スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

オオワシのなる樹の全貌/エゾシカと競争。

オオワシのなる樹を拝みに毎年年末か年始に出かける。
もう一回行きたいが・・・コミミ、ハイチュウの情報も出ているので・・・
先日のオオワシのなる樹の全貌をお送りします。

わっさわさとワシがなっている木が河畔にいくつもあります。
まるで、果物がたわわになってる様なので、ワシのなる樹というように。

こちらには15羽近くいますが・・・すべて枝かぶり。対岸には回り込めないのです。
それでも雪山の影から近づける場所なら・・・500mmでもこんなに近くに。


オジロワシの若が、突然雪山の影から飛び出してきて(゚o゚;;びっくり!

あまりにとっさでフレームからはみ出しておりww

さて、あまりの咄嗟にビックリ!といえば・・・
西陽に輝く山並みを眺めながらの帰り道・・・

ロードサイドの雪山から、突然飛び出してきたんです!!(((゜Д゜;)))


どひゃーーーーーーっ!立派なトロフィーを掲げた雄鹿が二頭。
道路に飛び出したかと思うと・・・圧雪アイスバーンをドカドカと。

徐行しながら、後ろをついて行きました。こっちに向かってきたら
ひとたまりもないですからね・・・

前方からの車の気配を察知して、一頭が雪原に逃げ込みました。

もう一頭は対向車をやり過ごしても、わっせわっせと走っています。
すると、低速で走る私の車を、後続車が追い抜いて行きました。

すると、しばらく車と併走して・・・まるで徒競走でした。
笑い事じゃなくて・・・これが暗闇で起きたら・・・大惨事になって
いたかも知れません・・・皆さん雪道のエゾシカにはくれぐれも気をつけて!

↓↓↓ポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Date: 2012.12.30 Category: エゾシカ  Comments (3) Trackbacks (0)

オオワシ×ギンザンマシコ@Xmas'12

今年のクリスマス休暇には、待望の晴れ間が広がり
青空バックのギンザンマシコやオオワシが撮れた。
私にとっては何よりのXmasプレゼントだ。
僅かながらそのおすそ分けを・・・

真っ赤なギンザンとナナカマド、そして真っ白な粉雪。


新兵器の228はやっぱりヌケも違うし・・・一枚皮が剥けたような美しさ・・・
あとは腕だなww とにかくどアップにこだわって・・・生物学的に撮りました。

眼の周り構造や、羽毛の細密な毛並みが見えるくらいの近さです。


雨覆いや風切りの一枚一枚がきれいに見えますね。

足の爪もこれこの通り。

逆立ちでぶら下がって実を食べる顔つきはやっぱりダイナソーww

それから、前日は吹雪の中をひた走り・・・目的地は快晴で・・・ついてました。

亜成鳥が結構多かったですが・・・

成鳥のダイナミックな飛翔もあちこちで見られました。


望遠レンズを通してですが、ワシたちがこんなに身近に
感じられる場所は北海道でもそうたくさんはありません。
鳥の神様「カムイチカップ」からのプレゼントに感謝感謝のXmasでした。

 
 ↓↓↓ポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2012.12.26 Category: オオワシ  Comments (2) Trackbacks (0)

オオワシの生る樹と飛翔2012.12

久々に、ほぼ一年ぶりに片道4時間雪道を走り
彼らに会ってきました!

これがいわゆるオオワシのなる樹です。


オオワシが比較的近い距離で観察できて・・・猛禽オタクには
パラダイスのような所です。


頭のすぐ上を、あの巨鳥が優雅に舞っています。

オジロワシも数は少ないですが観察できます。


眼下に見える、サケの死骸を糧に寒さ厳しい北海道で越冬します。



↓↓↓↓ポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

Date: 2012.12.23 Category: オオワシ  Comments (2) Trackbacks (0)

シメ・ヒガラ・シジュウカラと銀山猿子。

ギンザンマシコのポイントには連日色々な猛禽が
現れています。まず、ハイタカに紅いのを一羽持ってかれたそうです。
私が見たのは・・・

まず、ノスリそしてオオワシ、それから最近はハヤブサまで登場!
だんだんギンザンの群れもナーヴァスになっているので、
これからは観察も撮影もセーブしたいと思います。
そんなことは意に介さず・・・この人は相変わらずの悪人顔ですww



このシメも頑丈な嘴を持っていますからこの手の実を食べるのですね。

紅い美味しそうな実には目もくれず、横でカラ類もお食事中でした。


日本最小の一種・ヒガラはニオイヒバの種子を食べていました。
これは最小の嘴でないと・・・


シジュウカラはやはりお口が小さいのでこの実は食べられず・・・

やっぱり無理のよう・・・モノトーンの鳥の方が赤い実に映えますね。

やっぱり彼らを出さないと・・・せっかくご覧に来ていただいた方に
失礼ですから・・・それではどうぞ!



一度にこんなにたくさん・・・なんと贅沢な眺めでしょう・・・


↓↓↓↓ポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2012.12.20 Category: シメ  Comments (0) Trackbacks (0)

ギンザンマシコの水浴び&動画2。

まだまだ続きます、ギンザンマシコシリーズ!
100年に一回あるかないかのこのチャンス!
撮って撮って撮りまくり出して出して出しまくります!
真っ赤っ赤!赤字覚悟の年末大出血大サービスです・・・くどいですねw
でも、これは珍しい!・・・もう二度と撮れないかも・・・

来るか、来るか・・・来た~~っ!!

ギンザンの水浴びや~~~っ!しかも雪降る中で~っ!

あっちでもこっちでも~、くぅ~~っ!シビレるぅ~~っ。

殿方は、ご婦人方の行水を見張っています。


それから、動画に挑戦していたのですが、やっと雪の中の
ギンザンマシコを捉えることができました。

真冬のギンザンが動く画って中々ないでしょう・・・しかも白いものが
天から降ってきて、ロマンチック。でも連写音がww


まとまってこんな群れをなす光景も、貴重でしょう。

粉雪の中、俯いて物憂げな・・・

故郷の夏を思い出しているのか・・・そんな風に見えてしまう。
でも、お口にいっぱいくっつけてww

真っ赤な背景にはオリーブ色のメスタイプの方が似合いますね。

 ↓↓↓ポチっとお願い申し上げます↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村




Date: 2012.12.17 Category: ギンザンマシコ  Comments (4) Trackbacks (0)

ヤマガラのおみくじ芸。

昔むかしのお話ですが、ヤマガラを仕込んで
おみくじを引かせるという芸を見たことがあるような・・・

すごいでしょう・・・これCGじゃなくてほんとにヤマガラが
こんな複雑な動きをするんですよ。

ということで、今夜はその頭のいいヤマガラのお話。

ひょうきんな道化師のようなメイクをしていますね。


人懐っこいように見えて結構用心深いんです。
雪の庭に餌台を出して、カラ類が来るのを
楽しんでいるのですが・・・ヤマガラは必ず一番最後にやってきて
木陰で、ほかの鳥が餌を取る様子をじっくり観察して、安全を確認
してからやってくるんです。

こんな、アクロバチックな姿勢もとれます。

庭で育った向日葵を一旦刈り取って、彼らのために
取っておいたんです。雪が降ってから、外に出すと来ました来ましたww



嬉々としてひまわりの種を咥えて木陰に運んでから食べます。

おりゃーーーーってな感じ。



シジュウカラやゴジュウカラもこのレストランの常連です。

みんな仲良くシェアし合って、厳しい季節を乗り越えます。

 ↓↓↓ポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2012.12.15 Category: ヤマガラ  Comments (0) Trackbacks (0)

オジロワシ若と、もっと真っ赤なギンザンマシコ。

今シーズンは中々猛禽に会えませんが、
冬鳥の大当たり年かも知れません。
シメの大群に出くわしました。


それから、ホオジロガモの群れを見渡せる場所に
お腹を空かせて痩せたオジロの若が姿を見せました。


今夜は別ポイントに発見のギンザンマシコをご披露します。
もう、食傷気味かも知れませんが。

夕日を浴びて一層マジェンダが強調されています。


真っ赤なエゾノコリンゴと思われる果実のなかに紛れて
保護色のよう・・・

オスの成鳥が5羽はいたのでは?

こういう状況では、オリーブ色のメスタイプの方が目立ちますね。

ナナカマドより枝ぶりがいいので、日本画的な構図も良いかも・・・

 ↓↓↓ポチっとお願い申し上げます↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

Date: 2012.12.13 Category: ギンザンマシコ  Comments (0) Trackbacks (0)

ホオジロガモの夕景とギンザンマシコ動画。

 ホオジロガモが大河石狩川で夕日を浴びてリラックス中。
オスが首を垂直に上を向く求愛行動も見られます。
上空に猛禽が現れたか?次の瞬間、一斉にテイクオフ!


金色の飛沫を上げながら夕日の彼方へ。

それから、ギンザンマシコも逗留2週間目に突入で
動画を撮る余裕もできましたのでYoutubeに上げてみました。

最近、Youtubeでは手ブレを補正してくれる機能まで
追加されており・・・手持ちでブレブレだった動画がこんなにきれいに!
うれしいので、スチル画像もおまけします!

やはり針葉樹に止まるとしっくりきます。

こんなに間近に撮れるなんて・・・恐らくもう一生ないでしょう。


紅くないけれど・・・僕は優しい表情の幼鳥?メスタイプが好きだな~。


 ↓↓↓ポチっとお願い申し上げます↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2012.12.11 Category: ギンザンマシコ  Comments (1) Trackbacks (0)

ギンザンマシコ2!!

リクエストにお応えして・・・
もっと、ギンザンマシコ!!

立派な赤松に止まって休憩中のギンザン♂を発見。

やっぱりハイマツが棲家だけあって、針葉樹にマッチしますね。


メスなのか?メスタイプの幼鳥なのかわからないが
優しい表情をしていますね。オスの怪獣顔より柔和です。

でも、餌取るときは大胆なポーズです。

オスメス揃うと紅とオリーブ色のコントラストが綺麗ですね~。



胸や雨覆いのウロコ羽がまた見事です。

とにかく最大でひと目15羽の群れですから、1羽に絞るのが大変でした。
でも、美味しそうに実を食べる姿は、表情豊かで撮影が楽しかったです。
そぼ降る雪の中寒さを忘れるほどHOTな数日でした。

 ↓↓↓ポチっとお願い申し上げます↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2012.12.07 Category: ギンザンマシコ  Comments (3) Trackbacks (0)

街路樹にギンザンマシコ!!

すごいことが起きました・・・
大雪山系でも、1日待っても数回しか出てくれないことがある、
あの赤い真っ赤な鳥が、街路樹のナナカマドにやってきました!
しかも、1、2、3、4・・・・・・・・・13、14、15羽以上も!

若が多いですが、こんな往来の激しいところに15羽以上も・・・
ゆっくりご披露しましょう。


通称青看板(道路案内標識)を背景にオスの紅とナナカマドの朱
そして、降りしきる雪のコントラストがきれいでしょ。


ナナカマドは当地の市の木に指定されているので、あちこちに
たわわに実っている。一昨年は、キレンジャクで大賑わいだった。


どれでも良いわけでなく、凍結と解凍を繰り返し熟し切ったものを
選んで食べているようだ。

真っ赤な個体もいるが、群れには今年生まれの若が多い。

こちらは、メスの成鳥か?それとも若の♀タイプか・・・

美味しそうにムシャムシャ食べている。

たくさんあるのに、一つの房を奪い合ったり。メスがオスのを横取り
することが多いようだ。



こんなにたくさんの群れが入るのはベテランバーダーも
記憶がないそうだ。レンジャクならまだしも、ギンザンマシコが
群れで入るとは・・・今年は冬鳥の大当たり年かもしれない!

↓↓↓↓ポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2012.12.05 Category: ギンザンマシコ  Comments (1) Trackbacks (0)
プロフィール

markeeeagle

Author:markeeeagle
シマフクロウをはじめ、道内の猛禽や希少種を中心に気ままに撮って出し!ハクトウワシ、オオワシ、オジロワシ、オオタカ、クマタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、シマフクロウ、シロフクロウ、シロハヤブサ、エゾフクロウ、イヌワシ…猛禽に目がありません!

フリーエリア
にほんブログ村野鳥写真ランキングに参加しています。↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ジャパン・バード・フェスティバル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。