待ってました!やっとキレンジャク!

1-DSC_9835.jpg
今年の当地はは雪が少なく、気温もさほど下がらなかったせいか・・・・
ツグミ以外の冬鳥が少ない印象。待てど暮らせど、レンジャクに会えなかった・・・

1-DSC_9952.jpg
2日連続、氷点下20度越えの朝・・・・やっと彼らに会えました!
1-DSC_9514.jpg

1-DSC_9894.jpg
黄色い尾羽、赤い蝋状突起、そして隈取・・・・エキセントリックな美しさ。
英名のBohemian Waxwing(ボヘミアン・ワックスウイング)の通り、神出鬼没なところがまた魅力だ。

1-DSC_9548-001.jpg

1-DSC_9520-001.jpg
旭川市の鳥に指定され、市民にもなじみの深い鳥だが・・・・年々、市街地に姿を見せる機会が減っている気がする。
1-DSC_9429-001.jpg

1-DSC_9619-001.jpg
彼らを待っていたのは、我々だけではなかったのだ・・・・
彼女も虎視眈々と・・・・


↓↓↓ここをポチっと
お願い申し上げます↓↓↓

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
Date: 2015.02.06 Category: キレンジャク  Comments (0) 

北帰行途中のキレンジャク大群!

道内で越冬したものもいるのだろうが・・・キレンジャクが続々と帰ってきた。
さらに北方のロシアを目指す途中、わが町で一時休憩と食餌。

1-DSC_0218-001.jpg
こんなもんじゃないんです。
1-DSC_0183-001.jpg
もっといるんです。
1-DSC_0198.jpg
もっともっと
1-DSC_0150-001.jpg
さらに、カメラをズームアウトすると・・・ねぇ!すごい数。これが連雀の名の由縁です。
1-DSC_0136-001.jpg
ざっと、250オーバーはおりましたよ。   電線の下には、雪が解けて姿を現したナナカマドの実がたくさんあり、それを狙って人間がいなくなるのを待っているんです。
1-DSC_0267-001.jpg
うひゃーーーーーー!!
1-DSC_0272.jpg
うわああああああああ、背筋がぞおーーーーっとしますね。でも、車の中でこのシーンを狙って粘りました。結構用心深いので、外に出ると絶対降りてきませんでした。
1-DSC_0277-001.jpg
キレンジャクの中にヒレンジャクも数羽混ざっていました。
1-DSC_0296-001.jpg

1-DSC_0219.jpg
真中のお腹が黄色で、尾羽の先端が緋色なのが、ヒレンジャクです。青空バックに、緋と黄が揃って実にきれいです。お別れの日も近いですが、もうしばらく我々の眼を楽しませて欲しいです。

↓↓↓ここをポチっと
お願い申し上げます↓↓

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

**************************** 追   記 ******************************************
いくら雪の下でチルド状態だったとしても、数ヶ月もナナカマドの実が腐らないのはなぜ? 
実は食品添加物として、パン、チーズ、ワインなどに含まれるソルビン酸が(ソルビット・
ソルビトール・ソルビン酸カリウム)細菌や酵母などの働きを抑えて、腐敗を防ぐからだ。
コンビニのサンドイッチのセロファンにも塗られているそうだ。毒性は低いらしいが・・・
キレンジャクがこれだけ食べれば・・・それともこの時期になるとソルビン酸もかなり抜け
ているのを彼らは知っているからのか?
Date: 2014.04.03 Category: キレンジャク  Comments (0) 

まるでカオス!隈取戦隊キレンジャー、再降臨!

市内のあちこちで1月中旬から見られたキレンジャクの群れも、だんだん一つにまとまってすごい大群に。
ナナカマドの並木を次々と丸坊主に・・・

1-DSC_0905-001.jpg

1-DSC_0931.jpg
高木の梢に止まって様子を伺い、一斉に飛び立つとナナカマドを急襲。わずか4~5秒で実をつまんではまた、梢に戻るという採餌を繰り返す。その様は、まさにカオス・・・混沌とも言うべき、まるで魑魅魍魎の屏風画のようである。
1-DSC_0095-001.jpg

1-DSC_0206-001.jpg
わらわらわらわら・・・ヾ(*´∀`*)ノどひゃーーーーーーーっ、
ぶしゅーーーーって感じである。

1-DSC_0214-001.jpg
風切の黄から、蠟状突起の赤の色彩の、なんと美しいこと。
1-DSC_0193-001.jpg

1-DSC_0281-002.jpg

1-DSC_0247.jpg

1-DSC_0234.jpg
わずか、1、2個の赤い実を啄むと・・・号令一下、皆の者、散れーーーーーという感じで飛び去るのであった。
1-DSC_0364-001.jpg
↓↓↓ここをポチっと
お願い申し上げます↓↓

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2014.02.10 Category: キレンジャク  Comments (2) 

キレンジャクとハチジョウツグミ。

キレンジャクの飛びモノをと思いましたが・・・思い描いた画はなかなか・・・
1-DSC_0741.jpg

1-DSC_0754.jpg
雪空に飛び出したキレンジャクをと狙いましたが・・・狙い通りにはは撮れません・・・車の窓からレンズを出すだけで逃げてしまいます。
1-DSC_0819-0011.jpg

1-DSC_0491.jpg

ツグミの群れも100羽以上いて、1羽だけ珍鳥「ハチジョウツグミ」が紛れ込んでいました。
1-DSC_0672-001.jpg
残念な画像ですが・・・識別はできるかと。
1-DSC_0674.jpg

1-DSC_0570.jpg

↓↓ここをポチっと
お願い申し上げます↓↓↓

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

Date: 2014.01.31 Category: キレンジャク  Comments (0) 

儚さや キレンジャクの 美しさ哉

待ってました!キレンジャクたちが、撮りたかったポイントにやってきてくれました。
1-DSC_0516-001.jpg
しかも、周りには私一人だけ・・・100羽あまりのキレンジャクを独り占めです。
1-DSC_0337-001.jpg

1-DSC_0334.jpg
晴れたり曇ったり・・・中々天候が安定せず・・・じっとしてくれる鳥ではないので思い描いた写真を撮るのは至難の業です。 まだまだですが・・・画の甘さは枚数でカバーww
1-DSC_0448.jpg

1-DSC_0395.jpg
いいだけ撮ったので、せっかくの来訪者を独り占めはもったいないと・・・鳥友にメールすると・・近くをパトロール中のお二人が早速。

1-DSC_0450-001.jpg
お二人が来て、30分もしないうちに何処かへ群れで飛び去ってしまいました。神出鬼没。その儚さがこの鳥の魅力でもあります。
1-DSC_0432-001.jpg
んんん? んんー?
1-DSC_05666.jpg
カウントするとこの1カットだけで70羽あまり・・・ツグミも混じっています。この日は100羽くらいはおりましたか。
 
↓↓↓ここをポチっと
お願い申し上げます↓↓

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
Date: 2014.01.29 Category: キレンジャク  Comments (1) 
プロフィール

markeeeagle

Author:markeeeagle
シマフクロウをはじめ、道内の猛禽や希少種を中心に気ままに撮って出し!ハクトウワシ、オオワシ、オジロワシ、オオタカ、クマタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、シマフクロウ、シロフクロウ、シロハヤブサ、エゾフクロウ、イヌワシ…猛禽に目がありません!

フリーエリア
にほんブログ村野鳥写真ランキングに参加しています。↓↓↓ここをポチっとお願い申し上げます↓↓↓↓ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ジャパン・バード・フェスティバル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR