カササギとミコアイサ。

コクガンを見た帰りに国道を走っていると・・・以前、苫小牧市内では出会ったことはあるが、札幌近郊でまさか?そう、カササギ前線はもう、札幌のベッドタウンまで進行していた。
1-1-DSC_0164.jpg

1-1-DSC_0166-001.jpg
雪の中なので空ヌケは仕方にないにしろ、電線に止まっており、全く色気がないですね・・・
1-DSC_0158.jpg
以前、苫小牧市内で出会ったカササギはちょうど光線がその濡れ羽に当たってとても綺麗だった。
blog_import_52ad725851180.jpg

blog_import_52ad725a599a7.jpg
もっとゆっくりじっくり撮らせて欲しいのだが、中々神経質で難しい。カシャカシャという
カメラのレリーズ音に似た「勝ち鬨」も聞かせてもらえなかった。本道と、九州にしか生息しないという
移入種である。どのように本道に入ってきたかは不明である。


おまけに、先日石狩川河畔で撮影した、ミコアイサ+ホオジロガモ夫妻をどーぞ。

1-DSC_0679.jpg

↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


Date: 2013.12.29 Category: カササギ  Comments (2) 

最北の[勝ち烏]カササギ。

九州や韓国などでは珍しくはないカササギですが・・・
20年ほど前から、本道でも繁殖しています。本州ではほとんど
生息していないカササギがなぜ本道に生息域を広げたのかは謎です。


雪の降る中、巣材を2羽で運んでいました。
弦が絡まる廃墟の前で・・・背景がごちゃごちゃして見にくいですな。


風切りと尾羽に光線が当たると、玉虫色に鈍く光ってきれいですね。


カラスの仲間ですので・・・大人しいそうな顔つきですが結構喧しいやつです。
本州にもいるかと思いきや・・・九州しかも佐賀周辺だけのようです。天然記念物に
指定されています。ただヨーロッパ含め朝鮮半島では普通種なんです。
秀吉が朝鮮出兵の際に連れてきたものが篭脱けして九州で繁殖してるらしいです。
別名「カチガラス」といって鳴き声が勝ちと聞こえるので、秀吉が縁起がいいと持ち
込んだと、いう説が有力です。 本州を通り越して本道の胆振地方に入った理由は
不明だとか・・・大陸から船員が持ち込んだものの篭脱けではないかと、いう説も
あります。

↓↓↓↓ポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2013.03.21 Category: カササギ  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

markeeeagle

Author:markeeeagle
シマフクロウをはじめ、道内の猛禽や希少種を中心に気ままに撮って出し!ハクトウワシ、オオワシ、オジロワシ、オオタカ、クマタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、シマフクロウ、シロフクロウ、シロハヤブサ、エゾフクロウ、イヌワシ…猛禽に目がありません!

フリーエリア
にほんブログ村野鳥写真ランキングに参加しています。↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ジャパン・バード・フェスティバル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR