鳥納め&明けましておめ鳥ございます



大晦日というのに・・・大掃除もまだだというのに・・・鳥納めだけはしっかり行ってきました。しかしUPできる環境にないので・・・ 先に年賀状とオリジナルカレンダーの1月を公開します。
皆様のご健勝を祈っ鳥ます。 新年も皆さんの応援を胸に良い写真を寅せてもらえるようお願い申しあげます


↓ポチッと押してさらにランキングをさらに押し上げてください。1日1回お願いね。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


Date: 2009.12.31 Category: オオハクチョウ  Comments (0) Trackbacks (0)

俺たち猛禽属、09年Mybest.

恥ずかしながら、今年我ながら頑張ってネバッたな…ラッキーだったな。
という、猛禽類のショットを集めてみました。まだまだ、未熟なショットばかり
ですが、今年一年ポチッとしていただいたお礼といっちゃなんですが…

まずは、真冬のエゾフクロウから。

旭山動物園の裏山の展望台に毎年やってくるフクロウです。まだ今年は来てないですが。


そして、真夏にはチゴハヤブサの子育てと巣立ちを。

チゴハヤブサの幼鳥。


秋が来て、ノスリが渡りの途中、永山新川に立ち寄ってくれました。

TAKE FLITE!


冬将軍が近づくと共に、カモを狙ってオジロワシが姿を見せるように。
また、同じく絶滅危惧種のハヤブサも時折姿を見せます。




今年も、一年間拙いブログにお付き合い戴き、ありがとうございました。
来年は、機材も一新(予定)しパワーアップして皆様にお目にかかりたいと
思っております。それでは、良いお年を。そして…

↓ポチッと押してさらにランキングをさらに押し上げてください。1日1回お願いね。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


Date: 2009.12.28 Category: ハヤブサ  Comments (2) Trackbacks (0)

オジロワシのいる夕景。



今日はいつにもまして、キレイな夕焼けだった。オジロのカップルのシルエットが絵になる。
Merry Merry Xmas.

↓ポチッと押してさらにランキングをさらに押し上げてください。1日1回お願いね。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
押してくれたあなただけに…Very merry Xmas 2 U!!
Date: 2009.12.25 Category: オジロワシ  Comments (1) Trackbacks (0)

今日のオジロワシとエゾアカゲラ・ペア、そして…

今日も、近くに仕事があるとかこつけて、
新川でちょっと一服。するとなんということでしょう。
オジロワシが1羽そして、もう一羽。

JRの鉄橋のこんな高いところから、カモを狙っています。

そして、留まっている2羽がけたたましく鳴いたかと思えばもう一羽が
上空にやってきた。 たぶん、上空の1羽は親鳥なのか?
しかし、いくら呼んでも上空を旋回しただけで無視して行ってしまいました。

↓ポチッと押してさらにランキングをさらに押し上げてください。1日1回お願いね。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
押してくれたあなただけに…Very merry Xmas 2 U!!

それから、昨日ハイタカを撮りたくて旭山で2時間ほど
粘りましたが、撮れたのはエゾアカゲラのカップルや
シロハラゴジュウカラ、シジュウカラなどの飛びモノだけ。
でもこうやって、見ると羽の色がなんともきれいだすな。
フジクロームVerviaモードで撮るとシアンが強調されます。





空中の姿はやはり、小型戦闘機のように精悍ですね。
Date: 2009.12.24 Category: オジロワシ  Comments (0) Trackbacks (0)

身勝手な人間と新川のオオハクチョウ。





↓ポチッと押してさらにランキングをさらに押し上げてください。1日1回お願いね。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

石狩川水系牛朱別川分水路‐通称永山新川。 オジロワシを含め色々な野鳥が集まる人間にとっても野鳥にとってもオアシスだ。

ここは元々田んぼだったところに 牛朱別川が増水氾濫した場合を想定して人工的に作った巨大な水路なのだ。 下流で石狩川に合流する。

普段は樋門がわずかにしか開いていないので ほとんど止水に近く 流れも非常に穏やか。 カモやハクチョウたちとっては春秋の渡りの時期の中継地となっている。

建設当時には予測もつかないほど ピーク時には数万羽のカモたちが羽を休める。 一部の方たちが ハクチョウやカモに餌をやっている。 一方で野鳥を愛する人たちが餌をやらないように訴えている。 餌をあてにして本来はもっと南の地で越冬するはずが 居付いてしまう鳥たちもおり なるべく彼らに干渉せずに 静かに見守ろうというのが彼らの主張だ。

昨日餌やりや氷割りや周辺の除雪をしている方たちとお話をする機会があった。 「羽を怪我して飛べないハクチョウが2羽いるから彼らの世話をしている」というのが彼の主張だ。
私も自宅の庭に バードフィーダを設置しているから 冬場の餌のないこの時期に世話をする彼らの気持ちはよくわかる。

しかし 餌をやらずに自然のままに 飛べずに餌を採れないものは淘汰されるべきと考える愛鳥派の方々の意見もよくわかる。

ただここはそもそもが 人工的な水路であるから 自然ではない。人間がこの水路を作らなかったら ここにハクチョウが来ることもなく 餌やりをする人も 居付いてしまうカモも 傷ついたハクチョウも 存在しないことになる。
ましてやそのカモを狙うオジロワシがここに来ることもなかったろう。

餌をやりたい人も それを咎める人も 野鳥たちにとっては同じ 身勝手な人間に違いないだろう。

傷ついたハクチョウに餌をやっているおじさんは「また明日も来るから待ってろよ〜」とうれしそうに話し掛ける。彼の表情をみていると 癒されているのはハクチョウではなく 世話をしているおじさんの方なのだということがわかる。

自宅でシジュウカラに餌をやる私も同じだ。自己満足。身勝手な人間の欺瞞と言われても仕方ない。

しかし この餌やりおじさんを咎めるなら 使いもしない分水路を作った国・開発局と仲良くするのはおかしい。そもそも田んぼや原野であった環境を破壊してこの水路を作ったのは彼らであり その予算を通した議員を選んだのは我々市民である。

どこまでいっても人間は身勝手なのである。
Date: 2009.12.23 Category: オオハクチョウ  Comments (2) Trackbacks (0)

旭山のカラ一族 飛びモノ劇場。

今日も、旭山の裏山では、カラ一族が貴重な餌をめぐって熾烈な争いを展開。

ハシブトガラ同士はいつも喧嘩。「ここはワシのシマじゃゆうとるやんけっ!」


「ねぇ、僕も1個もらうよ」と、おっとりとした性格のシジュウカラ。


「ギョボッ!! ウエ~なんか変な味~」


「とっとと喰わんとなくなるで~」 「あちきも、1個いただきマンモス」と、ヤマガラくん。


「ペッ!ペッ!ギョボ~ッ、なんじゃこりゃ~」


「ほよっ???」


「なんか変だけど、まっいいか~」


「ウエッ!ヤンキーがきた逃げろ~」


「ギョエ~~~ッ!ゴジュウカラのやつ、3個も一遍に咥えてる~」
「空中浮遊術使えるから、平気やもんね~、ピョコ~ん」
「でも、これオチ考えてへんかったけど、どないすんの~」

「飛びモノだけに……オチない」… なんつって~ お後がよろしいようで、てけてんてんてん…
↓ポチッと押してさらにランキングをさらに押し上げてください。1日1回お願いね。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2009.12.22 Category: シジュウカラ  Comments (0) Trackbacks (0)

ウルルの森の齋藤慶輔獣医師。










映画「ウルルの森の物語」が公開されるにあたって 主人公のモデルになった 齋藤獣医師が 色々なメディアで取り上げられている。
先日 日テレ系で放送されたZEROでの特集を見た方も多いと思う。 彼は環境省釧路湿原野生生物保護センターの主任研究員として シマフクロウやオオワシなど傷ついた野生生物の保護・治療を行っている。

彼は2000年頃から ロシアの研究者と協力して「サハリンの石油ブラント・パイプライン」による野生生物の生息環境の悪化についても研究しているそうだ。電波発信装置をオオワシに取り付け その渡りを追跡繁殖地や越冬地について地道に調査研究している。

開発局の無駄な工事は全て廃止して このような研究に億単位で予算を付けるべきだ。渡り鳥である オオワシやオジロワシなどはロシア政府とのネットワークがなければ 大掛かりな調査はできない。つまりこの世界はひとつの空 ひとつの海で繋がっているから 世界全体でこの環境を守ることを考えないと意味がないのだ。

生態系の頂点にいる 猛禽を保護することは 森林や哺乳類そして微生物まで含めたマクロな視点での環境保全である。 シマフクロウが生きられる森を守ることこそが 我々が住むこの星を未来につなぐことになるのだ。

なんつって。

↓ポチッと押してさらにランキングをさらに押し上げてください。1日1回お願いね。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2009.12.21 Category: ナチュラルガーデン  Comments (0) Trackbacks (0)

【生存競争】カラちゃんとハイっタカ。

雪混じりの旭山。今日もさぞ、野鳥とバーダーで大賑わいだろうと
時間をずらしてお昼前に出動。ハシブトガラやヤマガラたちが、
我先と、フィーダからこぼれたヒマワリに群がっている。

「おいしいね~」

「コラ~ ワシの見つけた場所で喰ってんのは誰じゃ~」
「ここは、ワシのシマじゃゆうてるやろ~、何してけつかんねん!」
「喧嘩しなくてもこっちにこんなに、いっぱいあるやん。」

「ハッ ハイ、その通り~」

「今日は、一段と天辺が赤いっすね~」

「真っ黒いヅラのあんたに言われたないわ~」

「ハッ ハイ、その通り~」

「ギョボ~~ッ!ハイタカの野郎が来やがった!逃げろ~っ」

「飛びますッ飛びますッ」

カラスに追われてハイタカが近くに来た途端、カラちゃんたち、1羽もいなくなっちゃったww


「ハイッ タカっ!」

↓ポチッと押してさらにランキングをさらに押し上げてください。1日1回お願いね。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2009.12.20 Category: ハイタカ  Comments (2) Trackbacks (0)

オリジナル野鳥カレンダー完成。





できちゃった!
友達から このBLOGで紹介した画像を使った卓上カレンダー作ってほしいというリクエストにお応えし 作っちゃいました。
エレコムというメーカーの専用フォトペーパー+ケースのセットを電気屋さんで買ってきて 制作ソフトはそのメーカーのホームページからダウンロード。
http://www.elecom.co.jp/printgogo/index.html
一年分の月別カレンダーのファイルもあるので 画像とテキストを貼りつけるだけでチョー簡単だったよ。
サイズも色々あるけど 友達のプレゼント用はハガキサイズ。自分用はA6サイズの月めくりタイプ。

結構時間かかったけど…楽しかったっす。ハガキサイズの方はプラスチックのケース(スタンド)を買えば 普通のハガキサイズフォトペーパーが使えます。(50枚で350円程度)

皆さんも是非オリジナル野鳥画像でどうぞ。

↓ポチッと押してさらにランキングをさらに押し上げてください。1日1回お願いね。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2009.12.19 Category: バードウォッチ  Comments (0) Trackbacks (0)

ヤマゲラとヤマガラPartⅡ


ヤマゲラの♂に久々に会えた。比較的低い枝に留まっていたので、頭頂部の赤が
丸見えなのは初めてだ。

「初めて見た人~~っ、左手上げて~っ!」

「はっ は~~~いっ!!」

こちらはいつものエゾアカゲラ♂。「押忍っ!」



「何見てんだよっ」

「ヤマゲラじゃなくって悪かったな、あ~どうせオレはヤマガラですよ。」


↓ポチッと押してさらにランキングをさらに押し上げてください。1日1回お願いね。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2009.12.18 Category: ヤマゲラ  Comments (1) Trackbacks (0)
プロフィール

markeeeagle

Author:markeeeagle
シマフクロウをはじめ、道内の猛禽や希少種を中心に気ままに撮って出し!ハクトウワシ、オオワシ、オジロワシ、オオタカ、クマタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、シマフクロウ、シロフクロウ、シロハヤブサ、エゾフクロウ、イヌワシ…猛禽に目がありません!

フリーエリア
にほんブログ村野鳥写真ランキングに参加しています。↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ジャパン・バード・フェスティバル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR