高級襟巻も泳ぐ春。

今日の分水路は、肌寒くオジロのランチタイムにも立ち会えず…
途方にくれた。こんなときは足で地道に…
ヒバリのさえずりに見上げると太陽に傘がかかっていた。

おおっと、遠くの中州で何か蠢いている。真っ黒…カラスか。
いいいいいや違う、クチバシがないもの!ありゃなんだ?ニョロニョロか?

なんだろう?んん?クロテン?もしかしてミンク?


まちがいない【アメリカミンク】だ。イタチの仲間で体長は40cm前後。嫌われ者の
特定外来生物です。連れてきたのは人間なのに厄介者にするとは…。
おおっと、水に入ろうとしています。

お~っ!入水です。


短い足で器用に泳ぐな~。ウナギイヌかっ!ww
橋の真下に潜り込んだ…端の上から俯瞰で。襟巻きが泳いでるみたいwwキレイな
毛並みだね~。

おおっと、上がりました。

つぶらな瞳で愛らしい顔してるんだよん。
でも、カモやノネズミそして自分の体位ある魚も食べちゃう完全肉食です。
牙が鋭いんだよ。佐渡のトキを襲ったのも、テンかイタチと言われてますね。

おっと、今度は岩場に上陸です。ネズミがいないか探す。


野鳥の収獲はなかったが、思わぬ珍客に満足の日曜日だった。
↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2010.04.18 Category: アメリカミンク  Comments (0) Trackbacks (0)

怪盗黒ミンクあらわる。

今日も仕事で急遽フラノに行くことになり、国道をドライブ
していると、脇の草薮からニョロニョロと胴体の長い小動物が
飛び出してきた。慌てて停まるとこちらを一瞥して、Uターン。
元の藪に消えた。戦前から道内では毛皮用のミンクの養殖が
盛んであり、ピーク時には100万頭も飼育されていたようだ。
現在も、道東では飼育されているし、かつて捨てられたり、
逃げ出したものがかなり野生化しているのだ。

私もかなり昔だが、大雪湖でアメマスを釣ってそこらに置いて
おいたら、怪盗黒ミンクが咥えて逃げる後姿を見たことがある。
今回は、4頭。一番左振り返っているのが親ミンクと思われ…。


茶褐色のものが多いのだが、この親子は本当にビロードのような
高級毛皮、真っ黒だった。エリマキには最適では


ネットで拾った画像。水辺が格好の棲家だ。

こちらは見切り品。でもお買い得。

http://tksuzaki.web.infoseek.co.jp/snhm/d4/minku.htm
千歳鮭のふるさと館を泳ぐ、野生のミンク。すごく泳ぎがうまい!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%AF
ウィキぺディアからアメリカミンクの記述。

↓ポチッと押してさらにランキングを押し上げてください。めざせトップ10!
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2009.07.22 Category: アメリカミンク  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

markeeeagle

Author:markeeeagle
シマフクロウをはじめ、道内の猛禽や希少種を中心に気ままに撮って出し!ハクトウワシ、オオワシ、オジロワシ、オオタカ、クマタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、シマフクロウ、シロフクロウ、シロハヤブサ、エゾフクロウ、イヌワシ…猛禽に目がありません!

フリーエリア
にほんブログ村野鳥写真ランキングに参加しています。↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ジャパン・バード・フェスティバル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR