スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

コタンの鷲。

先週、カモが集まる分水路の上空でオジロワシを見かけた。
カモは大パニックも、オジロは涼しい顔でスルー。


毎年、ワシたちが集まる石狩川のコタンにもワシが
帰ってきたようだ。対岸に1羽。

その上の樹上にもう1羽。


こんなんや、

こんなのを、           早くまた撮りたい。

ワシに会えるのであれば、
ほかの事は     どうでも良くなる。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
Date: 2011.11.30 Category: オジロワシ  Comments (1) Trackbacks (0)

待ちぼうけ。ヤマゲラとミコアイサ。

彫刻のまちを自称するだけあって、旭川市内にはそこここに
色んなモニュメントがある。

これは、岩野勇三作のブロンズで「まちぼうけ」

旭川のまちの木に指定されているナナカマドの赤い実と
女の子の肩や頭に白いものが積もっていて「寒かろうに」

赤い実を啄ばむシジュウカラ。



換羽が済めば、真っ白い雪のようにキレイな羽になるミコアイサ。

待ち合わせ場所にやってきたのは、スズガモの♀で、あてが外れたようです。


ヤマゲラはいつも寂しげな目付き。見上げる視線の先には誰が映っているのか...

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2011.11.29 Category: ヤマゲラ  Comments (0) Trackbacks (0)

☆ホシムクドリ☆お洒落なモード系。

いつものフクロウのポイントは折からの雨で
人影も疎ら。しばらくメスの姿が見えず、1羽きり。


なにか目新しいことはないかと、帰りに分水路による。
スズメの群れや、ムクドリの群れくらいで見るべきものもない...

100羽くらいの群れなので、万が一なにか毛色の違う種が
混じっていないかとレンズを覗くと...

あれっ?何これ?

おおおおおおっ!!☆☆ホシムクドリじゃん?!!☆☆
凄い!もちろん初見初撮りです!! パリやローマの公園~中央アジア中国には、
数多く生息しているらしいですが、ここ日本、特に北海道では☆☆☆☆☆☆
星6つ!観察難易度6の超珍鳥なんです!!

おおおっと、飛びました... 一度群れに紛れると、探し出すのが大変。

見つけましたが、手前のムクドリにカブってます...


まぁ、何とか証拠写真ということで。
黒地に白ドット柄の出で立ちが、お洒落なヨーロッパのモード系ですね。
しばらく逗留してくれるといいんですが。

原産のヨーロッパや移入されたアフリカやオーストラリアでは
爆発的に増え、集団でネグラを形成し騒音や糞害で嫌がられ
残念ながら侵略的外来種100に選ばれている。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


Date: 2011.11.27 Category: ホシムクドリ  Comments (4) Trackbacks (0)

野鳥以外の世界はなんて自由なんだ。

わかってはいたものの、やはりフクロウ以外の被写体が
中々撮れない。ストレス溜まるわ~。



ならば、鳥の呪縛から放たれて、動かないものを
手当たり次第に撮って、ガス抜きじゃ~。

立ち枯れたセイタカアワダチソウ。逆光に映えるね。


これは、ヨシかアシかはたまたススキか...


鈍く光る夕暮れの雪原に、雑草の生命力。


解けかけ雪路面に、夕陽が反射する。
しょーもない写真ばかりでキョーシュクです。


写真は光と影とはいうが... ハクチョウの後ろを光の波紋が付いてくる。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


Date: 2011.11.23 Category: 野草  Comments (0) Trackbacks (0)

モノトーンの世界:フクロウとゴジュウカラ。

以前降った雪はほとんど解けていたが、
再び、週末にドカ雪...フクロウはどうしてるかな?

墨画のようなモノトーンの世界で、背景に保護色で完全に
同化しています。それにしても、良く遭難しないねww


先週はこんなだったんですよ。

それが、わずか数日で秋から一気に真冬だから...


シロハラゴジュウカラも雪の中に顔を突っ込み、餌探しに四苦八苦。

あった~~っ!って感じですねw


↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


Date: 2011.11.21 Category: エゾフクロウ  Comments (2) Trackbacks (0)

北海道のキツツキ7種大集合!

今日は、いつものエゾフクロウに会えたものの...
コゲラくらいしか収獲がなかった。

であれば、思い切ってアーカイブの中から、本道に棲む
キツツキ類7種を全て紹介しよう。小さい順番にどうぞ。

1.エゾコゲラ  14cm 本道固有亜種。本州のコゲラとは頭部の色が異なる。


2.アリスイ  17-18cm 道内で繁殖し、本州以南で越冬する。


3.エゾアカゲラ  23cm  本道固有亜種 本道では都市公園でも良く見かけます。


4.エゾオオアカゲラ 28cm  本道固有亜種 北海道RDB/留意種 最近は中々見る
機会がすくなくなった。


5.ヤマゲラ   29cm  本道固有亜種 本州以南に生息のアオゲラとは別種。


6.クマゲラ   45-55cm  環境省RDB/絶滅危惧Ⅱ類(VU) 天然記念物


唯一、撮影していないコアカゲラはじいちゃん先生のブログからどうぞ。
7.コアカゲラ 16cm 北海道RDB/希少種 ユーラシア大陸ではそう珍しくないらしい。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

Date: 2011.11.19 Category: コゲラ  Comments (2) Trackbacks (0)

永山新川にタンチョウ!そしてヒシクイ!

今朝の道新朝刊に、タンチョウが2羽市内の分水路に飛来したという記事。
タンチョウ永山新川に現る

いてもたってもいられず、時間を見つけて早速行ってきた。
残念ながら、あの美しいツルには会えなかったが...
代わりと言ってはなんだが、オナガガモの群れの中に
見慣れないのが一羽!!

なんと!ヒシクイじゃあないですか!!これはタンチョウよりも...

オオハクチョウと大きさを比較して頂くと、この個体は意外と小さい。

ハクチョウの群れにくっ付いて行動を共にしているようだ。


仲間とはぐれてしまったのだな、ヒシクイの越冬地は宮城の伊豆沼。
しかも、渡りのルートは太平洋岸なのだ。しきりに仲間を呼んでいる。

ハクチョウが飛び立つと後を追う。



白くて大きな鳥が...タンチョウ?田んぼの方へ行ったので後を追ってみた。

残念ながら、やはりタンチョウは夢幻か...。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村





Date: 2011.11.18 Category: ヒシクイ  Comments (2) Trackbacks (0)

ノスリとミヤマカケス。

フクロウに集団でモビングするカケスを度々見かけるが、
単体で見るとこれはこれで愛嬌があって面白い存在だ。

雨覆の瑠璃色がきれいだ。本州以南のカケスと違い、頭部は白くない。

ノスリの幼鳥と成鳥をそう離れていない2ヶ所で見ることが
できた。  まずは、顔がまだ黒褐色の若鳥が、電柱に。


電柱という発見されやすい人工物に留まる割りに、敏感で
すぐに飛び去る。

ふ~ん、翼の裏側はこんな感じなのか...

里山をひとつ越えるともう1羽いた。

顔も胴体もより白っぽい。こちらは成鳥だろう。

脚元のふわふわしたクリームの羽毛がキレイ。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村




Date: 2011.11.17 Category: ノスリ  Comments (0) Trackbacks (0)

ホオジロガモとオジロワシ。

石狩川にはこの時期になると、ホオジロガモやキンクロハジロなどが
多数帰ってくる。

のんびりと水中の小魚や甲殻類などを採餌している。

ホオジロガモの大群を追いながら、旭川に戻ってきたのか...

それとも留鳥か...オジロワシが、樹上で虎視眈々。


いきなり、ホオジロガモが飛び立った!

背後のオジロワシが飛んだのだ。悠然と飛びたったのを見てカモたちが警戒したのだ。

首を動かしながら、様子を伺っている。

両翼を広げると2.4mにもなるオジロワシ。実に優雅だ。

ホオジロガモの群れがだんだん大きくなって逃げてゆく。

恐らく200羽は下らないだろう。真冬にはもっと大きな群れになる。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2011.11.16 Category: オジロワシ  Comments (0) Trackbacks (0)

大雪の朝のフクロウ夫妻。

今朝、かなり積もった旭川市内。
早朝に、皆同じ画を求めて詰め掛けていた。

雪が降っても元気なエゾリス。

真っ赤なオンコの実を、むしゃむしゃ食べてます。
毒があるようなんだけど大丈夫なんだね。


フクロウは雪の中だとほんとに保護色。景色に溶け込んじゃってる。

顔に雪が積もっても全然平気です。まるで雪達磨。修行僧のように寡黙です。

もう1羽はどこかとさがすと...お気に入りのヒバの大木にいました。

「あら、見つかっちゃった?ここにいること皆には内緒でね...」

「わかったよ」.......     「恩にきます。」と言ってる様だった。

ウロの一羽のところに戻ると...あれ~、顔に積もってた雪、払ったんだね。
なんだか、にっこり笑ってるようです。


↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


Date: 2011.11.15 Category: エゾフクロウ  Comments (2) Trackbacks (0)
プロフィール

markeeeagle

Author:markeeeagle
シマフクロウをはじめ、道内の猛禽や希少種を中心に気ままに撮って出し!ハクトウワシ、オオワシ、オジロワシ、オオタカ、クマタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、シマフクロウ、シロフクロウ、シロハヤブサ、エゾフクロウ、イヌワシ…猛禽に目がありません!

フリーエリア
にほんブログ村野鳥写真ランキングに参加しています。↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ジャパン・バード・フェスティバル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。