聖なる鳥の島 天売島シリーズ① マミジロタヒバリ

島に渡ってまず1種目の珍鳥は、図鑑にも載っていないようなセキレイの仲間
マミジロタヒバリでした。

1-DSC_1155.jpg
1-3Y4A6101.jpg
どのくらい珍しいのかもわからず、一生懸命観察撮影しました。だまって待っていると、向こうからやってきて、ポーズを取ってくれる、気のいいモデルでした。
1-3Y4A6186.jpg
1-022.jpg
1-DSC_0952.jpg
同じセキレイの仲間で言葉が通じるのか??? ハクセキレイとにらめっこのシーンww
1-3Y4A6371.jpg
さらに、島ではさほど珍しくもないと寺沢さんがおっしゃる、シベリアアオジにも再会できました。普通のアオジと違い、胸まで灰色ですね。


↓↓↓ここをポチっと
お願い申し上げます↓↓↓↓

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
Date: 2015.05.19 Category: マミジロタヒバリ  Comments (0) 

ツメナガセキレイ、ノゴマ~夏鳥パラダイスinオホーツク。

1-DSC_7466.jpg
ハマナスなどには早かったですが、原生花園は草原性の夏鳥パラダイスでした。
1-DSC_7654.jpg
ノゴマは喉のオレンジを精一杯膨らませて、あちこちできれいな声で囀っていた。
1-DSC_7648-001.jpg

1-DSC_7620-001.jpg
動画もけっこう撮れたのでYoutubeにまとめてみた。ご覧あれ。あいにくの風雨でキレイな囀りをお送りできないのが残念。


一瞬ではあるが2羽が同じフレームに収まってくれた。1カットのみの2ショット!
1-DSC_7887.jpg
ツメナガセキレイも4羽5羽と姿を見せ、営巣準備に忙しく飛び回る番が・・・・
1-DSC_7985-001.jpg

1-DSC_7666-001.jpg
胸から腹にかけての山吹色が実にきれいだ。冬季には、ユーラシア大陸南部、インドネシア、アフリカなどで越冬する旅人だ。
1-DSC_8062.jpg

↓↓ここをポチっと
お願い申し上げます↓↓

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


Date: 2014.06.11 Category: ツメナガセキレイ  Comments (2) 

ツメナガセキレイ@サロベツ原野

子育て中なので、彼らの邪魔をしないよう撮影は短時間に・・・

ツメナガセキレイの黄色が新緑にまぶしい。

コバイケイソウの白い花の上に留まってくれた・・・なんともメルヘンだ。


口いっぱいに羽虫を加えている・・・ 給餌に忙しいのだ。

我々の趣味に付き合っている暇はないのだ・・・

「あばよっ!」  早々に立ち去ることにした。

 ↓↓↓↓ポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2013.06.21 Category: ツメナガセキレイ  Comments (7) Trackbacks (0)

タヒバリ、オオジシギ、ヒシクイ到着。

ハクガンの観察をしていた同じ場所になんとヒシクイやマガンも来ていた!


私たちが気がつかないだけで結構旭川を経由しているのかも・・・ 
嘴が長く直線的なので亜種オオヒシクイではなかろうか? 
ちなみに、ここまでの文章中に登場した3種はすべて絶滅危惧種である。

また、ハクガンのポイントから1kmもない場所で思わぬ旅鳥に出会う・・・


雪解けの荒地で何かをほじくっていた。

ん?エゾビタキ?・・・ビンズイ? いやいやタヒバリーーー!!
もちろん、今季初認・・・ というか初見初撮りである。

美味しそうなのを何度も叩きつけて、気絶させてからゴックンしてたww

それから、自宅へ帰る途中、ノビタキを初認。さらに・・・この輩の声が・・・

ズビャークズビャーク!ジジジジーーー! オーストラリアからの
長旅にも疲れも見せず、早速がなっていたオオジシギも初認!
地味な色合いばかりだが・・・どれも珍しい鳥なんですよ。


でもやっぱり・・・このハクガンには叶わないでしょう!

カモ目カモ科マガン属 【 ハクガン】 絶滅危惧IA類(CR)(環境省レッドリスト
ちなみにこのハクガンどのくらい希少かというと、シマフクロウやヤンバルクイナレベルなのだ!!

カモ目カモ科マガン属【 ヒシクイ 】 絶滅危惧II類(VU)環境省レッドリスト
カモ目カモ科マガン属 【 マガン】 準絶滅危惧(NT)環境省レッドリスト
チドリ目シギ科タシギ属 【 オオジシギ 】 準絶滅危惧(NT)環境省レッドリスト

↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2013.04.23 Category: タヒバリ  Comments (0) Trackbacks (0)

越冬セグロセキレイとハチジョウツグミ2ショット!

本道では夏鳥で、セグロセキレイが越冬するのは、ほんの少数である。
氷上でこの鳥を見たのはこれが初めてである。


ハクセキレイは、1930年代までは本道でしか見られなかったそうだが
徐々にその分布をひろげ、今では全国で繁殖する身近な鳥になった。
逆に、このセグロは分布域を狭めているそうだ。

ハチジョウツグミとの2ショットとなるとさらに珍しいのではなかろうか?


この時期、内陸の当地では野鳥を見るのが中々難しい。

シジュウカラや・・・

ヤマガラが精一杯・・・

たまにヒガラなどが・・・

エゾリスは餌場に比較的良く現れる。


クルミやヒマワリの給餌に真冬は頼って生きている。

僕の分はもうないの???

 ↓↓↓ポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2013.03.11 Category: セグロセキレイ  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

markeeeagle

Author:markeeeagle
シマフクロウをはじめ、道内の猛禽や希少種を中心に気ままに撮って出し!ハクトウワシ、オオワシ、オジロワシ、オオタカ、クマタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、シマフクロウ、シロフクロウ、シロハヤブサ、エゾフクロウ、イヌワシ…猛禽に目がありません!

フリーエリア
にほんブログ村野鳥写真ランキングに参加しています。↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ジャパン・バード・フェスティバル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR