date: 2013.07.01 Category: カッコウ  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

markeeeagle

Author:markeeeagle
シマフクロウをはじめ、道内の猛禽や希少種を中心に気ままに撮って出し!ハクトウワシ、オオワシ、オジロワシ、オオタカ、クマタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、シマフクロウ、シロフクロウ、シロハヤブサ、エゾフクロウ、イヌワシ…猛禽に目がありません!

フリーエリア
にほんブログ村野鳥写真ランキングに参加しています。↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ジャパン・バード・フェスティバル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR