天売島のチシマウガラスならぬ→ヒメウ【再々掲載】

[この記事は、2012年5月にUPしたものの、一部改訂版です。]

フェリーの甲板にバーダーが集結しています。
羽幌~天売の1時間半というわずかなチャンスも逃さないと
皆、グラスを覗いています。結構、近くを海鳥たちが横切ります。

最初に出たのは、腰が白く顔が赤くなっている繁殖期のヒメウ。
道内沿岸では比較的良く見られますが、RDB絶滅危惧IB類(EN)です。
・・・・・・・・・・・・・・・13年8月6日・・・追 記・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
根室のバードウォッチングガイド、高野建治氏のご指摘で
上記の個体はチシマウガラスだと同定していただきました。
またまた、識別能力の低さを露呈してしまいました。
ヒメウよりさらに希少な、絶滅危惧IA類(CR)(環境省レッドリスト)です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・13年8月9日・・・・追 記・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
結局、やっぱりヒメウでしたww おさがわせしました。



千嶋淳氏のブログからチシマウガラスとヒメウの識別点についての記述

続いて、海面スレスレを編隊飛行するのは、天売での海鳥の主役の1種。
ウトウがぶっといカラダで必死に羽ばたいています。


沖合で潜水を繰り返し、小魚を口にたくさん咥え、島の営巣地で待つ
ヒナに運びます。結構、あちこちに浮いて小休止してますね。

鼻のあたりに白い突起と白い飾り羽根。これは夏羽の特徴。


けったいな顔ですな…ウミスズメの仲間としては大柄ですね。


港が近づくと、にゃーにゃーと鳴きながらウミネコが登場。
潮風の香りと、にゃーにゃーという声に旅の風情を感じますね~。


 ↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2013.08.06 Category: チシマウガラス  Comments (3) Trackbacks (0)

5月の雪と鯉と川鵜。

GWというのに、荒れ模様の天気で、日中雪まで降った。
ふと見上げると市内の製紙工場、雪の空を鯉が泳いでいた。


被災なさった方々を元気づけるため、最北の地で鯉のぼりが雪の中
泳いでいます。

いつものMFも増水して、水鳥の姿も少なかった。

あまり興味がないので確認していないが多分カワウ。


ハシビロガモが5番いほど。川面で何かを長いを使って器用にすくって食べていた。


まぁ、暴風雨~雪の中やっと撮れたのはこんな感じ。

それでは、もう一度鯉のぼりに登場してもらいましょう。

がんばろう東北!バンガロー道北!?

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村



Date: 2011.05.02 Category: カワウ  Comments (2) Trackbacks (0)

ウミウはペリカン目。

長良川の鵜飼で有名なウは、川で漁するのにウミウだそうだ。
カワウは非狩猟鳥類なのに対し、ウミウは狩猟の対象として
認められていることも関係あるのだろうか...。今朝は、ワシを求めて
日本海へ。前回もそうだったが、今朝も物凄い荒天。


ブログ友のSLASHSURFさんのメインフィールドに海ワシを探すが...
オオセグロカモメ(未同定)を見つけるのが精一杯。

墨絵のような風景もまたいいものだ。

オジロワシを見かけたがあっという間に吹雪の海に溶けて消えた。
ワシを諦めて、港内に海鳥を探す。
カモメたちが水面に向かって急降下を繰り返している。


ウミウが水面に突如浮上。彼の獲物をカモメたちが横取りしようとしていたのだ。

物凄く大きな魚をパクっと丸呑みだ。ウはペリカンの仲間なので、へっちゃらなのだ。

そして、再びダイビング!


吹雪が一層激しくなってきた。旭川は晴れ間も見えたので、80kmも走ってここまで来たのに...。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村




Date: 2011.01.22 Category: ウミウ  Comments (2) Trackbacks (0)

オホーツク猛禽パラダイス【エピソードⅢ】

さぁ、三回に渡ってお送りした、オホーツク遠征紀もいよいよ佳境に。
きょうは、網走までの軌跡を【逆流】します。

まずは【網走T湖のオオハクチョウGメン'10】 古っ。


こちらは【オジロワシの見張り番夫妻】
クワクワクワッと高い声で、危険を感知するとアラームコールで喚起。

そして【海鷲の王者オオワシ】ク~っ!シビレルね~。肩の白い羽毛が
くっきりしてないからヤングアダルトかな…


彼らは【オジロGメン'10とオオワシのボスww】


こちらは、初見の【網走港のヒメウ】1羽で孤独だった。若鳥かも。
ウミウよりクビもクチバシも細いし、白い婚姻色の冠羽もない。


シノリガモの群れに混じっていた【スズガモ雌のエクリプス】
同定の理由はクチバシの根元が白いこと…?


そして【FLY LIKE A SEA EAGLE INTO THE OKHOTZK SKY】


そして、プロローグに出てきた【吹雪の中の紋別M河口・オオワシ】
凛々しいね~。佇まいが王者の風格。シビレルわ~っ。
♪凍えそうなカモメ見つめ鳴いていました 嗚呼嗚呼~ 紋別海岸~ 冬~景~色~。


あ~ちょっと、サービスしすぎ?続きは最終章に…。
↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


Date: 2010.03.23 Category: ヒメウ  Comments (0) Trackbacks (0)

ペリカン目ウ科 カワ~~ウッ!

ウという鳥がペリカン目だということは今日まで知らなんだ。

永山新川でこないだヒシクイらしき個体が2羽飛行しているのを
見かけて気になってまた行ってみた。ちょうど、中州の裏っ側に
隠れるように飛び去るのが見えたので、ヒシクイだ!と思い
対岸まで行ってみて、忍び足でちかづいてみると…
なんだ?この黄金バットのようなポーズ。全体のバランスもなんか不恰好…



んんんんんん、これはどう見てもヒシクイじゃないな。マガンでもないし。
たぶんこの前飛んでいたのはヒシクイだろう。でも今日いるのはウウウウウウウウウウ~ウッ!

初見だけど、嘴の下が黄色いし、胸も白いからたぶんカワウだろうな。
嬉しいような悲しいような失笑した。遠くの空を編隊飛行するこの一群はハクチョウか
それとも…ヒシクイか?空から水滴がたくさん落ちてきた…早く帰ろっと。

なんかフラッシュモーションみたいだね。

↓ポチッと押してさらにランキングを押し上げてください。めざせトップ10!
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村



Date: 2009.09.28 Category: カワウ  Comments (5) Trackbacks (0)
プロフィール

markeeeagle

Author:markeeeagle
シマフクロウをはじめ、道内の猛禽や希少種を中心に気ままに撮って出し!ハクトウワシ、オオワシ、オジロワシ、オオタカ、クマタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、シマフクロウ、シロフクロウ、シロハヤブサ、エゾフクロウ、イヌワシ…猛禽に目がありません!

フリーエリア
にほんブログ村野鳥写真ランキングに参加しています。↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ジャパン・バード・フェスティバル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR