オオワシの幼鳥との再会。

この時期、渡りの季節にはちと早いが、気の早いやつが
到着したのでは...と、オホーツクを彷徨う。
網走のこの湖畔で、ようやく発見。

おおう!二羽いるぞ、しかも二羽とも幼鳥。上はオジロかな?
オオワシはサハリンなどロシア極東でしか繁殖しないので
昨秋来て、そのまま帰らずこの湖畔で夏を越したのだろうか。
一羽にはあっという間に飛ばれた。前に回りこんで...

ぐっと寄って。クチバシ全体が黄色いのでオオワシに違いない。


おおう!近づきすぎてやっぱり飛ばれた~。

TAKE OFF! かっちょえええ。

幼鳥とは言え、この美しき風切羽をご覧よ。シビレルね~。


トンビとその大きさの違いをご覧あれ。


ほかにも、ホオジロガモ♂やコオリガモ♀のUPとか
色々あるんだけど、オオワシ見ちゃったらほかは
どうでも良くなっちゃうんだよね。うんうん。
↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


Date: 2010.10.31 Category: オオワシ  Comments (5) Trackbacks (0)

シマエナガ×ホオジロガモ。

秋色の森に再びシマエナガの群れを発見。

じっとしていないので、フォーカスが難しい。


ピン甘々ですいません。

石狩川の中流域にホオジロガモの100羽近い群れを発見も遠い...

こちらは、キンクロ?いやスズガモでしょうか...


さて、明朝からどこへ行こうかな...

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2010.10.29 Category: シマエナガ  Comments (3) Trackbacks (0)

ミサゴとオジロワシのニアミス。オオハクチョウ逃げる。

いつもの分水路の鉄橋の前を通ると...いた~オジロワシ。


そこへ、翼が白い猛禽が1羽接近!

ふえ~~っ!!この海から100kmも内陸の旭川にミサゴっ???

昨年、三陸岩手北山崎で見て以来のミサゴ。しかしなんでまたここに...
ANA機が大雪山にニアミスするよりさらに危険な香りが...

オジロワシも意を決したか?ハクチョウやオナガガモの群れに向かってTAKE OFF!


おおっ!この勇猛果敢な飛び姿...萌えるな~。

ミサゴとオジロワシを上空に見たカモやハクチョウたちは
たまったもんじゃない。緊急スクランブルで逃げ惑う。
オオハクチョウはおっとり刀。エレガントに避難ww

つ~か、オジロが飛んだ方向を追ってどうすんねんって。

おおおっ、アルビックス新潟のエンブレム...

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2010.10.28 Category: ミサゴ  Comments (7) Trackbacks (0)

紅葉真っ盛りのマイガーデンとバードフィーダ。

今年も我が庭に紅葉の季節がやってきた。

今年初めて開花したヤエザクラのピンク。

奥から、コロラドモミ・コンカラーのグリーン。
種が飛んできて自生したシラカバのイエロー。
 
ミントブルーのコロラド・トウヒ・ホプシー。
ギンドロ/ホワイト・ポプラの葉の裏は真っ白。
手前のドウダンツツジは真っ赤に燃えている。

カナダ国旗のように紅のアメリカハナノキというメイプル。
スカーレットという品種。まさに真紅。


毎年この季節になると、バードフィーダの準備に入る。
裏山からシジュウカラ、ゴジュウカラ、ハシブトガラなどのカラ類と
アカゲラなどがやってくるからだ。



市販のものから、自作まで色々試しているが、カラスにやられないための
工夫で毎年頭を悩ます。

今年はカラスが留まれない小型の竹製自作ドーム型と、市販のヒマワリフィーダの
併用に落ち着きそうだ。完成したらまたご披露します。
シジュウカラ用に牛脂をぶらさげておいたら、アカゲラが庭にやってきたのが
バーディングにハマるきっかけになったのだ。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村




Date: 2010.10.25 Category: ナチュラルガーデン  Comments (2) Trackbacks (0)

これからが本番、エゾナキウサギ。

今日は早朝から、再び十勝岳のナキウサギにアタック!
昨日からこの時期としては暖かく撮影には持って来いの陽気。
来て2時間ほどは、鳴き声ばかりでさっぱり出ない。
午前中頑張った方が帰って行く。こっからが勝負。
人気が少なくなった途端、レンズの放列の背後から鳴き声!
すかさず、踵を反すと...出ましたっ!


あちこちから声が聞こえる。



「んんん?誰か呼んだ~?」


「ピキピキ~っ!」 


「やっぱり誰か呼んだでしょう?だ~れ~?モグモグ」


「ふん?俺は呼んでないよ...」


「ナオキ~、違うナキオさん、ここにおいしそうな葉っぱがありますよ~」


なんだ、母さんか...「もうちょっと遊んでから戻るピキ~っ」


「じゃあ、先に帰ってますよ、ナキオさん。よいしょっと。」


ナキオにそんなに食べさせると、私みたいに太ってしまうぞ、母さん...


↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村




  
Date: 2010.10.24 Category: エゾナキウサギ  Comments (7) Trackbacks (0)

オオヒシクイとマガン@長都沼。

午前中は、大通にある富士フイルムフォトサロンに、
道新野生生物基金フォトコンテストの作品展に拙作を見に。
matsu_chan師匠の「ハヤブサに狩られたアオバト」や
SLUSHさんの「漂着したクジラ」の作品と共にしみじみと見た。

そして、午後から千歳の長都沼にマガンを見に行った。
お天気も良くバーディング日和。
早速、マガンが上空から大挙して帰ってきた。

しかし、良く見るとヒシクイではないか?

しかも、たぶん亜種オオヒシクイ!ここにやってくるのは
渡りのルートからほとんどがオオヒシクイらしい。

ナイスランディング!

手前のクチバシがこげ茶で先端が黄色なのがオオヒシクイ。
奥にいて、クチバシの根元から額が白いのがマガン。マガンはひと回り小さい。
いずれも準絶滅危惧(NT)である。

もっとゆっくり見たかったな~。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村




Date: 2010.10.23 Category: オオヒシクイ  Comments (8) Trackbacks (0)

シマエナガたん。

余計なコメントはもういりません。

普段、「この子」とか「○○ちゃん」とか「かわいい」とか言わないように
してるのだが...「この子」だけは「カワイイ」以外の言葉が見つからない。


雪だるまでも、ケータイストラップでもありません。もうやばいっす。

けけけけけ~、ゲラゲラゲラ~という声が聞こえた。
声のする方へ。二羽のケラが笑いながらじゃれあっていた。


鬼ごっこしてるらしい。ゲラゲラゲラゲラ~。


うまそうやな~。でも腹の足しにならんな~と、今年生まれのキタキツネ。


ジジジジジジ~。コゲラタンも秋色に染まっている。

「カワイイ」とは別に思わない。しかしこの森での彼の役回りは、
まるで森の小人(妖精)のような...


↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村




Date: 2010.10.22 Category: シマエナガ  Comments (4) Trackbacks (0)

カシラダカ、マガン、ツグミ、セグロセキレイ。

ラムサール条約指定湿地、宮島沼。今回もタイミング悪く
マガンはお留守中。そりゃ、日中行ってもね。でも、また彼らに
会えた。ホオジロの類は同定が難しく、昨秋会ったときも確証が
なかったが...今回は間違いない!カシラダカ!


一度だけ、マガンのねぐら入りに出会えたことを今でも忘れられない。

以下、すべて未公開画像。この春の渡りの時期のものだ。緑の首輪(標識)を付けたのが
1羽いますね。


これは、多重露光のストップモーションじゃないよ。一糸乱れぬフォーメイションで
着陸体勢に入る。まるでブルーインパルス。



そして、今日もツグミに会った。赤い実を旨そうに食べていた。


うちの近所を流れる川で、セグロセキレイに会った。ハクセキレイは良く見るがセグロに
会う機会はそう多くない。


山々は紅葉のピークを既に過ぎた。これは2週間ほど前の三国峠付近。
錦秋という言葉がぴったり。日本人は紅葉とサクラを見るとドーパミンが
出るそうだ。


↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2010.10.21 Category: カシラダカ  Comments (1) Trackbacks (0)

ツグミ到着。秋色の森。シマエナガ...

お昼時に、郊外の森の道を走っていると...見覚えのある
小型四駆。おお、あれはたぶん、じいちゃん先生!
後を付いていくと...キャンプ場に入って行った。
駐車場に停めると、やっぱり先生だった。
「嵐山のクマゲラはまだだな~。アカハラの群れがいたな。」
「この森にもエゾリスがいるんだよ...。」
色々と、貴重な情報を頂く。そして、秋風のように爽やかな
余韻を残して、その青年のようなご老人は走り去っていったww
駐車場で、弁当を食べることにした。ナナカマドの赤い実やハウチワカエデの
赤が目に鮮やかだ。

エゾリスが遊んでいるのが見えた。弁当をそっちのけで、カメラを構える。

耳の冬毛が伸び始めている。

プレーリードッグのようなこのポーズがたまらない...。

ドングリをうまそうに食べている。


シラカバの木立に何やら野鳥の群れが大挙してやってきた。

ナナカマドの真っ赤な実を啄ばんでいるのはツグミだ。遙かロシアから帰ってきたのだ。



そこへまた別の群れ。シマエナガっ!10羽+とハシブトガラ5羽+の混群だ。
エナガはとにかくチョコマカ動くので、撮りづらい...。

短時間だが秋を満喫できた。じいちゃん先生ありがとう。

この赤い実目当てに、今年は冬鳥がいっぱい来てくれそうな予感。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2010.10.20 Category: ツグミ  Comments (4) Trackbacks (0)

コハクチョウの親子とスズガモ。

いつもの石狩川水系の分水路にコハクチョウが30羽ほど帰ってきた。
ハクチョウは家族単位で行動するのが、飛んでいても、水面で休んで
いても良くわかる。




マガモとオナガガモの群れの中に、数羽単位で毛色の違うカモを見つけることが
できる。これは(下)、スズガモの♀。



こちらはオスのエクリプスだろうか?


先日も紹介したホシハジロ♂(上)が3羽。近くにメスもいた。


これから、この渡りの中継地には色んなカモたちがやってくる。
旭川では珍しいカモを見つけるのが楽しみである。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村





Date: 2010.10.19 Category: コハクチョウ  Comments (1) Trackbacks (0)
プロフィール

markeeeagle

Author:markeeeagle
シマフクロウをはじめ、道内の猛禽や希少種を中心に気ままに撮って出し!ハクトウワシ、オオワシ、オジロワシ、オオタカ、クマタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、シマフクロウ、シロフクロウ、シロハヤブサ、エゾフクロウ、イヌワシ…猛禽に目がありません!

フリーエリア
にほんブログ村野鳥写真ランキングに参加しています。↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ジャパン・バード・フェスティバル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR