スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

超過密・整列するアオサギ・ムクドリ。

川原でオジロワシなどの猛禽を探すも中々見つからない。
中州に凄い数のアオサギが集結している。

そろそろ渡りの季節、川沿いに下流へと渡る途中で
次第に大きな群れとなるのでしょう。

以前から気になっていたポイントがもうひとつ。
夕方のネグラ入りの時間ちょうど通りかかったので
車を降りてシューティングww

うぉぉぉぉおおおおおお~、なんじゃこりゃ~~!

うぎゃ~~、こりゃすごい、何百いや数千羽のムクドリ~っ!!

集合住宅というかカプセルホテルのように整然と
ネグラに並んでいます。彼らも、南へと渡るためにここに集合?
もう既に数週間はここにいるのだが...

上空から落し物がたくさん...危ないので避難。


ヒッチコックの鳥状態でちょっと怖いっすね。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
Date: 2011.10.04 Category: ムクドリ  Comments (2) Trackbacks (0)

ナナカマドの赤い実とムクドリ。

わが街旭川の鳥はキレンジャク。そして街の木はナナカマド。
キレンジャクだけでなく、ヒヨドリも、ツグミもこのムクドリも
ナナカマドの実が好物。真っ赤に熟すにはまだ早いが待ちきれ
なかったようだ。

ナナカマド取ったど~っ!と、自慢げである。

こっちも取ったど~っ!   まだ堅くてうまくなかろうに。

近くの電線にエゾアカゲラが物欲しげな体で留まっていた。


新川に行くと、羽を怪我して故郷に帰れなかった、オオハクチョウが。
もうすぐ、仲間が帰ってくるのが待ち遠しいことだろう。


アオサギは逆にまもなく南へと旅立つのだろう。



↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2010.09.16 Category: ムクドリ  Comments (5) Trackbacks (0)

雲ジイじゃ、あの鉄橋のつぶつぶは何じゃ?

雲ジイじゃ。あの、鉄橋の柱にまるで、標識灯のように
整然と並んでいるつぶつぶは何じゃ?

んん?何じゃろう?たくさんくっ付いとるのう。

もっと、ぐっと寄って見るかのう。

おおおっ、これは鳥の大群じゃ~。それにしてもたくさんおるのう。
後ろには、雲ジイの親戚の入道がおるぞ。

んん?向こうから、JRの列車が来たぞ~。おお!鳥が一斉に飛び始めたぞ。


あちらの木立に飛んで行ったぞ、雲ミ、いってみるぞ。

こちらのマツにもうじゃうじゃおるぞ~。

おおお、うじゃうじゃじゃ、これはムクドリの大群じゃのう。
それにしても整然と並ぶもんじゃのう。


トンビもあっけに取られておるのう。


↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


Date: 2010.08.19 Category: ムクドリ  Comments (1) Trackbacks (0)

トビの雛、ムクドリの子育て。

いつものキビタキは昨朝も元気に囀っていた。
メスとうまいこと行ってるんだろうか?


新緑に山吹色が映える。

コアカゲラとアカゲラが1本の木を巡って争って
いるシーンを目撃して夢中でシャッターを切ったが
ボケボケでお見せできないのが残念だ。これは
次回の課題としておこう。
その丁度反対側の大木に、トビの大きな巣があるのを
見つけた。

かなり大きくなっていて、羽ばたきの練習を始めたようだ。

トビが巣立つシーンを今度狙うつもりだ。

それから、移動してエゾリスの巣穴を探したが主は留守だった。
同じ樹の上にはシジュウカラ、下にムクドリの巣穴があるのを
見つけた。彼らも子育てにてんてこ舞いのようだ。

オスメスが代わる代わる3分間隔で餌を巣穴に運ぶ。雛の声がする。


巣の中の雛が狙われないか、巣穴に出入りするときは親自身も
捕食者のからの危険に晒されているのでキョロキョロと用心深く
周囲を伺ってから餌探しへと飛び立つのであった。


トビもムクドリもそしてキビタキも無事雛を育てて
欲しいものだ。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2010.06.07 Category: ムクドリ  Comments (2) Trackbacks (0)

ムクドリ団地と幻のチウベツカワラネコ。

野鳥を求めて、うちのすぐ前の河川敷を散歩。
向こうから、一瞬「キタキツネの子?」と思わせる
グレーの塊が歩いてきた...
おおっ、これは今や住宅地では駆除が進んで
あまり見かけなくなった「チウベツカワラネコ」では
ないか? どきどきしながら撮影すると 一瞥して
藪の中に消えた。 ほんとの幻?白昼夢だったのか。


その後、里山をドライブして黄色い帰化植物の
絨毯を眺めたり。


山を降りたところの電線に、ムクドリの三階建ての
団地があった。 整然と並んでいるが、井戸端会議を
するもの、羽繕いをしたり、ギャーギャー隣家に文句を
言ったりてんでバラバラ...姦しい ムクドリの奥様たち。


↓ポチッと押してさらにランキングを押し上げてください。めざせトップ10!
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

Date: 2009.06.28 Category: ムクドリ  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

markeeeagle

Author:markeeeagle
シマフクロウをはじめ、道内の猛禽や希少種を中心に気ままに撮って出し!ハクトウワシ、オオワシ、オジロワシ、オオタカ、クマタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、シマフクロウ、シロフクロウ、シロハヤブサ、エゾフクロウ、イヌワシ…猛禽に目がありません!

フリーエリア
にほんブログ村野鳥写真ランキングに参加しています。↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ジャパン・バード・フェスティバル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。