特報!ハシボソミズナギドリ10万羽over@網走沖!

網走沖、チパシリ号船上!!

ズザザザザザザ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ズズズズズズザザザザザザザ・・・・・・・・・・・・・・・・・
まさに!アリューシャン・マジックならぬ、アバシリーアン・マジック!

ズバババババババ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジョワワワワワ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「はい!11時にーーーーーミンクーーーーーーッ!!!」


ズバッ!ドッパーーーーーーーンンンン!!!

ウウウウォォォオオオオオオオーーーーーーーーーッ!!

「3時に、アカエリヒレアシシギーーーーーーーッ!」



ウォォォォオオオオオオオオオオーーーーーーーーーーーッ!!

次回に続く!! ウォオオオオオ-ーーーーッ!

↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村



Date: 2013.05.18 Category: ハシボソミズナギドリ  Comments (4) Trackbacks (0)

知床羅臼のハシボソミズナギドリ。

今夜は、世界自然遺産・知床半島羅臼沖の海鳥たちとの出会いをお送りします。
漁船と勘違いして、おこぼれをもらおうとフルマカモメが近づいてきます。


全体に灰褐色(淡色型)で、種名にカモメとつきますが、ミズナギドリ科です。
属名 Fulmarus や和名のフルマ、英名の fulmar はノルウェー語で「悪臭のするカモメ」の意がある
fulma に由来し、ミズナギドリ科の構成種は本種に限らず危険を感じると口から液体を吐き出す
防御行動を取ることに由来する。【Wikipediaより】
鼻管が発達していてマカロニのようであるww【私感】

ずんぐりむっくりな体である。繁殖期以外はほとんどを外洋で暮らすそうだ。

そして、NHKのBSのワイルドライフなどで有名な【アリューシャンマジック】の主役
ハシボソミズナギドリの群れが!!


船は刺激しないように遠巻きにしているのだが…やはり飛ばれてしまった。


【羅臼ミニマジック】と、言った所か…
こんなに沿岸に近い海域でミズナギドリが見られるのは、この海峡の水深が深く
オキアミなどの餌が豊富なことに起因するそうだ。
背景は当然、北方領土国後島という贅沢なロケーションである。


気が付くと、目の前にまたフルマカモメが…


↓↓↓ポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

Date: 2012.07.20 Category: ハシボソミズナギドリ  Comments (0) Trackbacks (0)

ハイイロミズナギドリ!!!

先日のクロアシアホウドリに続いて、これまた
中々見られない連中に、航路上で出会えた。

おおおおお~!ミズナギドリ~!

おおお~、ミニ・アリューシャン・マジック!!
大きな鯨のようなシルバー・クイーン号に驚いて
逃げていきます。

そして、一部の方に大好評のクロアシくんを
再びどうぞww


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆追  記☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

野鳥大好きさんから、ハシボソではなく、ハイイロミズナギドリだとご同定
いただきました。訂正しました。野鳥大好きさん感謝します。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2011.08.18 Category: ハイイロミズナギドリ  Comments (2) Trackbacks (0)
プロフィール

markeeeagle

Author:markeeeagle
シマフクロウをはじめ、道内の猛禽や希少種を中心に気ままに撮って出し!ハクトウワシ、オオワシ、オジロワシ、オオタカ、クマタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、シマフクロウ、シロフクロウ、シロハヤブサ、エゾフクロウ、イヌワシ…猛禽に目がありません!

フリーエリア
にほんブログ村野鳥写真ランキングに参加しています。↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ジャパン・バード・フェスティバル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR