スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

カワラヒワ・ヤブサメ・オシドリ・ムクドリ。

今夜は、今まで紹介しきれずにいた、ちょっと可哀想な鳥たちを。


まずは、オホーツクのカワラヒワ夏羽です。


つづいては、ヤブサメの幼鳥です。藪に隠れてよく見えません。


有名な巨大カニのツメの天辺にトビが留まっていました。


こちらは、オシドリの幼鳥と思われる個体。


最後は先日の調整池のそばで出会った、ムクドリの大群。


なんだか、有り合わせで作ったごった煮状態ですがご勘弁を。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
Date: 2011.08.29 Category: カワラヒワ  Comments (2) Trackbacks (0)

ハヤブサがえし。

幼鳥もすっかり成長して、親とタンデム飛行。

前の風切羽が欠けているのが親鳥。過酷な子育てで傷ついたのかな。

空中の受け渡しはやらないものの、幼鳥が親に餌を空中で強請る。


おおっと、親鳥が空中で反転しながら何かを捕らえた!

ツバメ返しならぬ、チゴハヤブサ返し!ブルーインパルスの背面飛行みたい!

チゴハヤブサの一家五羽がビュンビュン飛び交っているのは壮観だ。


3男坊のそばには親が必ず付き添っているようだ。

アイリングがはっきりして来てだいぶ精悍に成ってきたけど
まだまだ、瞳もまん丸であどけないね。


↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

Date: 2011.08.28 Category: チゴハヤブサ  Comments (1) Trackbacks (0)

正解はソリハシシギでした。


前回の問題は、アオアシシギの後ろに2羽いるシギは?
というものでした。正解はソリハしシギでした。

確かにクチバシが反ってますね~。何分にも初撮なんで...


おっとびっくり?ハクセキレイの幼鳥が物凄い数おりました。


それでは今夜の問題です!この鳥の名前はなんでしょう?

当年とって何歳?ってやつでしょうか?

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2011.08.27 Category: ソリハシシギ  Comments (0) Trackbacks (0)

アオアシシギですよ。

シギチって、からっしぎダメなんすよ。
道すがら、札幌近郊のとある調整池へ。

スマートで結構大きなシギがおりますよ...

運良く、愛護会の親切な方が「アオアシシギ」だと
教えてくれました。ありがとうございます、Hさん。

海岸ならイソメなどを食べるんでしょう、淡水だと水棲昆虫か
小魚を食べるんでしょうね?

おおっと、後ろに別のシギが二羽いますよ。

ここで、問題です。後ろの二羽はなにシギでしょう?

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

Date: 2011.08.25 Category: アオアシシギ  Comments (2) Trackbacks (0)

中尊寺のハスと釜石観音のスズメ。


先日の中尊寺金堂。伝統美ってのは様式美ですからな...。紅葉したらキレイでしょうな。

金堂の遺跡から昭和25年発見されていたのだが、平成までさらに50年以上の
眠りについていた「ハス」の実。2000年に80年ぶりに開花した「チュウソンジハス」

平泉・藤原氏の古代浪漫ですね~、またピンクと浅黄色の対比がキレイすね。


毛通寺の浄土庭園の池中立石は工事中でちょっとがっかり...。地震の影響かな?
みんみんぜみがウルサイほど鳴いておりました。

その後家内の故郷・釜石へ。街中は酷い被害。しかし山の上の観音様は無事。
遠くにミサゴが飛んでいたが、カメラに収められたのはスズメ位でした。


道北ではほとんど見られない、タダ・ツバメはどこにでもいましたね~。
いつでも撮れると思うと、そのチャンスを逃すね...。

大好評!八戸-苫小牧航路の、クロアシアホウドリを最後にどうぞ。


↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村







Date: 2011.08.24 Category: スズメ  Comments (2) Trackbacks (0)

八戸蕪島のウミネコ。

宮城岩手と被災地を回り、最後は八戸へ。
ウミネコの繁殖地である蕪島がフェリー乗り場のそばにあったので
寄ってみた。残念ながらとっくに繁殖は終わっており...


肝心の蕪島の岩場には1羽たりとも留まっておらず...
しかし、周辺の岸壁にはたくさんの親子がおりました。


幼鳥もすでに普通に飛び回っており...


特に珍しい海鳥ではないのだが...繁殖の様子が見たかったのだ。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


Date: 2011.08.20 Category: ウミネコ  Comments (3) Trackbacks (0)

巣立ち後のチゴハヤブサの給餌。

ほ~ら、トンボ獲って来たわよ~!

わ~い!トンボだ~!

んんん~んんまい!  

おいしい?よかったわ~

あれ~、母ちゃんどこいったのかな?

もう、一ちょ前にハヤブサ髭が生えています。
鼻の穴に蓋状のものが付いているのは、300kmもの高速で飛ぶと、
気流で空気が吸い込めなくなるかららしい。

あれ~、母ちゃんこんなとこに~!ねえ、もっと頂戴よ~!

わかったわよ、ちょっと待ってなさい!♪ケケケケケケ~っ!


↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2011.08.19 Category: チゴハヤブサ  Comments (1) Trackbacks (0)

ハイイロミズナギドリ!!!

先日のクロアシアホウドリに続いて、これまた
中々見られない連中に、航路上で出会えた。

おおおおお~!ミズナギドリ~!

おおお~、ミニ・アリューシャン・マジック!!
大きな鯨のようなシルバー・クイーン号に驚いて
逃げていきます。

そして、一部の方に大好評のクロアシくんを
再びどうぞww


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆追  記☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

野鳥大好きさんから、ハシボソではなく、ハイイロミズナギドリだとご同定
いただきました。訂正しました。野鳥大好きさん感謝します。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2011.08.18 Category: ハイイロミズナギドリ  Comments (2) Trackbacks (0)

アルバトロス!クロアシアホウドリ!

アルバトロス!!!  アホウドリの幼鳥?コアホウ?
八戸~苫小牧航路での素晴らしき出会い!!

どうやら、クロアシアホウドリらしいっす。
この個体以外にあと2個体。

苫小牧の港がかすかに見えたときに...海上に!!

3っつ出ました!!

確かにアシは黒い。しかしクチバシも褐色ですね。
アホウドリは、助走をつけないと、TAKE OFFできないんです。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村



Date: 2011.08.15 Category: クロアシアホウドリ  Comments (7) Trackbacks (0)

中尊寺金堂とウミネコと...

12日に苫小牧からフェリーに乗って八戸に着いた。
航路上には海鳥がたくさん。カモメには全然疎くて...
これって何カモメ?【鳥身子さんの同定でウミネコと判明!】


被災地・瓦礫と墓標のまちへ...墓参りに付き合った。
その写真はまた今度。
午前中は、平泉・中尊寺金堂と毛越寺と、世界遺産国宝めぐり。


みんみんぜみが鳴いて岩にしみいってましたよ。


とりあえず、宿・鳴子温泉からなんで、またゆっくりとUPします。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2011.08.13 Category: カモメ  Comments (5) Trackbacks (0)
プロフィール

markeeeagle

Author:markeeeagle
シマフクロウをはじめ、道内の猛禽や希少種を中心に気ままに撮って出し!ハクトウワシ、オオワシ、オジロワシ、オオタカ、クマタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、シマフクロウ、シロフクロウ、シロハヤブサ、エゾフクロウ、イヌワシ…猛禽に目がありません!

フリーエリア
にほんブログ村野鳥写真ランキングに参加しています。↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ジャパン・バード・フェスティバル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。