スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

守護神シマフクロウ降臨2.

昨晩に続き、降臨された神「コタン-コロ-カムイ」シマフクロウのお姿をどうぞ。
まず最初に舞い降りたのは、母鳥だった。

この画像↓だと左足首に青と黄のバンディングが有り母鳥と確認できる。

すぐに獲物を食べず、断崖の樹に留まっている幼鳥をしきりに気にしている。
こっちにおいでと誘っているようだ。

次にやってきたのは、威厳の有る父親だった。母が去ってから2時間が経過していた。
さすがに転寝をしそうになっていて、彼が飛来した瞬間にハッと我に返る。

羽角が他の個体より、上に跳ね上がっているように見える。


ゴールドの足環の幼鳥がやってきたのは、父親が飛び去ってからさらに
20分ほど経ってからだった。彼はやはり、フィッシングがまだ下手で、何度も
ジャンプを繰り返していた。



やっと、獲ったど~~っと、ちょっと得意気である。


第3部につづく。乞うご期待。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
Date: 2010.11.30 Category: シマフクロウ  Comments (1) Trackbacks (0)

神の鳥シマフクロウ降臨。

お待たせしました。昨日の深夜、道東遠征から帰って来ました。
峠はツルツル...今朝は自宅の積雪20cmです。冬将軍の本隊到着です。
まずは、網走・濤沸湖で斜里岳の向こうから上る朝日を待ちました。

ハクチョウ・カモ類が上空を低く飛びますが狙いが違います。
遠くをオジロワシが飛びましたが、近くには下りませんでした。

見切りを付け一路羅臼に向かい野鳥ぶらり旅が始まりました。

標津町の忠類川河口に差し掛かると、遡上するサケ狙いのワシたち!
数十羽単位で、木立に留まっています。何羽か飛び立ちこちらに向かってきます。

これは↑オオワシの幼鳥のようです。風切の切れ込みが美しい。
こちらは↓オジロワシ成鳥。


河口まで車を降りて歩いていると波打ち際に見慣れないカモが...

ヨーイ ドンっ! どうやらクロガモのようです。初見初鳥。


午前中には宿に到着、早速カワガラスがお出迎え。

近くの掛け流し温泉(源泉98℃)で身を清め、カメラを現場にセット。

豪華な夕食もそこそこに、常連さんが準備を始めました...カニの脚を咥えながら...
戦闘態勢に。車の中に三脚を立て、窓を開け「シマフウロウ」の降臨を待ちます。
ボボー ボーという鳴き交わしが聞こえますが...待つこと約2時間!っついに!

ビデオも回しながら、必死にシャッターを切ります。

岩の上から川底にいるヤマメに狙いを定めると、ジャンプ!

そして、またジャンプ!

見事ヤマメをゲットして丸呑みです。

シマフクロウ初登場で何とか、シマフクブログの面目躍如です...

シマフクロウ降臨第2部につづく。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村



Date: 2010.11.29 Category: シマフクロウ  Comments (9) Trackbacks (0)

やっぱりクマタカは飛びモノ!

なんだかんだともう撮影は終わりにするとか言いつつ...
やっぱり、クマタカかいっ!!シマフクブログじゃなく
タイトル・クマタカブログにするか~い?
大木の枝から鋭い視線と発達した聴覚で獲物を狙う。

飛んだ!一斉にシャッター連写音!カシャカシャカシャカシャカ/毎秒位かな。

んんん~、こういう翼の角度が一番イイイイイねっ!

笹薮の中で獲物を貪ること2~3分。再び、TAKE OFF!


いや~、前に回りこんでお顔を撮りたかった...


さていよいよ、明晩のうちに発って1泊3日で「シマフクロウ・タンチョウ・オオワシ
ツアー」弾丸遠征ツアーです。明日は羅臼からのUPにご期待ください。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2010.11.25 Category: クマタカ  Comments (3) Trackbacks (0)

猛禽と猛獣。

皆さん、連日連夜の猛禽にも少々食傷気味かも知れません...
今夜は四足、しかも猛獣特集!
まずは...北海道といえば、そう!エゾヒグマのトンコちゃんをどうぞ!

まさに、公園のクマの如く同じルート行ったり来たり。

運動不足と見えてかなりメタボですな~。
続いてこの方は誰でしょう?

シンリンオオカミは夜行性なので、ずっと寝ております。時々鋭い視線が!
鋭い視線と言えば、やはりブラック・パンサー!南海の?黒豹でしょう。


もの凄い声で唸っておりました。この眼で睨まれたら、固まってしまうでしょうな。
こちらは、大人気の小熊猫、レッサーパンダっす。ぬいぐるみみたいっしょ。


最後に、今朝の家の庭にやってきたハシブトガラです。
ヒメシャラの種子を食べにきました。わかってるんですねこの中に
種があるのがわかるんですね。今年は、100以上も開花したので種もたくさん。

冬場の非常食としていつでも食べに来てね。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村






Date: 2010.11.24 Category: ハシブトガラ  Comments (1) Trackbacks (0)

今朝のクマタカと、カワガラスと夕陽。

Nikonのレンズが修理中なので、ミラーレスのfinepixを持って
森をお散歩。ほほ~今日もいっぱいのお運びで、師匠お2人も...
今日は、Movieでも撮りますなんて言ってたんですが...段々その気になってきまして。
光線もいいし、被写体もいい表情で勝負してきます。


虹彩に光が入ると本当にキレイな瞳です。


光学ZOOMで450mm相当、さらにデジZOOMで倍。ノートリでこんだけの表現力。
ベルビアの色調を再現できれば...ミラーレスでもいいかなんて思ったり。

今日はこの辺でお開き。旭岳の温泉に家族を連れて行かねば...
天然ミネラルウォーターを汲みに行くと、そばの渓流に...
いかにもこういうロケーションに棲んでそうだなって、思って川面を見てたら
やっぱりカワガラス。

ひとっ風呂浴びたら、もう夕焼けに。まだ4時だっつうの。

空気が澄んでる分、夕景もキレイに感じます。


↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2010.11.23 Category: カワガラス  Comments (4) Trackbacks (0)

キタキツネとエゾリスとクマタカと...

住宅街に近い市民の憩いの森にエゾリスが棲んでいるというのは
北海道ではよくある事。

良く見ると、右前足指が白化している個体だ。


キタキツネは野鼠やこのリスなどを狙って公園内を徘徊。
こやつは、この春のの森で生まれた個体だと思う。

なんだかここ数日騒がしいな...とでも言いたげ。すまんすまん...


大人気の彼女の追っかけが増えてきて...もうそろそろ終わりにするからね。


いつもの愉快な仲間たちも、ご機嫌ナナメ?



我々が気づかないだけで、この森にはもっとたくさんの仲間が棲んでいる。
この冬をなんとかこの森で無事越してくれるだろうか...

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村



Date: 2010.11.22 Category: キタキツネ  Comments (4) Trackbacks (0)

ケージの中の絶滅危惧猛禽2。

旭山動物園で話題の「もうきん舎」で展示されている、絶滅危惧種を
紹介しよう。まずは、海鷲の王者【オオワシ】

ケージの中ではあっても、これほど近づいて撮れると興奮する。

続いて、オオワシよりその風貌はむしろ鷲らしい【オジロワシ】


ここで展示されている個体は、怪我や病気で担ぎ込まれたものが
ほとんどだ。このオジロも片翼の先端が欠損している。大空を見上げて
羽ばたきの練習をする姿は...意地らしい。


猛禽はケージの外、大自然の中にあってこそだよね。

今日の【クマタカ】です。相変わらず、ピン甘ですいません。
あまりにAFの調子が悪いので、カメラ屋さんに持っていったら
マウントの接合部接点がちょっと故障してたようで...道理で。


この野生のクマタカがこれだけUPで撮れること自体奇跡だよね。

来週はいよいよ羅臼遠征だというのに...レンズ間に合うかな...。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村






Date: 2010.11.21 Category: オジロワシ  Comments (2) Trackbacks (0)

ケージの中の絶滅危惧猛禽。

我が町の日本で一番有名な動物園のすぐ近所に、野生のにエゾフウロウが
今年も帰って来てくれた。【希少種(R)・北海道】

今日はお天気も良く、フクロウもまぶしさで中々寝付けないようだ。


このポイントには数年に渡って通っているが、5年以上も動物園には入ったことが無い。
ということで、鉄格子の中にいる絶滅危惧猛禽を見て帰ることにした。

まずは、ワシミミズク【絶滅危惧ⅠA類(CR)・環境省】国内では、シマフクロウに次ぐ大きさの
大型のフウロウだ。ⅠA類というのは、シマフクロウ同様、非常に絶滅が危惧される種。
ここでも、人工繁殖を試みているがまだ成功例はないようだ。

お、薄目開けてるね。体長は80㎝ はあるだろうか、でかい。

続いて、これは絶滅危惧種ではないが、北極圏で繁殖し、北米などで越冬する
シロフクロウ♂。バンクーバーまでこのフクロウを見に行くツアーが組まれるほどの
人気者だ。

かわいそうに、ストレスからか、首をロボットのように180°回転する動き何度も繰り返している。

♀はお腹のグレーの斑がもっとたくさんあるので区別が付く。

本来はここにシマフクロウの画像を入れたいところだが、
日本で唯一シマフクロウを飼育している、釧路動物園からやってくる予定で
「もうきん舎」を作ったのだが、今はオジロワシとオオワシしか入っていないのだ。

少しはなれたところに、フクロウではないが連日お送りしているクマタカの番が繁殖目的で
飼われていた。この番ではないが、何度か国内で人口繁殖・孵化成功例が
あるようだ。成鳥は頭部や腹部の羽の色が濃い褐色なのだな。

クマタカもまた【絶滅危惧ⅠA類(CR)】である。旭川市内の住宅街のそばの
森で観察されたのは奇跡に近い。早くカラスに追われることも無い深山へ移動して欲しい。



↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村






Date: 2010.11.20 Category: エゾフクロウ  Comments (3) Trackbacks (0)

まるごと北海道!アカゲラ・クマタカ・フクロウ...。

本日早朝にもクマタカはいたが、すぐ見失う。なんたって、岡に登って
遠くばかりを見ていたんだが、すぐ目の前目の高さに止まっていて...
すぐに飛び去ったんです。なんで、普段中々見ることのできないww
クマタカのお尻と美しい鷹の斑をどうぞ。幅広で面積が広いんですね。

お尻だけじゃなんなんで、前からのショットも。


いつも見かける、アカゲラ♂のペア。じゃれあいながら餌探し。
兄弟なのかな...かくれんぼしています。樹の陰から顔を出して相棒が
いるかどうか確認する姿、ウケます。

そして、珍しく飛び出しも撮れました。


先週見かけた、エゾフクロウの未公開ショットを大サービス!



明日は、全てのポイントをパトロールしてまた新着画像をUPします。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村



Date: 2010.11.19 Category: エゾアカゲラ  Comments (2) Trackbacks (0)

クマタカ TAKE OFF!

お待たせしました。クマタカの第三夜です。大変な反響で、一気にブログランキング
BEST3に。皆様ポチッとありがとうございます。感謝を込めて、今朝撮りたての第3弾。

これぞタカという表情で獲物を狙っています。

光線の具合やアングルによってまるで別の個体のように見えます。


さぁ、いよいよ飛びますか、飛びますよ...飛びます飛びます!ほら!

ひ~~~は~~~っ!鷹の羽模様がきれいですな~。

クマタカの生まれ故郷、大雪の山並みは、この冬一番の美しさです。

この美しき大自然とクマタカを守って行きたいものですな~。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2010.11.18 Category: クマタカ  Comments (5) Trackbacks (0)
プロフィール

markeeeagle

Author:markeeeagle
シマフクロウをはじめ、道内の猛禽や希少種を中心に気ままに撮って出し!ハクトウワシ、オオワシ、オジロワシ、オオタカ、クマタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、シマフクロウ、シロフクロウ、シロハヤブサ、エゾフクロウ、イヌワシ…猛禽に目がありません!

フリーエリア
にほんブログ村野鳥写真ランキングに参加しています。↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ジャパン・バード・フェスティバル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。