奇妙なカップル。

数年前から、数羽の羽を痛めたハクチョウがこの分水路に
住み着いている。というか、生まれ故郷に帰れずにいる。
春の渡りの季節に、仲間たちとどんなにか帰りたかったろうに。
既に仲間はこのオオハクチョウ以外に数羽。
夏鳥のアオサギとこの真夏のような炎天下に並ぶと非常に
奇妙な光景だ。

ハクチョウは20年以上寿命があるらしい。ここであと何回夏を
過ごすのだろうか。

もう少し上に、こちらは本格的なカップルがいる。
国際結婚?しかも同性同士?
以前紹介した、はぐれアカエリカイツブリもここでこの夏を
過ごすことに決めたらしいのだが、そのお相手がオナガガモ。
どちらも♂のはずだが。カイツブリの後をどこまでも付いていく。


こちらはまだあどけなさが残り羽毛もまばらなエゾアカゲラの♀。
新緑に赤いお腹が映えますな。



先日、初認したチゴハヤブサのカップルもまだ同じ森にいるようだ。
この鉄塔で、見張り番のメスらしき個体。近くで営巣し始めているのか?
もう少し先だろう。近くにマツの大木が集まる場所があるので調べて
みるか…。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


Date: 2010.06.15 Category: アカエリカイツブリ  Comments (2) Trackbacks (0)

アカエリカイツブリとエゾリスの営巣。

こないだ発見したエゾリスの巣穴。
ムクドリが横取りしようと、数羽でモビングしている。
せっかく手に入れたマイホームを盗られてなるかと、
エゾリスも必死で周囲を伺う。

今日は2頭がいっぺんに顔を出して、360度警戒体制。
笑っちゃ悪いがその姿がなんとも愛らしい。つがいだろう。

お~、出てきた出てきた。恐らく中にいるべビーの餌を採りに行かねば
ならないのだ。 


それにしても先日見た個体は毛変わり中で、もっと毛並みがまばらだったのだが…
この2頭が子供ということも…。

じいちゃん先生から、新川でアカエリカイツブリ情報を得て
現場へ急行。おおお~いたぞ~1羽だけだが。



もちろん初見である。そばに伴侶の姿はないので、迷い込んだのか?

周りには、水面に孵化した水生昆虫を捕食するイワツバメの群れ。

三角翼の小型戦闘機のようだ。


アオジが綺麗な声で囀っている。ギョシギョシとカエルのようなひょうきんな
ヨシキリらしき声も。夏鳥大集合の新川であった。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2010.05.28 Category: アカエリカイツブリ  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

markeeeagle

Author:markeeeagle
シマフクロウをはじめ、道内の猛禽や希少種を中心に気ままに撮って出し!ハクトウワシ、オオワシ、オジロワシ、オオタカ、クマタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、シマフクロウ、シロフクロウ、シロハヤブサ、エゾフクロウ、イヌワシ…猛禽に目がありません!

フリーエリア
にほんブログ村野鳥写真ランキングに参加しています。↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ジャパン・バード・フェスティバル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR