シマリス×ナキウサギ@大雪山系

今夜は、齧歯類と重歯目の2種を。
つまりネズミ目のエゾシマリスと、ウサギ目のエゾナキウサギ。
大雪山系もそろそろ秋の花が咲き始め、木の葉も色づき始めました。

シマリスがオヤマリンドウの前に登場。

後足で立ったりチョコマカ動き回ったり、本当に表情が豊かです。


アカエゾマツに小さな鳥がたくさん飛んできたなと
思ったら、あっという間に飛んでいってしまいましたが、
1羽だけ写っていました。

ヒガラです。日本最小の鳥のひとつです。

静寂を切り裂いて、「ピキ~~ッ!」。待望のウサギさんの声が
溶岩帯の尾根に木霊します。

バックにも竜胆(リンドウ)の紫が写りこんでいますが、
ちょっと遠いすね…

この耳を見るとやはりネズミ目ではなくウサギ目ですね。

今度はまた違う方向から声が聞こえます。

4羽くらいはいると推測できるのですが、皆同じポーズだと
識別が難しいですね。

正面から見ると瞳が縦長に見え、アニメのキャラに
こんなのいたのでは?と、思わせるひょうきんさです。

upでよーく見てみてください。    ねっ。

シマリスは眠くなってきたのか、あちこちグルーミング
しています。 かいーーーーの?


↓↓↓ポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村




Date: 2012.08.31 Category: エゾシマリス  Comments (2) Trackbacks (0)

撮れたての夕景。

バーダーにはご勘弁いただいて、今夜だけは撮りたてホヤホヤの
夕焼けをご覧ください。


刻一刻と変わっていく表情。この大聖堂の天井画のような
素晴らしい色彩。どんな天才画家にも、これは描けないでしょう。


旭川市内で、今年N0.1の夕景じゃないかな~。
この景色にはどんなセリフも陳腐に思えるだろうね。




↓↓↓ポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2012.08.29 Category: 夕焼け  Comments (0) Trackbacks (0)

サロベツ原野のノビタキ・ツメナガセキレイ親子。


この時期は夏の花、夏鳥の時期も終わりかけていて
会える種がかぎられているのだが、なんと小雨の降る中
車中から、サロベツ原野でツメナガセキレイの親子に会えた。

何かが枯れかけたエゾニュウに止まったな位で
とりあえず車を止めたら…こんな国道沿いにツメナガが!
しかも後でよく見ると、親の上に幼鳥も!


幌延のビジターセンターのそばで何か飛んだので
観察していると…目の前に換羽が始まったノビタキのオスが。


変わった毛並みだったんでオオジュリンの雛かとも思った。
成鳥にしては尾羽が短いよね...

天塩川の最下流部で親子でじゃれあうツメナガを見たが、
写真には収められなかったが、カワセミ、オシドリそして
このノビタキの親子があちこちで見られた。盛期にくれば
中々のフィールドでは...


サロベツの湿原センター内の遊歩道で会えたのは…

咲きかけていたこの紫の花とキアゲハ位で…
やはり今度は6月末に来よう…無念… シマアオジ…

↓↓↓↓↓↓ポチっとお願い致します↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2012.08.26 Category: ノビタキ  Comments (2) Trackbacks (0)

チップ&デール?エゾシマリス。


ナキウサギのポイントで、本命を待つ間、退屈させないでくれる
チップ&デール?クラリス。彼らは本当に表情豊かで楽しいです。


ナキウサコたちは、ポーズといったらワンパターンだけど…
彼らはちょこまか動き回って色々ポーズを取ってくれるので楽しいです。


おおっと!チップがクラリス?にチューしてるスクープ画像!


↓↓↓↓↓↓ポチっとお願い致します↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2012.08.24 Category: エゾシマリス  Comments (0) Trackbacks (0)

チュウシャクシギとオグロシギ@オホーツク

オホーツクにもシギたちが帰ってきました。
件のフラミンゴは包囲網を潜り抜けて、この日も元気
そうでした。仲間の2羽は残念なことに…
中型~大型のシギが群れで入っていると鳥友からの
連絡があり、居ても立ってもいられずまた行ってきました。

まずは、チュウサギと思われる白鷺。北海道では白いサギは
珍しいのです。背後にたくさんのシギの群れ。

これは、結構な大きさのシギ。それも40羽近くいます。

オグロシギでしょうか。こんなにたくさん見たのは初めてです。

一斉に飛び立ちました。風切の白が目立ちますね。
嘴を深く刺して甲殻類などを食べるようです。このエリアにはカワニナの
ような小さな巻貝がびっしりおりました。それを食べているようです。

群れの中に、アオアシシギらしきのも混じっていますね。

そして、チュウシャクシギが7羽!ハシが下に曲がってる系は中々
お目にかかれず、撮影は初だと思います。かなり大幅にトリムしております。

未熟な腕ゆえ、画質が悪いのはご容赦ください。また近いうちにリベンジ
してきます!

↓↓↓↓↓↓ポチっとお願い致します↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2012.08.22 Category: チュウシャクシギ  Comments (0) Trackbacks (0)

波打ち際のキアシシギとアオバト。


なんだ、イソシギか…と適当に撮っていたら…後でよく見ると
キアシシギでした。まぁ、どちらもありきたりですけど。
でも、磯鴫という割りに磯ではあまり見ませんな。

怒涛もなんのその、凛とした佇まいです。


一方、主役はこちら…そう、アオバトです。



こちらも、高波は意に介さないようです。

上半身はライムグリーン。鼻腔のあたりはきれいなスカイブルーなんすね。
創造主は中々のデザインセンスだと思いませんかww

↓↓↓↓↓↓ポチっとお願い致します↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


Date: 2012.08.19 Category: キアシシギ  Comments (0) Trackbacks (0)

大雪山系の蝦夷ナキウサギ。

久しぶりにナキウサギに会いに。前回、日中行ったときには
残念ながら会えなかったのだ。今回も到着したのはお昼に
なってしまった。ポイントのガレ場に向かう途中下山する人と
言葉を交わす。「早朝は結構出てましたよ…」 早朝ね…
現場に着くと私ひとり!しかもオスの鳴き声!ピキッ!
目を凝らすと、すぐ目の前にいるではないかっ!!

やはり、人が少ないときは結構でてきてくれるのだな。

こちらからも!と、見ると、なんだエゾリスかww


夏毛への毛変わりも済み、結構毛並みがきれいだな。
今年生まれた幼獣だろうか…


おおおっと!意外と身軽にジャンプ!まん丸のお尻で短足Jump!!ww


場所が変わってもポーズは変わりばえしない…



まだ貯食行動は見受けられなかった。イネ科の雑草をむしゃむしゃ...
食費が安く済みますな~。

食べ終わると、近くの風穴にもぐりこんだまましばらく出てこなかった。

  今回は野鳥ではないですが…
↓↓↓↓↓↓ポチっとお願い致します↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

Date: 2012.08.16 Category: エゾナキウサギ  Comments (2) Trackbacks (0)

マガモの親子のお通りだいっ!

お待たせしました。マガモの雛もだいぶ大きくなったので、
お披露目いたします。


うひゃ~、めんこいな~。



飛びます、飛びますww 小ちゃい羽ですね~。

お池のお水を飲んでおります。





現在は上記↑撮影時より、嘴も伸びてだいぶ大人びた表情も見せるように
なりました。しかし、環境が良いようでお引越しをする予定はないようです。



↓↓↓ポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2012.08.14 Category: マガモ  Comments (0) Trackbacks (0)

チゴハヤブサの餌渡し。

チゴハヤブサの♀が、餌はまだかと♂を呼んでいます。


雌の背後から雄がトンボをくわえて急接近。

雄がホバリングして雌に渡そうとしています。



しかし、雌が「そんなちいちゃいのじゃダメ~!と、餌受け取りを拒否。


仕方なく、雄は飛び立って、近くの枝で小休止。「ちっ、うちのカカアは気ぃ強ぇなあ」
と、言わんばかりです。 

しばらく考えた後、自分で巣に運んでいきました。

どこのお宅も夫婦の立場は同じですな~ww妙に納得する親父であった。

雄が数回巣へ自分でトンボを運ぶと、やっとお許しが出たのか、
2羽で同じ枝に止まって仲睦まじくしておりました。


↓↓↓ポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2012.08.12 Category: チゴハヤブサ  Comments (3) Trackbacks (0)

海水を飲むアオバトの群れ。

オホーツクに3度。今回は、その後、フラミンゴがどうしているかと
カラシラサギやシギ類を観察に。旭山動物園の捕獲作戦は一旦
中止されましたが、4日16時現在、件のフラミンゴは元気でした。


その様子を見行く途中の砂浜にアオバトの群れがおりました。

10羽程度の群れで、海岸線の林と砂浜を行き来して海水を
吸飲してました。

一説ではミネラル補給のためと言われていますが、彼らがなぜ海水を
飲むのかはまだ解明されていません。


頭部を海面に突っ込んでゴクゴク飲んでますww

なにかのきっかけで飛び上がり、一旦林に戻り、また波打ち際に…
その繰り返し。 ハヤブサなどの猛禽に狙われることがあるので。

グリーンと紅と嘴のブルーがなんとも言えないカラーリングです。



↓↓↓ポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2012.08.08 Category: アオバト  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

markeeeagle

Author:markeeeagle
シマフクロウをはじめ、道内の猛禽や希少種を中心に気ままに撮って出し!ハクトウワシ、オオワシ、オジロワシ、オオタカ、クマタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、シマフクロウ、シロフクロウ、シロハヤブサ、エゾフクロウ、イヌワシ…猛禽に目がありません!

フリーエリア
にほんブログ村野鳥写真ランキングに参加しています。↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ジャパン・バード・フェスティバル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR