禽賀新年。

新年明けまして
おめで鳥ございます。

皆さんに年賀状を贈らせてください。


そしてもう一枚。これは、東京のあなたに。


そしてさらにもう一枚、これは釧路のあなたに。


↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村



Date: 2010.12.31 Category: シマフクロウ  Comments (3) Trackbacks (0)

カラスに寝込みを襲われるエゾフクロウ。

今朝は物凄い冷え込み...マイカーのエンジンがかからない
ほどのシバレだ。
そんな朝でも、野鳥たちはいたって元気。
青空をバックに、ヤドリギの赤い実を啄ばむキレンジャク。


トラツグミは今朝もこの森に留まっていた。


数日前、ほぼ10ヶ月ぶりにあのウロにフウロウが帰ってきた!

フクロウしかり、トラツグミといい、キレンジャクといい、今冬は希少な野鳥がたくさん来てくれて
実に楽しい。

大あくびをする、フウロウ。


しかし、どこの世界にも厄介者ってのはいて、世に憚っている。
本当にカラスってやつは、嫌なやつだよね。人がせっかく眠ってるってのに...

真上に来てガアガアやかましいなぁ。

今度は、真横か!目をパッと見開いた。

危ないっ!!

あわや!すんでの所でウロの中に引っ込んで難を逃れる。
画面の下のほうに恐れ慄くフクロウの黒い目が写っている。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

Date: 2010.12.31 Category: エゾフクロウ  Comments (0) Trackbacks (0)

鵺(ヌエ)の正体・・・トラツグミ。

「ヌエの鳴く夜は恐ろしい...」の正体を見たり!
といっても、夜鳴く声を実際に見たことはないのだが...
フクロウやエゾリスを探していると...バーダーがこの
鳥を撮っていた。寅年があと1日で終わる日に出会えた
のに何か業を感じずにいられない。私は年男だから...

オンコ(イチイ)の実やツリバナの実を啄ばんでいた。


遠くから見ると、この派手なトラ柄も、カムフラージュされる
から不思議だ。

「ヒ~~~ッ ヒ~~~ッ」と鳴く声を、夜に聞きに来ようかな。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

Date: 2010.12.30 Category: トラツグミ  Comments (3) Trackbacks (0)

山、四十、嘴太、日カラ類大集合!

先日手に入れた、AF-S NIKKOR VR 70-300mm ED(中古)の
性能にはまずまず納得している。さて、今日からお休み...どこへ行こう?
雪原と化して、クロカンスキーのフィールドと化している公園に
エゾリスを探したが...この時期は早朝にしか会えず。
カラ類が餌台周辺で活発に飛び跳ねていた。
まずは、おなじみシュジュウカラ♀。


続いては、ひょうきんな風体のヤマガラ。


正面から見ると、ピエロメイクというか...目がテンです。


次にやってきたのが...コガラに良く似たハシブトガラ。
スが付くと、真っ黒いあの鳥にになっちゃいます。
黒いベレーがかわいいっしょ?


最後は、ミソサザイやキクイタダキと共に、国内最小級のヒガラちゃん。
さんや、くんや、ちゃん付けが嫌いな私でも。彼らにはちゃんを付けずに
いられません。


時々、エゾアカゲラもやってきます。みんな極寒の季節を乗り切るのに
精一杯です。



↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


Date: 2010.12.29 Category: ヒガラ  Comments (0) Trackbacks (0)

キタキツネのおしっこ。

クマタカの森で登場した、あのキタキツネの幼獣を家の前の
通りで見かけたので、車を停めた。

森からひと続きの河畔林伝いに、ここまで来たのだろう。

あれれ、樹におしっこかける姿はまさにイヌ科の特徴...片足上げるのはオスですね。


家に帰って、ふと窓の外を見ると...お向かいの玄関先に何か動くもの...
あれ、さっきのキツネだ。そういや、毎年冬になると、庭に足跡があると
思ってたんだよ。足跡が見えないだけで夏から夜な夜な来ていたのかも。

眼光鋭く何かを狙って姿勢を低くしながら、こちらに向かってくる。
シジュウカラが樹の根元にいたのを見つけたのだ...しかし鳥逃がす。

お~い、ここには何にもないよ...

シジュウカラが食べ散らかしたヒマワリの種子を漁るとお隣の敷地へ。
彼の一日のほとんどは食べ物探しに費やされる。冬本番はまだまだこれから
頑張って、生き延びるんだぞ。


↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村



Date: 2010.12.28 Category: キタキツネ  Comments (4) Trackbacks (0)

黄連雀数百に数羽の緋連雀。

探しても中々見つからないものですが...
偶然映っていることがあります。
数百のキレンジャクの群れの中に数羽の確率。

不明瞭ですが右下がヒレンジャクです。尻尾がキレイな緋色。

尾羽を扇形に広げると黄色の縁取りがゴージャスですな。


逆立ちしながら良く食餌ができますな。



↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


Date: 2010.12.27 Category: ヒレンジャク  Comments (1) Trackbacks (0)

キレンジャクの大群・市街地に現る。

じいちゃん先生からの情報を得て、
キレンジャクがわんさか来ているという地区へ。
国道の大きな交差点近くの大木とナナカマドの
街路樹の間を行ったり来たり...寄せては返す波の如く。


最低でも200羽の群れが、か細い声で鳴くと「リリリリリリ...」と
鈴虫のような涼しげな声。氷点下の朝に...。

車でそばに寄ってエンジンを止めると...今度は「カン、コン、カンッ!」と
ナナカマドの実が車の天井に落ちてくる。良く見ると、未消化の種子入りの糞も...。

UPで見ると、冠羽と隈取、朱の化粧に、衣の縁取りの黄。実に美しい鳥だ。


良く見ると、1羽だけのツグミも多勢に無勢...


ぶら下がって宙釣りになりながら器用に赤い実を啄ばむ。
離れた一群にノスリが突っ込んだが...カラスにモビングされ逃げ去る。
雪と、ナナカマドと、キレンジャク。わが町の冬の風物詩だ。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村



Date: 2010.12.26 Category: キレンジャク  Comments (3) Trackbacks (0)

Xmasの夕暮れとオジロワシ。

久しぶりのフィールド...クリスマスの夕暮れ。
いつもの見張り台にオジロワシのペア。



二羽が次々と、コガモの群れに飛び込んで行く。

でも、そう簡単には捕まらない。

仕方なく、川の水を飲む。武士は食わねど...ってやつか。

俺って...何してんの?と、居た堪れないオジロワシであった。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2010.12.25 Category: オジロワシ  Comments (0) Trackbacks (0)

バードウォッチカム・赤外線感知無人野鳥撮影システム。


バードウォッチカムで赤外線感知無人撮影した画像を連続再生。スゲーな。
ジョウビタキやルリビが普通に来る庭って...


↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2010.12.23 Category: バードウォッチ  Comments (2) Trackbacks (0)

オジロワシとオオワシの成る樹。

今夜は、先日のオジロワシの姿をした神とオオワシのなる樹の
未公開カットをお送りしよう。
まずは、橋の上からの俯瞰でサケを探す神。


いい表情してるでしょう。野生のあるがままの表情をこんな間近で...キセキだ。

私がわざわざ対岸から身を潜めて撮ってんのに~、対岸を車で
走るバカがいて、半分くらいは逃げて行ってしもた。


川原にもたくさんのワシたちがいて、必死に水面に獲物を探していた。



夕焼けを映す水面にシルエットがキレイだった。いつまでも眺めていたかった。


↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村



Date: 2010.12.21 Category: オジロワシ  Comments (1) Trackbacks (0)
プロフィール

markeeeagle

Author:markeeeagle
シマフクロウをはじめ、道内の猛禽や希少種を中心に気ままに撮って出し!ハクトウワシ、オオワシ、オジロワシ、オオタカ、クマタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、シマフクロウ、シロフクロウ、シロハヤブサ、エゾフクロウ、イヌワシ…猛禽に目がありません!

フリーエリア
にほんブログ村野鳥写真ランキングに参加しています。↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ジャパン・バード・フェスティバル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR