スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

旭川市内にアキアジ(鮭)到着!


神々が遊ぶ庭~カムイミンタラとアイヌの人たちが
呼んだ大雪山麓にある我が町。この海岸から200kmもある
内陸の地にも秋になるとサケが大挙して帰ってきていた。
それから40年以上市内の河川でサケを見かけることは
なかった・・・しかし、稚魚飼育放流のボランティアの努力が
実り、数年前からサケが少しずつ帰ってくるようになった。


オスたちはメスをめぐり、噛み付き合いの死闘を繰り返す。



メスたちは産卵床を尾びれを使って掘る。
湧き水があるところを見つけると、卵が定着しやすい
ように尾びれで小石をはねのけて、小砂利のベッドを作る。



はるかアリューシャンから生まれ故郷までの長旅でヒレというヒレは
擦り切れているが・・・母は猛然と子供たちのためにベッドを作る・・・


オスたちはまだけんかの最中。自分の遺伝子を残すため
最後の力を振り絞る。

そして、ペアになっていよいよ産卵へと・・・

まだその瞬間を捉えたことはない・・・近日中には・・・
今日のところは動画をどうぞ。


  ↓↓↓↓ポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
Date: 2012.10.30 Category: アキアジ  Comments (0) Trackbacks (0)

旭川市内にサケが大挙して還ってきた!

TVのニュースでご覧になった方も多いかと思いますが、
家のすぐそばを流れているし、車で3分ほど上流ということで、
早速、サケが遡上する姿を見に行ってきた。

野次馬も大集合してるじゃないか!この旭川市内に
これだけのサケが還って来るってことは、少なくとも50年ぶり
くらいの大ニュースなのだ。

凄いことなのです。ここは石狩川の支流なのだが、日本海から
少なくとも100km以上は遡上してきたのだ。
もうひとつは、サケの発眼卵を自宅の水槽で孵化させて、10万尾単位で
20年も放流してきた、民間団体があっての快挙なのだ。

実は数年前に深川にある頭首工に魚道ができて以来、数十単位での
帰還と産卵を確認していたのだ。これだけ還ってきたのは快挙といえよう。

これが、孵化したばかりの稚魚。お腹にイクラのまんま、卵黄を付けている。



ボロ雑巾のようになりながらも、生まれ故郷に還ってきた
サケたちに拍手!!産卵を無事終えるものも、果たせなかったものも、
最後は川原で土に還って行く。
バーダー的には、数年後にこの10倍ほどが還ってきて、オジロワシや
オオワシがやってきてくれるといいですな~。


↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


Date: 2011.11.06 Category: シロザケ  Comments (0) Trackbacks (0)

サーモン・フィッシングinオホーツク。

北海道を代表する魚と言えば、シャケを思い出す方も多いだろう。
今日は、この魚が釣りのターゲットであることを紹介させていただきます。
昨夕は、北見枝幸のとある港に入り、夕まづめを狙ったが…1ヒット1バラシに
終わった。 昨晩は紋別泊で今朝早朝に賭けた。
ここは、流氷砕氷船ガリンコ号が発着する埠頭に近い河口海岸。
 
まだ夜も明けきらぬ4時だというのに、河口の導流堤には10人足らずの太公望が
既に竿を振り始めていた。ターゲットは通称・鮭、学名はシロザケ。道内ではこの時期
数千キロ旅をして母川に還ってくる彼らに敬意を表して【アキアジ】と呼ぶ。

日が昇る前から堤の先端付近の釣人が、アキアジを釣り上げている。
何十回いや百回近く竿を振っただろうか…この釣りは独特でルアー・フィッシングで
有りながら、ウキとサンマなどの餌を使うタックルなのだ。
周りにいる釣人のほとんど全員が、釣り上げるかバラシているのに...
自分にはアタリすらない。ルアーをチェンジしたりウキ下/タナを調整したり
サンマ餌をエビやソウダガツオに変えてみたが、さっぱりだ。
心の中で何度も何度も念じる。「鮭来い、鮭来い、鮭来い...釣りの神様、海の神様...」

そして、ついに、彼はやってきた!フィッシュ・オン!!!!
およそ2年ぶりの竿の感触だ。釣りというよりは、中型犬に引っ張られるほどの
パワーだ。ボヤボヤしてると海に竿もろとも引きずりこまれる。
目の前のテトラポッドを掻い潜りながら、何度もリールから糸を出される。
そして、隣に居合わせた親切な釣人がタモ網にネットイン!中々元気な
婚姻色が入り始め、鼻が曲がったオスだ。



それから、数十分後に続けて2、3度あたりがあるも、のらないかバラシ。
そして、待ちに待った2尾目は、プロポーションのいい、銀毛のメスだった。

戻ってきたばかりなのに、こんなおっさんに釣られて可愛そうだが...
鱗がパラパラ剥がれ落ちるほどフレッシュでグッドコンディション!
お腹にはたくさんのイクラが...



ちょうどオスメス両方釣れ、しかもそれぞれの特徴が良く出ている
個体なので比較すると、上が♀。鼻先から眼の間隔が短く、顔も女性らしく
優しげ、オスと比較すると、胸ビレやサケ科の特徴である脂ビレガ小さい。
次に♂だが、上あごから鼻先が曲がり牙が突き出た獰猛そうな顔つき、
尾ビレを比較すると、オスは切れ込みが鋭角でV字型。メスは半月のように
丸みを帯びたカーブだ。 わずか4時間ほどではあったが、実に凝縮されて
充実した時間だった。 隣人にお礼をいい、釣り場を離れた。

普通の方ならここで終わりだが...私にはもうひとつの目的が。
そう、バードウォッチ。 近くにある大河の河口にオジロワシや海鳥を探す。
残念ながら猛禽は見つからなかったが、ウミウやカモメ類が、河口の先端に
集結していた。


これがすべて【チシマウガラス】だったらな~。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村







Date: 2010.10.10 Category: アキアジ  Comments (7) Trackbacks (0)

旭川生まれの野生のサケが還る日。

私は、バーダーである前に釣り師である。
日本国内では一部の河川を除き、河川でのサケ釣りは犯罪である。それだけに抑圧されているのか?
自宅の前を流れる石狩川支流・忠別川に、サケが大挙して上る夢を何度見たことか…
しかし、それがそう遠くない未来に現実になりそうである。

【カナダバンクーバー島でのキングサーモン釣り。自他共に認める釣り馬鹿である。】

昨秋10月20日付道新で、旭川市内の忠別川でサケ(シロザケ)の死がいや産卵床が発見されたことが報じられ話題を呼んだ。平成15年石狩川の秋月橋下流で、死がいが発見されて以来、毎年数尾づつ確認されているそうだ。市内の河川でサケの稚魚を放流活動行っている市民団体の、長年に渡る努力の結晶と言えるだろう。そもそも、旭川市内を流れる石狩川やその支流では、昭和30年代まで大挙して遡上するサケの群れを見ることができた。明治の頃までは、各河川の流域でアイヌの人々によりサケ漁が行われていたことも、今では忘れ去られようとしているが、元々旭川はサケのふるさとだったのだ。突硝山や神楽岡周辺の各河の流域では今でも川底から伏流水が湧き出ていて、サケの産卵の適地なのだそうだ。

昭和59年より、秋月橋の下流からサケの稚魚を放流しているのが「大雪と石狩の自然を守る会」である。毎年市民からサケの里親を募り、12月に受精卵を提供し各家庭の水槽で育て、3月には母なる川石狩川に放流している。先日、同会が主催する「サケゼミナール」に参加してきた。


サケの里親の方たちから、水温、孵化した稚魚の数などについて報告があり、また飼育上の問題点を話し合いが行われた。1尾でも多くの稚魚を元気に育てるため、水温を8℃程度に保つ工夫など苦労するそうだ。また、実際にサケの稚魚の孵化に成功し、現在2cmほどに育った稚魚を、里親の井本宅で拝見した。玄関の戸の開閉により水温を管理、また3月に入ると気温が上がるので、レジ袋に雪を入れ水温を下げ、一定に保つなど、人間の赤ちゃん並みに手間がかかるのだそうだ。


サケはタンパク源として我々の食卓に上るだけでなく、森と川と海とをつなぎ、ヒグマやオジロワシの貴重な餌となる。またその死がいは微生物によって分解され、有機物となって川や森の物質循環を支えているのだ。昨春からは水産総合研究センターからの稚魚が、忠別川と石狩川で各々25万尾の放流も始まった。

「国連国際生物多様化年」の記念すべき年に、市民たちの手で育てられ放流されたサケが、はるかアラスカ湾までの旅から帰還するのは早くて3年後の秋。旭橋の上からたくさんのサケたちが見られる日も、そう遠くないはずだ。


オホーツク海で釣ったシロザケ。本当のナチュラリストはハンターか釣り師からしか
生まれないと言われる。

↓ポチッと押してさらにランキングをさらに押し上げてください。1日1回お願いね。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


 


Date: 2010.01.19 Category: シロザケ  Comments (0) Trackbacks (0)

旭川市内の川にアキアジ【シロザケ】遡上!

うれしいニュースが届いた。旭川市内のうちのすぐ裏の石狩川水系 忠別川でサケの産卵床とオスの死骸が発見されたというのだ。旭川市内へのサケの遡上が確認されたのは 2003年に39年ぶりに2匹が見つかって以降毎年数匹が確認されていた。


10月4日に旭川駅裏で産卵床を掘るメス。18日にはツインハープ橋下流でオスの死骸が見付かったそうだ。
以上 道新朝刊より。

札幌市内は日本海に注ぐ 石狩川の河口が近いため 支流の豊平川でサケの遡上が普通に見られるようになったが 海から150kmも離れた内陸のここ旭川で サケの遡上が復活したことが非常に喜ばしいのだ。

明治~戦後までは 自然産卵や東神楽の孵化場から放流されたサケが 旭橋の下にウジャウジャ還って来ていたとうちの父からも聞いたことがある。

上川のサケとアイヌ 瀬川 拓郎 (旭川市博物館)
http://hffnet.hp.infoseek.co.jp/forums/4th/segawa004.htm

食糧難の時代 密漁するものもあとを断たなかったらしい。
さらに明治時代には 私が住んでいる忠別川流域には数戸のアイヌの民が住んでおり現在の○○大橋付近には漁場が点在(まさにすぐうちのそば!) 一戸で数千匹のサケを捕獲し交易していたそうな。

自称オホーツク鮭漁師の私は ピーク時にひとシーズン百匹近いシロザケやカラフトマスを竿一本で釣り上げてきただけにうちのすぐ前の川原にサケが遡上する姿が見れる日が来たのが うれしさもひとしおだ。


20年以上も前からこの地でサケ稚魚を放流してきた市民団体の血と汗結晶だね。私は過去にかなりの殺生をしてきたので 来年から稚魚を育てて放流に協力しようかな?

サケ稚魚50万尾をツインハープ橋付近で放流
http://salmon.fra.affrc.go.jp/event/2009_0325asahi/2009asahi.htm

現在建設中の忠別川沿いのJR旭川駅周辺再開発事業が5年後くらいには完了して 忠別川河畔にサケが大挙して遡上してくる日がくるのが楽しみだ。
↓ポチッと押してさらにランキングを押し上げてください。めざせトップ3!
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

Date: 2009.10.20 Category: アキアジ  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

markeeeagle

Author:markeeeagle
シマフクロウをはじめ、道内の猛禽や希少種を中心に気ままに撮って出し!ハクトウワシ、オオワシ、オジロワシ、オオタカ、クマタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、シマフクロウ、シロフクロウ、シロハヤブサ、エゾフクロウ、イヌワシ…猛禽に目がありません!

フリーエリア
にほんブログ村野鳥写真ランキングに参加しています。↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ジャパン・バード・フェスティバル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。