スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

飛びモノ・・・鋼鉄の翼。

空港周辺でバーディングしてたら、大きな合金の翼が目の前に。
ランディングする大きな猛禽を撮る練習のつもりで連射。


道民の翼よ...もっと力強く羽ばたいて欲しかった。


こちらはニアミス?結構小さめの機体のSKYMARKが、大きく見える
プロペラ機が着陸!こちらも存続が危ぶまれている...なんとかソフトランディング
してほしいものだ。


コムクドリは、平気な顔で鋼鉄の翼を眺めていた。


もうすぐ、地元の駐屯地の創立記念行事。一昨年は、@@周年で、ブルーインパルスが
演技を見せてくれたのを昨日のように思い出す。



ブルーインパルスは松島基地所属なので、あの3.11ですべて流されたのだ。
修理して今もこの機材は使われているのだろうか?

今年は、F15イーグルがやってくるらしい。〔画像はイメージです〕

イーグルといえば...やっぱり、ステラーズ・シー・イーグルだよな~。


↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Date: 2012.05.30 Category: コムクドリ  Comments (1) Trackbacks (0)

ノビタキ夫妻と、ヒバリと、キガラシと...。

姫リンゴのピンクの可憐な花が満開です。


ヒバリがそこら中におります。柵に止まるヒバリって初見です。何か咥えてますね。



ノビタキの奥さんも鉄条網の上でこちらを警戒しています。


だんなさんは、すぐそばでその奥さんを見守っています。
クリクリの黒目がたまりませんな~。


あなた~? あなた~っ! どこいったのあなた~ ったくもう!
ってかんじのスズメの奥さん。みなさん子育てに忙しそう。


あなた~~っ!早く交代して~っ チュンチュチュン!!


菜の花〔たぶんキガラシ〕の丘は、見渡す限りの黄色いじゅうたんです。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村






Date: 2012.05.28 Category: ノビタキ  Comments (0) Trackbacks (0)

コハクチョウの採餌とオオハクチョウの離陸。

ちょっと、鮮度が落ちてしまったこの春のできごと。
ハクチョウたちが旅の途中、郊外の分水路や田んぼにしばらく逗留していました。
夜明けとともに、ハクチョウたちはねぐらを出発、近くの田んぼで落穂を拾います。


くちばしを泥の中に突っ込み、根っこを食べたりもします。


4羽のコハクチョウの親子。昨春生まれた「みにくいアヒルの子」たちは、頭に少し
グレーがかっているだけで、ほとんど親と変わらない姿になりました。
ここで、少し体力を付け、生まれ故郷へ帰っていきます。


編隊飛行は空力的に一番合理的なのだそうです。誰にも教わらずとも、
本能でこのように飛べる彼らの遺伝子は凄いですね。

一方代わってこちらは、オオハクチョウのTAKE OFFの瞬間です。

実にエレガントな姿ですね。水面を蹴ったときに出る飛沫もきれいですね。

こちらがオオハクチョウで


これがコハクチョウ…違いがわかりますか?


↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2012.05.26 Category: コハクチョウ  Comments (0) Trackbacks (0)

マミチャジナイとアカハラ。

富良野の公園で、旅鳥マミチャジナイに出会えた。

傍らのスミレの花が春らしくていいですね。

マミチャジナイって変な名前ですが…由来をググると、まず鳥見子さんの
ブログにたどり着き…マミチャジナイって、眉茶????と書くのですが、
????の読みは、せき…、シナイと読むそうで、そのシナイはツグミの古語だそうです。
マミチャジナイのマミチャは、眉に線のある、茶色のシナイ(????)という語源なようです。
だそうです...さすが鳥見子先生!

しばらくすると、今度は樹上にもう一羽…

番いかと思いきや…こちらはただのアカハラでした。


新緑と黒い枝が織り成すデザインが美しい。


森の中にひっそりと咲く、オオバナノエンレイソウ。
亜種がたくさんあるので正確な種名は不明。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2012.05.24 Category: マミチャジナイ  Comments (1) Trackbacks (0)

ビンズイ&ホオアカ。

きっちり見たのは初めて…きちんと同定も初です。

ビンズイです。珍しくもないかもしれないですが…北海道では夏鳥です。

新緑がまぶしいですね。

富良野の郊外でした。

こっち向いてくれてもいいじゃない。


こちらも夏鳥のホオアカ。きれいな声でメスを呼んでいます。


おまけ…先日のチゴハヤブサです。まだ営巣は始まっていませんね。


↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村



Date: 2012.05.23 Category: ビンズイ  Comments (0) Trackbacks (0)

轟音戦隊、オオジシギじゃーっ!

じっじっじっじっじっ

じっじっじっじっじっ じっじっじっじっ

んん?なんだこやつ???? 若いキツネもびっくりして見てる。

ずびゃーくずびゃーく ずびびびびびびー

およそ鳥とは思えないその泣き声と、そのけったいな風体ww

ずびびびびびーずびやくずびやく


ズビャーク ズビャーク ゴゴゴゴゴゴゴゴゴーーーーーッ!

ゴゴゴゴゴゴーーーッ!イナズマ戦隊オーーージーーーシギじゃーーーーーッ!

彼方オーーーージーーーーー国よりの使者、旭川に参上ーーーーーっ!
ずびびびびびびーーーーーーっ!!!

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村



Date: 2012.05.22 Category: オオジシギ  Comments (0) Trackbacks (0)

チゴハヤブサの番いとマグノリア。


昨秋雪が降る前に植えた、庭のチューリップが美しさを競っています。

ガールマグノリアもこの冬の大雪で、かなり枝が折れましたが…大輪を咲かせてくれました。

アルプス乙女という可憐な名前で、はにかんだ少女を思わせる、姫りんごも開花しはじめています。
頬を撫でるそよ風に、すこしうっとりしながらPCに向かう…北海道は一年で今が一番良い時期です。


チゴハヤブサが今年も帰ってきました。

しかも番いで。数千キロを旅して、去年と同じ場所に戻って来てくれました。

条件さえ良ければ、昨年と同じカラスの古巣を使うそうですので…
同じ巣を使えば、同じ番いと言う可能性が高くなります。

また、今年も無事子育てを成功させてくれることを祈るだけです。

※チゴハヤブサの雛1羽が巣立つまでには、小鳥約300羽、トンボ320匹、セミ60匹を
餌として親が与えるそうです。それだけの豊かな環境と親の愛情が必要となります。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


Date: 2012.05.20 Category: チゴハヤブサ  Comments (0) Trackbacks (0)

キビタキ・ヤエザクラ・チゴハヤブサ。


八重の枝垂桜の淡いピンクと浅黄色の葉が、パステルトーンで何とも…

桜にはやっぱり寝殿造りが似合いますな~。

夏鳥たちも一通り勢ぞろいです。中でもキビタキは新緑に映えますな。


まだ、囀りがうまくできなくてブリブリブリブリ…って。

センダイムシクイも焼酎一杯グイ~ グイ~。



チゴハヤブサも帰ってきましたよ。お相手はまだ到着してないのかな?



↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2012.05.18 Category: チゴハヤブサ  Comments (1) Trackbacks (0)

旭川市内初確認ならず!ワタリガラスではない・・・

旭川地方気象台が桜の開花宣言を出し、その数時間後満開を…
当日私は、その標本木の桜を撮影していた。気温が一気に上がり
花という花が一気に咲き始めた。



その傍らで、追いかけっこをするカラスの群れが目に入った。
ハシボソに追いかけれれているカラスがやけに大きい。


先日網走で見かけたワタリガラスにそっくりだ…まさかこんなところに…


アップで見ると、くちばしの剛毛だとか、尾羽の中心が長く突き出ているなど
ワタリガラスの条件を満たしている。

何分、1度見ただけの希少種なんで、自分では判断しかねる。
野鳥の会の支部長からは太鼓判頂いたのだが…これが正式にワタリガラスと
なると、市内では206種類目となる初確認なのだそうだ。す、すごい。
ホシムクドリ、コオリガモに続きまた見つけてしまった…
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
その後、専門家に鑑定していただきましたが・・・残念ながらブトでした。
たいへん遅ればせながらご報告と訂正をさせていただきます。
イースト様ありがとうございます。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


Date: 2012.05.17 Category: ハシブトガラス  Comments (4) Trackbacks (0)

天売島リポート3・洋上のウトウ。

フェリーの甲板にバーダーが集結しています。
羽幌~天売の1時間半というわずかなチャンスも逃さないと
皆、グラスを覗いています。結構、近くを海鳥たちが横切ります。

最初に出たのは、腰が白く顔が赤くなっている繁殖期のヒメウ。
道内沿岸では比較的良く見られますが、RDB絶滅危惧IB類(EN)です。
・・・・・・・・・・・・・・・13年8月6日・・・追 記・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
根室のバードウォッチングガイド、高野建治氏のご指摘で
上記の個体はチシマウガラスだと同定していただきました。
またまた、識別能力の低さを露呈してしまいました。

続いて、海面スレスレを編隊飛行するのは、天売での海鳥の主役の1種。
ウトウがぶっといカラダで必死に羽ばたいています。


沖合で潜水を繰り返し、小魚を口にたくさん咥え、島の営巣地で待つ
ヒナに運びます。結構、あちこちに浮いて小休止してますね。

鼻のあたりに白い突起と白い飾り羽根。これは夏羽の特徴。


けったいな顔ですな…ウミスズメの仲間としては大柄ですね。


港が近づくと、にゃーにゃーと鳴きながらウミネコが登場。
潮風の香りと、にゃーにゃーという声に旅の風情を感じますね~。


↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2012.05.13 Category: ウトウ  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

markeeeagle

Author:markeeeagle
シマフクロウをはじめ、道内の猛禽や希少種を中心に気ままに撮って出し!ハクトウワシ、オオワシ、オジロワシ、オオタカ、クマタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、シマフクロウ、シロフクロウ、シロハヤブサ、エゾフクロウ、イヌワシ…猛禽に目がありません!

フリーエリア
にほんブログ村野鳥写真ランキングに参加しています。↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ジャパン・バード・フェスティバル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。