我が庭で営巣したキビタキの痕跡。

今年の5月末に、庭のモミの木にかけた巣箱(シジュウカラ用)にキビタキが営巣し始めたのは、ご報告したが・・・ 本日、巣箱を取り外し内部を確認した。産座があり、卵殻が散在しているところから、間違いなく抱卵していたと思われる。しかし、6月中旬に巣箱が何者かに突かれ、部分的に破壊され・・・それきりメスの出入り姿が見えなくなった。それでも、オスが朝な夕なに近くの木立で囀っているので、この仮住まいを捨てて、近くに良い住まいを見つけたのだろうと推測していた。その後、7月中旬には2階の窓から、数回キビタキの幼鳥を見かけたので・・・良かったと安堵していた。きっと、幼鳥が挨拶に来てくれたのだと・・・ 自宅の2階から見えるコロラドモミの巣箱で営巣するとは、なんと素敵なことだろう。来年は開口部の広い、キビタキ用の巣箱をかけよう!きっとあの番いは帰ってきて子育てしてくれるだろう。
1-DSC_0194-001.jpg
カラスかキツツキ類に無残にも破壊された巣箱の屋根。
1-DSC_0207.jpg

1-DSC_0199-001_20141125002940e2f.jpg
産座の様子。やはりこの巣箱で抱卵していたのだ!
1-DSC_0198_201411250029399b7.jpg
巣材の中に、卵の殻が散在していた。
1-DSC_0202-001.jpg
卵殻。表側は少し褐色がかっている。

kibi_eiso05.jpg
5/30 18:56分メスが巣箱に入り、オスが外で見守る。

kibi_eiso06.jpg
翌5月31日09:22 メスが産座に座っているのか? 目だけが見える。

kibi_eiso07.jpg
同、9:55分巣材運びを始める。

kibi_eiso08.jpg
巣材を運んでは敷き詰めていた。

kibi_eiso09.jpg
6月5日、までは間違いなく抱卵していた・・・その後、キツツキかカラスに巣箱を突かれ・・・営巣放棄したものと推測される。・・・・来春はもっと丈夫な、開口部の大きい巣箱を用意して、彼らが帰ってくるのを待とう・・・・

↓↓↓ここをポチっと
お願い申し上げます↓↓↓

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
Date: 2014.11.25 Category: キビタキ  Comments (2) 

ウメヒヨドリ、ウメキビタキ、ウメマミチャジナイ×3

ウメヒヨドリ、ウメキビタキ、ウメマミチャジナイ×3回繰り返して言ってみろww
いきなり、早口言葉出始まりましたが・・・ 北国の遅い春もやっとピークを過ぎ
桜よりも遅く咲く梅の花と、季節の鳥たちを堪能してきました。

1-DSC_1945.jpg
まずは、花の蜜が大好物の、ヒヨドリです。吸蜜する種類は限られていて、
他の種よりヒヨドリは、じっと吸蜜してくれたので、大変良いモデルさんでした。

1-DSC_1955-001.jpg
きれいな紅梅と一緒だと、地味なねずみ色の羽衣も、
なんだかシックでおしゃれに見えますね。

1-DSC_1962.jpg

そして、以前から狙っていたけれど・・・・
なかなか梅には来てくれなかったキビタキ!やっと来てくれましたが、
ほんの数十秒のワンチャンスで満足の行くカットは無理でした。
1-DSC_2091-001.jpg
梅の蜜には興味のないキビタキは、きれいな声で囀りながら、
枝をピョンピョンと・・・さすが、ナルシス・フライキャッチャー・・・・

1-1-DSC_2131-001.jpg

1-DSC_2138.jpg
写真自体はイマイチのできですが・・・現場で、ピンクの花に、キビタキの黄色、くわえて新緑・・・・ 
まるで桃源郷にいるかのような、風流な景色でした。最後は、まったく期待していなかっただけに、
うれしかったマミチャジナイと白梅の競演です。

1-DSC_2077.jpg
やはり、地味な鳥ほど、梅の美しさが、逆に鳥を引き立てますね。
1-DSC_1820.jpg
さて、いかがだったでしょうか?皆さんのご感想をお待ちしています。
さらに、次回もウメがらみを!


↓↓↓ここをポチっと
お願い申し上げます↓↓↓↓

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村




Date: 2014.05.19 Category: キビタキ  Comments (0) 

ちょっと前に、プレイバック!










しばらく、撮影にも鳥見にも行けてないので、ここ二年以上前に撮った作品が中心で恐縮ですが…。

オオタカのお食事やら、驚くほど間近で撮ったオジロワシやら、クマタカの飛び出しなど…。

いつも見て頂いている方に、少しでも楽しんで頂ければと。

↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2013.10.24 Category: キビタキ  Comments (0) Trackbacks (0)

三度キビタキ。♀も初認。森の妖精との出会い。

昨朝、キビタキに会いたくて三度、高台の森へ。
いつものポイント、木洩れ日の中囀っていた。



ここ数日好天に恵まれたので、珍しくキレイに撮れた。
被写体がキレイだからか…。

近くでメスらしき個体も。

ヒタキ類のメスは一様に地味ですな。
パッと見、コサメビタキのように見えたが、オスと
じゃれあっていたのでキビタキで間違いないだろう。
2ショット撮ってみたいね~。


森の奥深く足を進めると、向こうから2匹の森の
妖精がトコトコ歩いてくるのが見えた。

この妖精たち、クマのようなおっさんが来たので
身を縮めながら、お互いの手とケータイをぎゅっと
握り締めながら足早に去って行ったww

振り返るとそこに、夏の妖精が羽を休めていた。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2010.05.31 Category: キビタキ  Comments (2) Trackbacks (0)

富良野に夏鳥大集合!!

サクラが北の大地にもやっと咲きました。

花という花が咲き、鳥という鳥が全て歌う季節。北海道の命が萌える季節。

こんないいお天気に仕事などしてる場合かっ。都合がいいことに
今日は美瑛富良野方面へ半日出張。

この風景がみたくてわざわざ国道を逸れる。十勝岳連峰を望む。

お昼ごはんを広げるのはこの沼の畔と決めている。
その前にちょっとラウンドしてきますか…どんな夏鳥が出るか
楽しみ。  おおおっと、いきなり目の前のやぶから飛び出したのは
クロツグミ!あんなに探しても簡単には見つからなかったクロツグミが
今目の前に!

この鳥は実に複雑なメロディを雄弁に歌うオペラ歌手のよう。
でも今日は練習の時間じゃなかったようだ。

ここは沼とは言っても水道の水源地だけあって、そこかしこから
清らかなミネラルウォーターが湧いているのだ。鳥たちにとっても
オアシスなのだ。さて、次は何が出るかな?

おおっと、湧き出す水辺にカワセミだ!ピントが合う前に飛ばれた!
証拠にもならないが…今年初見なので。


先日の強風で10m以上の大木が数本倒れたようだ。沼に落下した
倒木の周囲を見回す。おおおおおっ!今度は夏鳥の真打キビタキだ~。


木々が緑の葉を付ける前なので、この橙色は強烈な極彩色だ。
そもそも、この沼では毎年オシドリが数番い繁殖し、クマゲラの
巣穴もあると聞くに及んできたのだが、水鳥はマガモしかいないじゃん。

んんんん~。水面に水鳥が飛ぶ影。おおおっと、オシドリが昼休みに
帰って来たぞ!! オシドリは自分至上初!なのだ。やったぞ!!


冬鳥のマガモなどと違ってこのカモは日本にやってきて繁殖する夏鳥なのだ。

なんて綺麗な羽なんだ。逆に人口的な彩色に思える。

それにしても、オスが2羽とは…まさか同性愛?どこからとも無く
もう1羽やってきて3羽がもつれ合うように森の中へ消えた。このカモは
樹に留まったりする変り種なのだ。
冬場には、マガモ・コガモが越冬しオジロワシが沼に棲む大きなマスを
を狩るのを目撃したこともある。フクロウが棲んでいるという情報も
あり、ここは夏鳥にとってもパラダイスのようだ。今度じっくり一日
かけて鳥撮りまくるぞ~。さぁ仕事仕事…。

↓ポチッとおたの申します。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2010.05.14 Category: キビタキ  Comments (3) Trackbacks (0)
プロフィール

markeeeagle

Author:markeeeagle
シマフクロウをはじめ、道内の猛禽や希少種を中心に気ままに撮って出し!ハクトウワシ、オオワシ、オジロワシ、オオタカ、クマタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、シマフクロウ、シロフクロウ、シロハヤブサ、エゾフクロウ、イヌワシ…猛禽に目がありません!

フリーエリア
にほんブログ村野鳥写真ランキングに参加しています。↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ジャパン・バード・フェスティバル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR