イソシギ・コチドリ・マガモの母子。


マガモの親子がお引越しでしょうか...川幅が30m以上もあるところを一生懸命
渡っています。

この時期にしてはヒナがまだ小さいですね。頑張れ~、クワックワッ!!

帰化植物らしき黄色い花が咲き乱れています。何て花なんでしょう?

傍らでコチドリがピーヨピーヨと喧しい。


川辺には、イソシギが独り寂しげに佇んでいる。

数時間待ちましたが、ついにカワセミは来ませんでしたww

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村



Date: 2011.06.30 Category: イソシギ  Comments (0) Trackbacks (0)

ホオアカ♂とノビタキ♂

ホオアカ♂ セルリアンブルーのフェンスとの対比がきれい。



ノビタキ♂ 早くも換羽し始めたのか?お顔がマダラになってきました。


ノビタキ幼鳥 それで隠れてるつもりですか...


モズ♂ 餌をくわえてどこへ?


彼女?プレゼントするのかな?それとも幼鳥?毛並みがフワフワです。


↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村







Date: 2011.06.29 Category: ホオアカ  Comments (1) Trackbacks (0)

やっと夏、やっと翡翠。

やっとカワセミに会えました。お魚くわえてます。

対岸ですか...しからば、対岸へ。

こんな市街地に近いところにも、蒼い宝石はいるんです。

二番子を育てているんでしょうね。

数回飛び込むも、お魚ゲットできず、行ってしまいました。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2011.06.27 Category: カワセミ  Comments (3) Trackbacks (0)

大雪山とクジャクと千島桜。


ここは、大雪山系主峰旭岳。2,000m級だが、緯度が高いため本州の3,000m級の
山岳の気象に匹敵する、その植生はアラスカ北部とほぼ同じだそう。
帰ってきてわかったのだが、じいちゃん先生やジントニック師は、このロープウェイに
載り、姿見の池周辺でギンザンマシコを狙っていたらしいっす。


日本で一番遅い花見が出来るのがここです。もうすぐ7月というのに
まだ、チシマザクラが咲いておりました。小輪で可憐なサクラでした。

森の奥深くからコマドリやウグイスの声。でも今日は鳥見ではなく、
麓の温泉に入りに来たのです...我慢ガマン。

エゾノリュウキンカの黄色い花に、クジャクの羽のような模様をした
クジャクチョウです。本州では高山帯でしか見れない蝶が北海道では
平地から見られます。


こちらには全国どこにでもいるキアゲハ。産卵しようとしているようです。

ひとっ風呂浴びて下界に戻ると、やはりいつものハヤブサが気になり
チェック。今年はニセアカシアの白い花がどこへ行っても満開ですね。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村






Date: 2011.06.26 Category: クジャクチョウ  Comments (3) Trackbacks (0)

ノビタキ親子2ショットとクマゲラ♂!


アオジはどこに行っても朗らかに囀ってるね~。シマアオジなんだと思うことにしようww

ほ~らこんなところにホオアカがいました。遅まきながら、今季初登場です。

堤防を走っていると...な~んだノビタ...あれ?なんか違うぞ。
ノビタキの子っこでした。クチバシがまだ黄色いでしょ。
おおっと、父さんが警戒してやってきました...子っこは餌だと思って、ア~ン。


クマゲラ父さん、眼と紅いベレーに光があたって、かっこ良過ぎ。
無事、巣立っていったようで、よかったよかった。

kawamura~☆さんが、長男の巣立ちを捉えてました!!ごいす~ww


↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村




Date: 2011.06.25 Category: ノビタキ  Comments (3) Trackbacks (0)

ハヤブサの幼鳥、狩りの練習。

指定席に二羽並んで仲良く留まっている。



一羽が畦道に降りた。白い羽毛が飛び散っている。ここは獲物の
解体場なのだろう。

小鳥の翼を獲物に見立てて、弄んでいる。
もう一羽が降りてきて睨み合い。

そこへ、親鳥が呼びに来た。さぁ~、狩りにでかけるぞ~!
俺も連れてって~、今行くから~。

さぁ、追いつけるかな?ビューーーーーン!!

ねぇ待ってよ~。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村






Date: 2011.06.24 Category: ハヤブサ  Comments (0) Trackbacks (0)

たんぽぽの種を食べるカワラヒワ。


カワラヒワの番が、たんぽぽの綿毛の元にある種を器用に食べていた。

こんな道端のたんぽぽでなくとも、原っぱにはたんぽぽはたくさんあるのに...

道端にエゾタヌキの亡骸が転がっていた。路肩から飛び出してこなければ
こんな、末路は辿らなかっただろうに。彼には、ここに出てこざるを得ない
なんらかの理由があったはずだ。南無阿弥陀仏。

タヌキ寝入りじゃないよ...

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


Date: 2011.06.23 Category: カワラヒワ  Comments (3) Trackbacks (0)

喚くオオヨシキリ、カルガモの親子、ハヤブサ幼鳥。


ギョシ ギョシ ギョシ 泣き喚く オオヨシキリ。


カッコー カッコー カカッコー カカッコー カッココー カッコカッコー♪
対岸でカッコウの二重唱。微妙にずれるのが楽しい。

おおっと、目の前の水辺にカルガモの親子。ヒナはだいぶ大きくなりました。



ハヤブサの幼鳥もすっかり自立しています。でもまだまだ、両親の脛齧り。
電信棒に留まっては画にならないね~。
自分で狩りが出来るようになるにはまだ1ヶ月はかかるだろうな。
巣立ってから1年間の猛禽類幼鳥の生存率は50%と非常に厳しい現実。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村






Date: 2011.06.22 Category: オオヨシキリ  Comments (2) Trackbacks (0)

キセキレイ巣立ち雛とカワラヒワ水浴び。


流れる小川のバイカモの上に乗っかって虫を探す、キセキレイの巣立ち雛。



今日は暑かった...カワラヒワの夫妻も、ぬるま湯のような温度だとわかっていても...

水浴びせずに居られないんだろう。オスは傍でやせ我慢。メスを見守る。



ノスリも上昇気流にのり、楽しげに上空で弧を描いていた。


↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


Date: 2011.06.21 Category: キセキレイ  Comments (0) Trackbacks (0)

身震いするノビタキ。

ブルブルっと。

水浴び後に羽を乾かすために身震いするノビタキメス。

キレイに羽繕いしているが、濡れ鼠のようでみすぼらしい。

羽毛が整ってないので幼鳥でしょうか。

オスは不安定なこんな場所や

こんな変わった場所がお気に入り。

雨上がり、林道で道に迷った。瑠璃色の宝石が2頭じゃれ合っていた。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村



Date: 2011.06.20 Category: ノビタキ  Comments (2) Trackbacks (0)
プロフィール

markeeeagle

Author:markeeeagle
シマフクロウをはじめ、道内の猛禽や希少種を中心に気ままに撮って出し!ハクトウワシ、オオワシ、オジロワシ、オオタカ、クマタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、シマフクロウ、シロフクロウ、シロハヤブサ、エゾフクロウ、イヌワシ…猛禽に目がありません!

フリーエリア
にほんブログ村野鳥写真ランキングに参加しています。↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ジャパン・バード・フェスティバル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR