スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

ノビタキと桜岡の綿羊。

時間がぽっかり空いたので、どこかに野鳥はいないものかと
トロトロドライブ。綿羊がのんびりと草を食んでいる。
綿羊って言い方懐かしくない?顔が黒いからサフォーク種かな?
それにしても北海道っぽい風景だよね~。
市街地からほんの15分ほど走った、クラークさんのホースガーデンの
裏手の丘陵を走ってみたが…キジバトぐらいかな。



あまり収獲もないので平地の河川敷沿いに。
モズとその幼鳥がこの辺にはよく見られる。



あとは…水田近くに、人懐っこいノビタキのノビコちゃんがいるくらい。


メスは地味な鳥が多いけど…ノビタキはオスと比較するとほんと地味だよね。
良妻賢母の鑑か?

↓ポチッと押してさらにランキングを押し上げてください。めざせトップ10!
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

ステファンの大きなお庭・美瑛マイルドセブンの丘。


スポンサーサイト
Date: 2009.07.29 Category: ノビタキ  Comments (0) Trackbacks (0)

怪盗黒ミンクあらわる。

今日も仕事で急遽フラノに行くことになり、国道をドライブ
していると、脇の草薮からニョロニョロと胴体の長い小動物が
飛び出してきた。慌てて停まるとこちらを一瞥して、Uターン。
元の藪に消えた。戦前から道内では毛皮用のミンクの養殖が
盛んであり、ピーク時には100万頭も飼育されていたようだ。
現在も、道東では飼育されているし、かつて捨てられたり、
逃げ出したものがかなり野生化しているのだ。

私もかなり昔だが、大雪湖でアメマスを釣ってそこらに置いて
おいたら、怪盗黒ミンクが咥えて逃げる後姿を見たことがある。
今回は、4頭。一番左振り返っているのが親ミンクと思われ…。


茶褐色のものが多いのだが、この親子は本当にビロードのような
高級毛皮、真っ黒だった。エリマキには最適では


ネットで拾った画像。水辺が格好の棲家だ。

こちらは見切り品。でもお買い得。

http://tksuzaki.web.infoseek.co.jp/snhm/d4/minku.htm
千歳鮭のふるさと館を泳ぐ、野生のミンク。すごく泳ぎがうまい!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%AF
ウィキぺディアからアメリカミンクの記述。

↓ポチッと押してさらにランキングを押し上げてください。めざせトップ10!
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2009.07.22 Category: アメリカミンク  Comments (0) Trackbacks (0)

田んぼのまわりの仲間たち。


アオサギが抜き足差し足でドジョウやカエルを狙っています。

キタキツネのコン太はのんびりあぜ道をお散歩。あくびをしています。

ノビタキのお母さんはお父さんがエサを運んで帰って来るのを待ってます。

そこへダッジ・チャージャーに乗った暴れん坊のヤッタくんがやってきました。
ブロロロロロロロロロロ~ドカドカドカ~

びっくりしたカモさんはあわてて逃げ出しました。
Date: 2009.07.17 Category: ノビタキ  Comments (0) Trackbacks (0)

風のガーデン。第1話「ルイへのオマージュ」

ロケといっても、本業の広告写真を営業自ら
撮りに行った程度のものなわけで。
天気がよかったので中々良い写真も
撮れたわけで。

拝啓、ルイちゃん今日風のガーデンに行ったんだ。
草取りをしているガーデナーが一瞬ルイちゃんに
見えたんだ。ほんとだよ。ルイちゃんに見えたんだ。
ガブさんも、キャンピングカーの中で
手を振っていたよ。

ガブさんの家からアプローチを進むと
たくさんのミツバチたちの羽音がしたよ。
ブーーーン。ブーーーンって。



↓ポチッと押してさらにランキングを押し上げてください。めざせトップ10!
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

Date: 2009.07.14 Category: ナチュラルガーデン  Comments (0) Trackbacks (0)

オオウバユリとヤマゲラの森。

動物園から園内放送とゾウらしき声が聞こえてくる。
日本一の動物園の裏山にはこの冬から春にかけて
大変お世話になった。アカゲラやヤマゲラ、カラ類に
エナガそれからシメやフクロウたちに楽しませてもらった。
その森に時間が急にできたので久々に行ってみた。

オオウバユリの群落が広がるだけで、さえずりが
ちっとも聞こえないので帰ろうと車で坂を下っていると
聞き覚えのある声で鳴きながら ヤマゲラがやってきた。
好奇心がこの森で一番強い。ワザワザ挨拶にお堂まで
降りてきてくれたのか。 朱色に龍の文様がある梁にくすんだ
グリーンが映える。 

 苔むした大木に留まると保護色で
見えなくなる。まるで忍者だ。

近くにはアカゲラも 長い冬をこの森で乗り越え
どこかで子育てしているのか 樹の洞などに首を
突っ込んで餌探しに真剣だ。お堂のお供えを狙っていたのかな。




↓ポチッと押してさらにランキングを押し上げてください。めざせトップ10!
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2009.07.11 Category: ヤマゲラ  Comments (2) Trackbacks (0)

立ち向かうべき そこに或る困難。


ヒトは 他の動物と同じように試練 困難 生命の危機に何度となく直面し それを乗り越えてなお 生きなければならない。

他の動物より寿命が長くなったのは もちろん人間だけが持ち得た 科学 医学のお陰である。だから他の生命体より長く生きてこの世に生きた証を何か残したくなるものだ。

しかし生と死とは表裏一体で 昨日まであんなに元気だった知り合いが 今日亡くなってしまう。諸行無常。空即是色。ドル箱を積み上げるのが夢だったのに志半ばで…。

パチンコが好きだったばっかりに 不条理 理不尽 卑劣極まりない 無差別殺人の被害者になり 無念の死を遂げてしまうヒトもいる。

有り金叩いちまうもんの火炙りで亡くなっては悲し過ぎるので…パチンコはなるべくしないに越したことはない。

わずか二年あまりでその一生を終えてしまう野鳥がいる。 百年以上生き続けるゾウガメもいる。
どちらも 定められた一生の間に ほぼ同じ数だけ 心臓が拍動するらしい。

例えば 一生の間にどの動物も 10億回心臓が拍動するとしたら 野鳥は1年で5億回も拍動するのに ゾウガメは1千万回しか脈打たないことになる。
簡単に言えば鳥のハツが百回鼓動する間に ゾウガメは二回しか打たないことになる。

話が本題から離れたのと 段々めんどくさくなったので続きは 今度また気が向いたときに…。と思ったがやっぱり続けると。

今度生まれ変わったら 俺はきっと シマフクロウかなんかになって 大空を飛び回るんだろうか?
いや… 一生のほとんどを地中で過ごし 地表に顔を出した途端に 野鳥食べられちまうミミズなのかも知れない。四季即是喰う。

人間が生まれ変わったら 次も人間だと思うのは奢りであり… 特に罪深き人間は…ミミズの糞として地上に出てきて終わりかも知れない。糞は植物の肥やしになってこそその存在を証明するのだ。

話がくど過ぎるな。じゃまた。
Date: 2009.07.08 Category: バードウォッチ  Comments (0) Trackbacks (0)

'09上半期 My best Part2 夏鳥篇。

引き続き、いよいよ希少種と夏鳥中心とした集大成です。
画像のクォリティは満足いかないものばかりですが、
今年の4月末から今月までの、貴重な出会いを
ご覧ください。


イカすイスカくん。



日本全国どこにでもいるトビですけど、やっぱ猛禽はいいよね~。


それは一瞬の出会いでした...川の宝石・カワセミ。石狩川のこの辺にカワセミがいたらな~
なんて、思いながら歩いてたら...向こうから目の前の樹に!


初見で図鑑を必死に調べたら、ホオアカでした。


カラーリングがちょっとペンギンっぽいノビタキ。電線が大好きなんです。



キビタキもこの日が初見でした。緑の木漏れ日とのコントラストがきれいでしょ。


森中に響き渡る美しい旋律の主はクロツグミでした。


日本三大美声テノールのオオルリ。美瑛の丘を探索中に声が聞こえて来たんです。



↓ポチッと押してさらにランキングを押し上げてください。めざせトップ10!
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

チゴハヤブサが楽しそうに3羽夏空に、超音速で。


師匠が教えてくれたポイントでエゾアカガラが子育て中でした。残念ながら巣立ちには...


そして、天然記念物にして絶滅危惧種のクマゲラについに会えました!しかも
巣立って間もないヒナと、今にも巣立とうとしているもう一羽。


希少種のほとんどは、じいちゃん先生の貴重な情報に依る物です。
ここで、あらためて師匠に感謝の意を表したいです。
さらにはこの北海道の貴重な自然と、希少な野鳥たちの保護について
真剣に考えるようになりました。
さて、次はどんな出会いが待っているのか...一期一会。


Date: 2009.07.05 Category: バードウォッチ  Comments (0) Trackbacks (0)

'09上半期 My best!希少種を中心に。part1

はずかしながら...この上半期に自分なりに精進した
結果を集大成してみました。希少種の大半がじいちゃん先生の
情報により、現地へ急行し撮ったもの。先生に大変感謝しています。
Part1は真冬2月から4月末雪解けまで。


ナナカマドを啄ばむツグミ


エゾフクロウ三態。

猛吹雪の中で。

ウインクしてる?


ヤマゲラ


ベニヒワ

マイブログの1番最初のページを飾ったのはベニヒワでした。

ちいちゃい苺ショートみたいにかわいいったらないね。



オオアカゲラ


オジロワシ三態。

高い鉄橋の塔の上からオナガガモを狙っています。

猛禽の中の猛禽。最高っす。


頭の羽をツンと立てて...ヒガラ。

 
人相いや鳥相の悪いのが損してます。シメ。名前も...

↓ポチッと押してさらにランキングを押し上げてください。めざせトップ10!
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村




Date: 2009.07.05 Category: バードウォッチ  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

markeeeagle

Author:markeeeagle
シマフクロウをはじめ、道内の猛禽や希少種を中心に気ままに撮って出し!ハクトウワシ、オオワシ、オジロワシ、オオタカ、クマタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、シマフクロウ、シロフクロウ、シロハヤブサ、エゾフクロウ、イヌワシ…猛禽に目がありません!

フリーエリア
にほんブログ村野鳥写真ランキングに参加しています。↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ジャパン・バード・フェスティバル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。